リュクサンブール公園

DSC03568^
ジェラール・ミュロでサンドイッチを食べながら気になっていた向かいのお店。
南フランスのプロヴァンス地方発祥のプリント生地、ソレイアードのお店でした☆彡
明るく元気な色と柄、気持ちが晴れやかになるソレイアードが私だいすきなんです♪
お店は日曜日だからお休みでした。残念。。



DSC03570^
こちらもお休みだった画廊。



DSC03571^
本当はこの日お天気が良かったら、ミュロで買ったものを、すぐ近くにあるリュクサンブール公園のベンチで食べたいと思っていたんです。
蚤の市を出る頃には雨はあがっていたけれどすっきりしないお天気だったのでやめました。



DSC03573^
メディチ家からフランス王家に嫁いだマリー・ド・メディシスが建てさせた、リュクサンブール宮殿の裏側です。



DSC03575^
ここから公園に入ります。 ゲートはありますが、入園は無料。
市民の憩いの場所ですね。



DSC03576^
手入れが行き届いてとてもきれい。



DSC03577^
この噴水もマリー・ド・メディシスが作らせたものなんだそうです。
植物で作ったモールのような飾りが優美です☆彡



DSC03582^
公園内にあるリュクサンブール宮殿は現在フランス元老院の議事堂として使用されているんですって。
内部見学はできません。



DSC03583^
石像がたくさんあります。
この樹はマロニエ? 大樹が多くてすてきです♪



DSC03585^
池のまわりで寛ぐ市民たち。 



DSC03588^
このお船のおもちゃ、有料で貸し出されているものです。



DSC03590^
刈り込んだ大きな樹木が見事ですね☆彡 左右対称がフランスらしい。



DSC03594-.jpg
そして、ここにもありました自由の女神!!

コルマール駅近くの公園、コルマール郊外の道路に次いでこの旅3つ目の自由の女神です。
ここにあると知らなかったので、目立たない場所でこれを発見したときにはぞぞぞ~っとしました^^



Comment

  • mintberry1216
  • URL
No title

日曜だからこそ蚤の市を見られたけれど、他のお店がお安みなのは残念でしたね。
ねねさんはよくその土地を描いた風景など絵を買われているので、画廊を見られたらよかったのに。リバティぐらいは知っていましたが、ソレイアードって初めて知りました。すぐ検索してみましたが素敵な柄がたくさん!改めて私までとっても残念な気持ちになりました。

パリは3回行ったのに、リュクサンブール公園も行ったことがありません。
多分パリにはあまりに美術館が多く、大半の時間を美術館で使ってしまうせいだと思います。短い滞在期間に気になる時は同じ美術館へ2回行ったりするので。
あ~2週間ぐらい滞在したい!!

今回の旅、女神様に守られてるのかつきまとわれてるのか!?
この最後の女神様、なんとなく男前と言いたくなる力強さがありますね。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

ソレイアードの生地は金沢でも入手できるんですが、フランスでどんな製品に仕立てているのかを見てみたかったんです。
ウィンドーから見える範囲だけでもとっても素敵でした♪

楽しい、うれしい、と思うことを存分にやってくれば旅の満足度は高いんじゃないかな。
5日間であんなにたくさん美術館をまわったミントベリーさんを尊敬します☆彡
とは言え2週間あれば最高ですね~ もっといろいろ食べられるなぁ・・・ って私の場合はそっちです(笑)

女神様、守ってくれていたのかな^^ テロにもあわず無事に帰れましたから^^
木々の間にいるのを見つけた時はちょっと怖かったですけど^^;

Leave a Reply