さよならフランス

DSC03885^
バスティーユからメトロに乗って、スーツケースを受け取るためにホテルに戻ります。



DSC03887^
先頭車両に乗って撮った一枚。
何か気づきませんか? そう、運転席がないんです!
この路線は無人運転で、車掌も乗っていないんですって!
おまけに、駅にも駅員がほとんどいないんだそうです。
なんか怖~い・・・

日本でも『ゆりかもめ』は無人運転ですよね。
以前乗った時は特別不安を感じることはありませんでしたが、やっぱり何かあった場合はどうするんだろう?って心配。

あっちから来る電車にももちろん運転手の姿はありませんね。



DSC03889^
さて、再びラファイエット・グルメに寄ったのは、バターを買うためです。
前日までに購入してホテルで冷凍しておいてもらおうと計画していたのに、何となく後回しにしているうちに最後になってしまったのでした。

薄紙に包んであるだけのボルディエバターを、持参したジップロック&アルミの保冷バッグに入れたものの、このデパートの冷蔵庫は設定温度高めでバターがすでに柔らかい・・・保冷剤なんてものもありません。
デロデロに溶けたバターがスーツケースの中のあらゆるものにしみ込む事態を恐れながら7月の日本に帰国したわけですが、大丈夫でした! ソフトマーガリンくらいの硬さで辛うじて固体を保っていました☆彡

それはそれはおいしいボルディエバター♪ 
ブルターニュ地方の手作りバターで、普通機械を使って6時間程度で作るバターが多い中、ボルディエは手練りで丸3日かけているんですって!
柚子入りとピメント(一味唐辛子っぽい)入りがとっても美味でした☆彡
一番ほしかった海藻入りのが売り切れだったので(涙)、また宿題がひとつ増えました^^




DSC03893^
バターを買う前にラファイエットでお昼ごはん。
美食のパリに来てなぜにイギリスのプレタマンジェ?って自分で突っ込みたくなりますが、大好きなんですもの☆彡
1切れずつのパックがあったので、種類の違うもの2つを選びました。
ひとつはもちろん『ザリガニ』です^^



DSC03894^
フランス到着時に乗ったロワシーバスが、ラッシュアワーですごく時間がかかったから、帰国する時はパリ北駅からRERで空港へ行こうと決めていました。
Cadetには北駅行きのバスが通っていますし、お土産で重くなったスーツケースを持ってメトロ駅の階段を下るのは大変なのでバスが最適です☆彡

北駅は国際列車が発着する大きな駅です。



DSC03896^
時間があったらひとまわりしてみたかった・・



DSC03897^
北駅のすばらしい外観も見てみたかったけれど、早めに空港へ行ってしまいたくて諦めました。
大きなポスターは、2024年のオリンピック招致のポスターですね☆彡
決まってよかったね、パリ^^


RERは問題なくシャルルドゴール空港に到着し、



DSC03902^
おなじみのこの場所へ^^



DSC03898^
用心深いので早く着きすぎてしまいましたが、この空港って本当にお店がなくて退屈なんですよね~

暇つぶしに歩き回っていたらマクドナルドに面白いものが。
あの大きなスマホのようなものは、



DSC03899^^
無人オーダー機です!
メトロに次いでここでも無人化が!!

フランスのマックにはけっこうあるみたいですね。
日本でも導入されている店舗、あるそうですよ。



DSC03904^
盛りだくさんだった旅もついに終わります。
トラブルなく元気に目いっぱい楽しんで来られて本当によかった。



DSC03905^
旅のこと、何ひとつ漏らさずに憶えておきたくて、他の方からしたら取るに足らないことばかり書いたと思います。
それでも読んでくださる方がいてうれしかったです^^
ありがとうございました。


また来年、旅行記を書けることを願っています☆彡
では~


Comment

  • ゆめこ
  • URL
No title

あ~~なんか私まで感傷的に、、

ねねさん^^今回も素敵な旅をご紹介くださり、、憧れのアルザスへも連れて行ってくださり、、ほんとうにありがとうございました!!

ねねさんと『そう、ここここ!』というリアルな話はできませんが、憧れのねねさんファンのひとりとして、共に歩き回った充足感♪
感謝しています!!

勿論、ミントベリーさんが旅されるときも同じです^^^^
おふたりとこうして知り合えて、おふたりの感性に触れ、憧れと豊かな気持ちを持つことができてほんとうに幸せに思います。


これからもねねさんの視点で見る世界のどこかの街へ、重いでしょうが私もそっと連れて行ってくださいね^^

いろいろ世界で起きる不安なニュースを見聞きするたび恐れますが、どの街角もいつまでも今のまま残っていってほしいなと、あまりに立派な建造物を見てただ祈るばかりです。

では余韻に浸りながら、、♪お礼まで。。

  • あた子
  • URL
No title

ついに帰国になりましたね。何事もなく帰ってこられてほんとによかったです。
わたしも1月ほど前国内ですがスーツケースを引っ張って旅しました。重い荷物を持って地下鉄やバスに乗るのはほんとに大変。荷物がなくてもあちこち歩き回るのは相当体力がいりますね。○ねね○さんのお元気なのには脱帽です。たくさんの食レポも、しっかり食べるから元気で旅できるのだと思いました。
実は旅の最初にコメント入れたんですけど、どうも届かなかったみたい。アルザス地方ー最後の授業の舞台になったところですよね。南仏の景色もパリの古い建物もとてもすてきだと思いました。どちらかといえばわたしは田舎志向ですけど(笑)
来年の旅も楽しみにしています。

  • 風来坊
  • URL
No title

綺麗な写真と面白い文章、長い間楽しませていただきました。
アルザス、パリと一級の事前調査、するどい観察力、強靭な体力と大変感心しました。
パリはそうだったのかと思うことが多かったです。

パリ、フランスは日増しに綺麗になっていますね。30年前に比べると格段の進歩です。当時トーマスクックの時刻表を片手に地方を旅行したとき、古びた無人駅の多くがストリート・ヴューで見ると今はモダンな駅に生まれ変わっています。

ドイツのビール、生唾を飲み込むほどおいしそうです。高松には同様のイベントはないようです。本場ドイツでは今オクトーバ・フェスタが開催中でしょうが寒そうなので、真夏のドイツにビールを思い切り飲みにいくのもありですね。

ノルマンディへは早晩行くことになるでしょうが、旅するフランス語が南仏へ行っているので思い直したりです。プロヴァンスにいる友人は高齢になっているので早く行かないといけないし、アヌシー奥など、パリ時代に一緒に仕事した友人たちはことごとく地方に住んでいます。私の経験した範囲ではこれはフランス人の気質なのかと思ったりしています。

この前アールズ・コートからウィンブルドンへ行く途中のパーソンズ・グリーン駅でテロがあったのは少し危ないものでしたが、まだまだ遭遇する可能性は低いでしょう。ロンドンで車が歩道を走る手口はもう通用しません。いずれストリート・ヴューで見られると思いますが、主だった歩道と車道の間に頑強なガードが設置されています。

思えばロンドン情報収集中に立ち止まり、フランス関係記事に引き込まれ、写真とともに語りかけてきて、紙芝居を見ているようで楽しかったです。

機会があればまた見せてください。

フランスのお別れはこの言葉に気持ちがこもるので

À bientôt
お元気で!
À bientôt

  • mintberry1216
  • URL
No title

旅行記最終回、お疲れさまでした。そして本当にありがとうございました。
7月4日のただいまから始まり、長い期間一緒に旅をさせて頂きました。
ブログは行った自分自身がもう一度旅を振り返り、じっくり思い出す楽しさもありますが、毎回どこまでを1回とするか、写真はどれを選ぶか、説明するために改めてガイドブックを見直したりネットで調べたり、思わぬ時間がかかります。
それをして下さったねねさんに心から感謝です。

バターは無事でよかったですね。飛行機は何千メートルと言う上空を飛び、貨物室はかなり気温が低いのでバターもチーズも大丈夫なんですかね。次回はチーズだけでなくバターも買ってこようと思います。
写真やメトロのチケットについてもありがとうございました。
前回のメトロの回数券が残っていて、今もお財布に入っているんです。
なんとなく捨てられなくて・・・。

なんだか2~3週間旅行したブログを読ませて頂いた気分です(^^)/

  • ねね
  • URL
ゆめこさん

今回も一緒に旅をしてくださってありがとうございました!
たった8日間の旅が59もの記事になって、本当に長い間お付き合いくださいました。
ヨーロッパにはゆめこさんを思い出させるきれいなもの、可愛らしいものがたくさんあって、写真を撮りながら「早くお見せしたいな」って思ってました^^こうして全部を見ていただけて満足です^^

今後もできれば楽しく旅をしたいなと思っています。またゆめこさんを軽々とお連れしますね^^
孫たちの幸せな未来と、美しい街並みのために一緒にお祈りしましょう。


  • ねね
  • URL
あた子さん

読んで下さってありがとうございました。
モリモリ食べてガンガン歩く^^ 食いしん坊は生きがいなので、これができる体力を維持したいです☆彡

最初のコメント、ちゃんと届いていますよ^^最後の授業はまだ読んでいませんが、ネットであらすじだけ読みました^^;
アルザスの複雑な歴史、教師でいらしたあた子さんはきっと教師の目線で読まれたんだろうな~と。

ありがとうございました!

  • ねね
  • URL
風来坊さん

心のこもったコメントをありがとうございます。
風来坊さんは各地にたくさんご友人をお持ちなんですね!ホテルに泊まる旅とは全く違う楽しみ方ができるのだろうなとうらやましいです。

テロを理由に旅を諦める気は全然なくて、生来の呑気な気質なんです^^
ずっとこんなことを続けていければいいな~と思っていますが、さてどうでしょうか?^^

南仏のフランス語講座もみてますよ^^楽しいですね☆彡
いろいろありがとうございました。風来坊さんもどうぞお元気で。



  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

いやはや、こんなに長い旅行記になるとは自分でも思っていませんでした。
なにせ今回はできるだけ写真に夢中にならず直に見ることを心がけていたつもりだったのに、蓋を開けてみると相当な数を撮ってきたみたいで^^;それもこれもあまりに美しい街がさせたことです^^

ミントベリーさんもメトロの回数券の磁気がダメにならないうちに、また行けるといいですね!
バターもぜひぜひ^^ 羽田から小松への乗り換えの時に溶けるのではと心配だったんですけど、上空で冷やされたから無事だったんでしょうかね。

たくさんのコメントも本当にありがとうございました。

Leave a Reply