アンシ美術館

DSC02777^
いろいろあったけどやっと見ることができます、アンシ美術館^^
10時のオープンと同時に入館します!



DSC03119^
アンシは可愛らしい子どもの絵ばかりでなく、普通の水彩画や銅版画もたくさん残しています。
貴重な原画を見る機会は日本ではほぼないのではないかな?



DSC03120.jpg
商業的なデザインもしていたようで、



DSC03122^
劇場のポスターなんかも手掛けていたんですね。
おととい行ったウンターリンデン美術館のもあります。



DSC03121^
水彩画も素晴らしいです!!
リアルな街に彼独特のかわいい人間が描かれた絵はすごく魅力的☆彡



DSC03121^^
上の写真を無理に拡大したので鮮明ではありませんが、いい絵ですよね~



DSC03121^-
ユーモアもあって。



DSC03123^
さっきまで見ていた街の様子そのもの。 時代を経てもほとんど変わっていないんですね。



DSC03124^
違うのは人々の服装だけ。



DSC03138^
リクヴィールへ行く途中こういう村をいくつも見たわ~



DSC03139^
アンシは風刺画、特に反戦をテーマにしたものもたくさん描いています。

昨日まではドイツの国旗が掲げられていたのかな?



DSC03125^
双子のようなこの2枚。 見比べてみると・・・



DSC03137^
こちらはドイツの兵隊が行軍する殺伐とした光景。



DSC03137-.jpg
学校では虐待が行われ、



DSC03137----.jpg
財産が没収され、



DSC03137--.jpg
あちこちで銃で脅され、連行されています。



DSC03137---.jpg
アンシはおたずね者として懸賞金がかけられています!



DSC03136^
一方こちらはあちらこちらにフランス国旗が見えます。
靴の形の看板をトリコロールに塗り替えているおじさんもいますね。
みんなうれしそうな表情をしています。



DSC03136-.jpg
平和を取り戻した学校では楽しく勉強する姿が。
たぶんこれ、フランス語かアルザス語で歌っているんじゃないでしょうか。
ドイツの時代にはドイツ語以外禁じられていましたものね。




DSC03136--.jpg
フランスの民族衣装で記念撮影。



DSC03136---.jpg
労いのワインとブレッツェルを兵隊さんに。



DSC03134^
これたぶん国債のポスターです。
プロパガンダの仕事もしていたのですね。



DSC03126^
緑の軍服はドイツだと思うんですけど、よくわかりません^^;
わからないけど、痛烈に皮肉っているのだけは感じます^^



DSC03127^
風刺はドイツにだけでなく、自国にも向けられているみたい。



DSC03128^
一見かわいい絵の中に、辛い歴史が見えるのがアンシなんですね。



DSC03129^
どれを見ても何か感じる。



DSC03131^
アルザスという土地の特異さを感じます。



DSC03130^
アンシの描くものは全部好きだけど、やっぱり一番はかわいい子どものいる絵☆彡



DSC03133^
婚礼の列とコウノトリ。 こういうのが最高です☆彡


Comment

  • ミントベリー
  • URL

待ってました~アンシ美術館。
まさかこんなにたくさん見せてもらえるなんてとっても感激です。
まるで館内をオーディオガイドで一周したような感じ。
私が自分で見に行っても気づかないような細部まで解説してもらえて本当に堪能しました。

イメージ的にはかわいらしい絵で子供向けの雰囲気なのかと思っていたら、本格的な絵画からメッセージ性の強い絵画までバラエティーに富んだ素晴らしい美術館ですね。
2枚の絵の対比はここまで記事にアップして下さったねねさんにお礼を言いたいほど。
最後の一枚は、あの塔の下でしょうか。

改めてヨーロッパの国々って変わらない良さがあります。
東京は数年ぶりに行くと浦島太郎状態ですが、ロンドンやパリは5年ぶりでも、7年ぶりでもほぼ同じままで迎えてくれるので『ただいま~!』って言いたくなるのはそのせいですね。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

思っていた以上によかったです☆彡
リクヴィールのほうも見たかった~
アンシの思いを絵がバンバン語りかけてきて、歴史の詳しいことを知らない私でも感じることができました。
でも解釈は自己流なので間違っているかもです。ごめんなさい^^;
美術館では目が泳いでしまって見えていなかった部分に写真を拡大してみて初めて気づいたりして、自分でも「なんだかな~」って感じです^^

ヨーロッパの変わらない良さ。
また「ただいま~」ってロンドンやパリに行きたいです☆彡

Leave a Reply