オルセー美術館 その1

DSC03615^^
マルシェ・ラスパイユからメトロに乗って来たのは、オルセー美術館です☆彡



DSC03616^
毎月第一日曜日は入館無料です☆彡
だから混雑状況によっては諦めるつもりで行ったんですけど、しばらく並んで入ることができました。

混雑の具合も恐れていたほどではありません^^



DSC03621^
以前は館内の写真撮影は禁止でしたが、いつの間にかフラッシュなしなら撮影OKに変わっていました!
SNSの時代に合わせた変化ですかね。 うれしいことです^^



DSC03622^
入るなり、一瞬息が止まりそうになりました!!

どうしてここに自由の女神が?!?!?!?
5年前に娘と一緒に来た時には絶対になかったですよ。



DSC03625^
これはニューヨークの像のためのバルトルディの習作なんですって。

帰国後調べてみましたら、元々はリュクサンブール公園にあったこの像の損傷が目立ってきたのでオルセー美術館に移し、公園には代わりにレプリカを置いたんだそうです。
それが2012年の7月。私が前回訪れた2か月後のことだったんですね~

さっきリュクサンブール公園で見たのはレプリカだったのね。
同じ日に2度も思いがけず自由の女神像を見るなんて・・・ やっぱり女神さまにつきまとわれてます?(笑)



DSC03623^
あ~びっくりした^^

この時計は変わらず美しいですね~☆彡
元は駅舎だった建物と、この立派な時計。 似合います。



DSC03629^
マネ 『オランピア』

光沢のない瞳が印象に残ります。



DSC03630.jpg
ローザ・ボヌール 『ニヴェルネ地方の耕作、初のすき入れ』

この絵、大好き☆彡 5年前にもすごく感動した一枚です。
澄んだ空気、筋骨隆々とした牛、働く男たち、すがすがしい絵だわ☆彡



DSC03631^
ミレー 『晩鐘』

夫婦の敬虔さに心が洗われるような気がします。



DSC03633_20170825211720ebb.jpg
ブグロー 『ヴィーナスの誕生』

妖艶すぎて全然ヴィーナスに見えないし、周りの人たちがイヤ。。
だけどこのヴィーナスの美しいこと!!



DSC03664^
アングル 『泉』

美しいと言ったら私のナンバーワンはこれ!
5年前にこの絵を見たときの驚き!!
絵自体には細かいクラックがたくさん入っているのに、なめらかすべすべの肌があまりにもきれいで、しばらく目が離せませんでした。

花より星より、一番きれいなのは若い女性の体なんだなぁ~と納得^^



DSC03663^
Vincent Feugère des Forts 『アベルの死』

男性も、人によってはこんなにきれい♪
羽を敷いているように見えたのでイカロスかな?と思ったら、兄のカインに殺されたアベルだったのですね。
あまりにも美しい死に顔だわ。



Comment

  • mintberry1216
  • URL
No title

オルセー美術館(^^)/
前回のパリの旅で2回も行ったので、位置が変わってなければ飾られている場所まではっきり記憶に残っています。
なんと言っても1回目に「オランピア」を見落としてしまって、ホテルに戻りガイドブック見て気付き、あきらめきれずもう一度足を運びました。
2回に行くと生前は不遇だった彼の絵があり、更に上に行くとオルセーを代表するあの絵が・・・。
つい先走ってしまいます(笑)。

  • mintberry1216
  • URL
No title

追伸
ここでも女神さま。さすがに今回は私もぎょっとしました。
なんだか自由の女神=ニューヨークではなく、女神さま=フランスって気分です♪♪

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

はい、オルセー美術館に2回行かれたいきさつ憶えていました^^
後世に残る絵って他にはない独特な存在感を強く感じますね。オランピア、一度みたら一生忘れられないと思います。

上の階ではもちろん『草上の昼食』もしっかりと見てきましたよ^^
写真撮影OKと知ってついカメラ越しにばかり絵を見そうになりましたが、これでは何をしに来たのかわからないと思い、撮影はどうしても撮りたいものだけに絞りました。

まさかもう一度自由の女神が出てくるとは思わなかったでしょ?^^もう女神と私はお友だちです(笑)

Leave a Reply