シャンゼリゼ

DSC03692^
夏のヨーロッパは10時近くまで明るいので、まだまだ時間はあります。
プティ・パレからシャンゼリゼまでは歩いて行けるし、ちょっとだけ行っておこうか くらいの気持ちで向かいました。

シャンゼリゼ大通りの様子がいつもとちょっと違います。
道路をまるごと柵で囲んで、セキュリティーチェックを受けてからでないと歩道に立ち入れないようになっているんです!
バッグの中身を見せて、怪しい人はボディチェックまでされますよ。



DSC03693^
この日ラテン系カーニバルの行列が行われていたのが理由みたい。



DSC03694^
1年中大賑わいのシャンゼリゼですから、カーニバルであろうとなかろうとたくさんの人が歩いています。



DSC03695^
シャンゼリゼにつながる横道は全部パトカーが通せんぼしていて警官が見張っています。
「テロは絶対に許さない!!」というフランスの気迫を感じます。



DSC03696^
横道にももちろんセキュリティーチェックがありますよ。



DSC03697^
車道はこのとおり!!等間隔で警官が立って、歩道の方を向いています。



DSC03698^
車のいないシャンゼリゼ。 珍しいものを見られてラッキーでした^^



DSC03700^
凱旋門の前の一部分だけは立ち入ることができました。
いつもはこんな場所から撮影できませんよ☆彡



DSC03703^
もちろんここもパトカーでばっちりガードしています!



DSC03701^
こんなシャンゼリゼ、なかなか見られませんよね^^

でも喜んでいたのはここまででした^^;



DSC03705^
さあ帰ろうと思ってメトロ駅の入り口に行くと、なんとシャンゼリゼの真下を走るメトロ1号線は運休です。
そりゃそうですよね、セキュリティーのためにはメトロも止めますよね。。。

メトロがだめならバスでって思ったけれど、ちょうどいいルートはないし・・・
コンコルド広場まで行って8号線に乗るしかないか。 ここから3kmくらいあるけど^^;



DSC03706^
この日はヴァンヴの蚤の市から始まってリュクサンブール公園、オルセー美術館、セーヌ河畔にシャンゼリゼと、一日中歩いていたのに~

くじけていてもしょうがないので元気を出して歩くことにします^^

朝からショソンオポムとシュケットとサンドイッチしか食べていないので、お腹がすいてきました。



DSC03707^
屋台のクレープ、ものすごくおいしいです♪
バターとお砂糖のシンプルなやつ♪ いいバター使ってる気がする♪



DSC03709^
パリって自然も豊かで本当に素晴らしい街☆彡
このあたりまで来るとシャンゼリゼの両脇には樹木が幅広く植えられていて林のようです!!



DSC03710^
馬に乗ったおまわりさん☆彡



DSC03711.jpg
やっと到着コンコルド広場☆彡



DSC03712^
振り返って見たシャンゼリゼ。
まだ交通規制が完全には解除されていませんね。



DSC03713^
マリーアントワネットが断頭台に散ったコンコルド広場。
オベリスクや噴水を見て一息ついていたら、まだ歩けそうな気がしてきました^^



DSC03714^
20時前ですが、こんなに明るくてお天気もいいですし、
せっかくですからチュイルリー公園に行ってみましょう。



DSC03715^
ああ懐かしい! 凍えるクリスマスの季節にここを歩いた思い出があります。



DSC03717.jpg
ここをまっすぐに行くとルーヴル美術館なんですよね。

もう少し歩いてみたいけれど、動けるうちにホテルに戻らないとと思い直して引き返しました^^



DSC03718^
最後にちょこっとだけ椅子に座ってパリジェンヌ気分を味わいました^^

そしてコンコルドに戻ってメトロに乗り、ホテルに帰りました。



DSC03724^
夕食はホテルから一番近いブラッセリーで。



DSC03722^
なんとかステーキという微妙なもの^^;
でもスタミナ回復した気がします^^

まだこんなに明るくて、出歩いても怖くありません。 日没が遅いっていいですね~☆彡


Comment

  • mintberry1216
  • URL
No title

ロンドンの象徴がビックベンなら、パリは凱旋門、テロを警戒するのもわかります。
今回はセキュリティーのためかもしれませんが、海外は工事他いろんな理由で簡単に地下鉄ストップしますよね。私も何度か遭遇しました。
きっと少し歩ければ他の路線を使えるということもあるでしょうが、やはり最初は焦ってどうしようと思った記憶があります。

コンコルド広場のオベリスク。
こんな大きな物を当時のフランス軍(ナポレオン?)は、どうやってはるか遠いエジプトから持ち帰ったんでしょう。
椅子に座った場所、もしかしてモネの睡蓮が展示されてるオランジュリー美術館の近くですか?

ロンドンもパリも今現在でさえ機能している騎馬警察。高い目線で眺められたり、人を追いかけたり、車やバイクにない利点があるからきっと今も現役なんですよね。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

今年4月にシャンゼリゼで警官銃撃事件があったばかりですしね。あれだけの広範囲を完全に封鎖するってすごいですよね。

地下鉄のストップは私も経験あり。事前にわかるものもあるけど、突発的なものもあって困りますよね~
ミントベリーさんヒースローに行くときにトラブったことなかったでしたっけ?
帰国時に何かあるとほんと怖い^^;

はい、オランジュリーの近くです☆彡 写真の坂を上った所にあります。
オベリスクは本当にどうやって運んだんでしょうね?

ニューヨークでも騎馬警官みました。 日本ではパレードの先導くらいしか見ないけれど、一応存在はするんですね。

Leave a Reply