セーヌ川~アレクサンドル3世橋

DSC03665^
オルセーはセーヌ川沿いにあります。
美術館をあとにして、セーヌのほとりを歩いてみました。



DSC03666^
対岸に見えるのはルーヴル美術館です☆彡
そして『ロワイヤル橋』



DSC03668^
こちらは『ソルフェリーノ橋』



DSC03669^
2層式の面白い構造です☆彡



DSC03670^
橋の中ほどまで歩いてUターン^^



DSC03672^
セーヌ沿いを更に西へ。

このあたりの左側に、国会議事堂があったんです。
なのに私ったら、立派な建物がまたあるな~くらいで撮影もせずに通り過ぎるという失敗をやらかしました^^;
ここを歩く人は、必ず左を注視してくださいね☆彡



DSC03673^
河岸が賑やかになってきて、いよいよ『アレクサンドル3世橋』に近づいてきました☆彡



DSC03673--_20170917145525050.jpg
フランス大統領とロシア皇帝アレクサンドル3世との友好を記念して、1900年のパリ万博に合わせて息子であるロシア皇帝ニコライ2世から寄贈されたとあります。



DSC03673-_20170917145523886.jpg
だからこんなにゴージャスなんですね!!



DSC03675^
橋の両袖に計4つの柱塔。 



DSC03673----.jpg
人々を迎える門柱のようにも見えます。



DSC03676^
橋が巨大すぎて写真におさめるのが難しい~(汗)



DSC03678^
渡った右岸には1900年のパリ万博でメイン会場として建設されたグラン・パレとプティ・パレがあります。
ガラス屋根のモダンな美しさは必見です!



DSC03679^
1889年のパリ万博の際に造られたエッフェル塔も見えます♪



DSC03677-.jpg
アールヌーヴォーの街灯の曲線美☆彡



DSC03680^
遠くに見えるドーム屋根の建物は、ナポレオンが眠る『アンヴァリッド』です。
あそこもまだ見ていません。
やっぱりもう一度パリに行けたらいいなぁ~




Comment

  • mintberry1216
  • URL
No title

今回の記事はねねさんの本領発揮!橋特集ですね(^^)/
食事などなしのセーヌ川クルーズを体験したことがありますが、次々と橋をくぐりとても面白かったのを覚えています。両岸の建物も船の中から見るとまた違った印象があります。

それにしてもヨーロッパは機能的には無くてもいい“装飾”が素晴らしいですね。
いい意味の無駄というか余裕が町を彩り、歴史を作っている気がします。
日本も良いところはたくさんあるけど、新しくなるほどシャープで無機質な建築と言うか、ちょっと寂しいようにも思います。

『アンヴァリッド』ここは私も毎回候補に入れながら行ってない場所の一つです。
どちらが先にブログで紹介することになるでしょうか(^^♪

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

セーヌ川クルーズをされたことあるんですね☆彡
船が行き来するのをよく目にしますので、どんな感じなのかなと思っていました。
目線が下がるだけでも違う印象になりますよね。

友好の証に橋を寄贈するとか、橋に宮殿のような装飾を施すとか、面白いな~と思って。
余裕ですよね、まさに。

アンヴァリッド、先にレポートしていただいて結構ですよ~^^

Leave a Reply