オルセー美術館 その2

DSC03636^
2階への階段途中から見下ろしたオルセー。



DSC03642^
更に上からの眺めです。
本当にどこから見てもすてきな美術館☆彡



DSC03635^
お花モチーフびっしりの壁面がかわいいです!!
これ、駅舎時代からすでにあった壁なんですよ。
おしゃれな駅だったんですね~♪



DSC03641^
何といってもこの時計がいいですよね~☆彡
巨大です!! 装飾すごいです!!



DSC03640^
すりガラスの向こう側の通路を歩く人影。
時計の大きさが際立ち、動くシルエットが面白くてとっても素敵♪
もちろん私も時計の裏側を歩いてみましたよ^^



DSC03643^
カフェはすごい混雑です!


DSC03649^
さて、上階は主に印象派の絵画を中心に展示されています。
画家の代表作やあまりにも有名な作品が次々と現れる驚きと感動!
私がオルセーを大好きなのは、教科書やテレビで見知った作品を苦も無く連続で鑑賞できるというミーハー理由も大いにあります^^

写真撮影は最低限にして肉眼でしっかりと見るよう心がけました。 自分が好きだな~と感じた数点をご紹介します☆彡

ドガ 『ダンス教室』

ドガが描いたバレリーナの絵は全部好き!
当時の踊り子は金持ちの男性の性的対象。 バレエは貧しい娘たちの生きる手段のひとつだったんですよね。
悲しい背景はあるにせよ、生き生きとした少女たちの躍動感と肉体を完ぺきに描いたドガは素晴らしいです!
そしてこの一枚は、小休止している様子にリアリティがあって、くすっと笑ってしまいます^^



DSC03645^
ドガ 『青い踊り子たち』

この絵を描いたときドガは筆の先も見えないくらい視力を失っていたんだそうです。
バックの点々は指先を使って描いたんですって。
そんな事情など全く感じさせない迫力があるし、色がものすごくきれい☆彡



DSC03653^
ドガ 『14歳の小さな踊り子』

悲劇的な人生を送ることになる貧しい移民の少女がモデルです。
どの角度から見ても、惹きつけられます。



DSC03646^
ルノワール 『猫を抱く子ども』

わかりやすく美しい絵が好きです^^
難しいことはわからないけれど、そばに置きたくなる絵がいいな^^



DSC03647^
ルノワール 『ぶらんこ』

ぶらんこに乗っている女の子のかわいいこと!
おしゃれしているけど、どことなく田舎っぽさというか洗練されていない感じがなおさらかわいいです^^
木漏れ日のキラキラと青春のキラキラが重なっているみたい☆彡



DSC03648^
モネ 『サン・ラザール駅』

この絵の明るさが好きです。
お天気が良くて、日差しが強くて、駅舎を出て行く機関車が希望に見えます。
この駅から列車に乗った経験があるので、ちょっとうれしい気持ちもするのです^^

以上、ぜんぶ独自の解釈ですので間違っているかもしれないけれど、感じ方は自由ですよね^^



DSC03654^
こっちの時計もすてき~☆彡



DSC03657^
1階に戻って、オペラ・ガルニエのジオラマをじっくり見ます。

舞台装置の仕掛けと数がすごい!!!



DSC03658^^
いつも見ている正面はこちら側。



DSC03660^
豪華絢爛☆彡
この右には広いホワイエがあります。



DSC03661^
天井画はシャガールに替わる前なんですね。

オペラ座の怪人はどこに住んでいたんだろう?
地下水路ってどこのこと? と、結構楽しめます^^



Comment

  • mintberry1216
  • URL
No title

オルセーの魅力はねねさんも言われていた通り、旧駅舎の素晴らしい建物と、誰もが知っている絵・ぱっとみてきれいな、美しい絵がたくさんある所ですよね。
最初の写真のドガの絵を見てると、なんとなく今の高校生たちの表情と変わらないかも・・・って思ったりするんです。それぐらい自然な状態を切り取ってますよね。

青い踊り子たちは、白いチュチュが多い中でとにかく水色というか青がきれいだ大好きな一枚です。描いた時に目がほとんど見えなかったとは知りませんでした。モネも視力が薄れる中でも睡蓮を描いているし、きっと彼らは描くことそのものが生きることだったのかもしれませんね。

きちんと保存されて、それらを今見ることができるのは素晴らしいことです。
やっぱりどんな技術を駆使しても、コピーは時代を超えることはできません!

何度も行ったオルセーなのに、これだけじっくりジオラマ見たの初めてです(笑)。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

お行儀の悪い座り方とかかったるそうな表情とか、今の高校生と一緒ですよね^^
ドガのことはいつだったかテレビでみたんですよ。目が弱いから屋外よりも暗い室内でバレリーナを描いていたんだとか、最後の方は人体の小さな模型みたいなものを参考にして描いていたとか、彫刻の少女のこともその番組で紹介されていました。
そうまでして描かずにはいられなかった絵の数々を実際に間近で見ることができるなんて、幸せなことですよね。

前回も今回も、このジオラマを見てる人の少ないこと^^;
有名な絵画や彫刻と比較するとあれですけど、オペラ・ガルニエって本当にすごい建物だなぁって思います。
ガラス張りの床下にもオペラ座付近の街の模型があって、面白いですよ☆彡

Leave a Reply