シュークルート

DSC02801^
今朝の朝食がクロワッサン1個だったことを覚えていますか?
その理由は、このレストランでボリュームたっぷりのランチをいただくためでした☆彡
インターネットで調べておいたんです。

賑わっているレストランでぽつんと食事するのはやっぱり寂しいものです。
だから混み合う時間より前に、というのが私が考えたひとり旅のコツです^^



DSC02752^
アルザスといえばもちろんワインですよね!
ワイン街道と呼ばれるだけあって、良質なブドウを生産しおいしいワインを作る村が帯のように連なっています。

今日は中でも代表格の『リースリング』を選びました。
この色、この形がアルザスワイン用のグラスです。 これにあこがれていました☆彡



DSC02760^
アルザスの郷土料理の中でも一番楽しみにしていた『シュークルート』を注文します。
大きなお鍋にたっぷり! これで1人前です☆彡
冷めないようにコンロの上に置いてくれました。



DSC02758^
まずサーブされたのがこちら。
お鍋の中には同じくらいの量のシュークルート(ドイツで言うところのザワークラウト)と、お肉とじゃがいももまだ1切れずつ残っていて、「あなたの分がまだここにあるから声をかけてね」と言われました^^

お味はと~~~ってもおいしいです!!☆彡
発酵したキャベツの豊潤なおいしさ、塩漬けされた豚肉の深いうま味。
材料の良さ&スパイスの絶妙な加減なのでしょうね、さすがです☆彡
きりっとしたリースリングとよく合います♪
さすがの私もこのお皿の分さえ完食できないボリュームでした。

食事している間も、3人の人がちょくちょく「どう?」 「おいしい?」と様子を見に来てくれる優しいお店でした^^




DSC02763^
お腹がいっぱいになったので、ひたすら街歩きを楽しみましょう。



DSC02761.jpg
フランスはちょうどセールの真っ最中。
コルマールも例外ではありません。
観光客向けのお店と並んで、普通に洋服屋さんなどもたくさんあります。

これは『プチバトー』のお店です。 かわいい子ども服はあるかな~?^^



DSC02785^
旧市街は入り組んだすごく変な造りになっている上に、よく似たコロンバージュばかりなので、最後まで方向音痴のままでした^^;



DSC02826^
気の赴くままに角を曲がってみたり・・・



DSC02827^
かわいい建物に心はウキウキしっぱなしです^^



DSC02883^
でも迷子になるの、わかるでしょ?^^



DSC02762^
アルザスのお菓子といえば『クグロフ』♪

これは後日食べますよ^^



DSC02715.jpg
ちょっとかっこいいチョコレート屋さん。
持ち歩くと溶けてしまうからあとで来てみようと思いながら、なぜか二度と前を通らなかったような・・・ (笑)


Comment

  • ミントベリー
  • URL

先走りしましたが、次が本当にランチだったなんて♪
シュークルートは初めて聞きましたが、発酵食品ザワークラクトのことで、ソーセージやお肉が添え物なんですね。ものすごく美味しそうですが、きっとお鍋の中の量も考えると、パンが一切れあれば日本人は3人分行けそう。

写真だけ見て、グリーンが映えるきれいなワイングラス!と思ったんです。
アルザスワイン用のグラスだったんですね。海外に行くとせめてグラス1杯でいいのでビールかワインが飲めたらと毎回思います。それでも回を重ねるごとに多少の緊張はあるものの、サーブしてくれたスタッフに笑顔でお礼を言えたり、一人での食事を楽しめるようになりました。
オドオド、ドキドキを繰り返してようやくたどり着けた感じです。

それにしても町全体がジオラマのようなかわいらしさ。
ピンクのお家もキュート。店舗の上は住宅になっているんでしょうか。高さ制限があるのか、見てるとたいてい3階か4階建てですね。
クグロフ美味しそう!(^^)!

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

シュークルートってどのお店でもすごいボリュームらしいんです。
たとえ食べきれなくても、絶対に本場のシュークルートを食べる!と決めてました(笑)
お値段もけっこうするので、本当に2~3人でシェアして、前菜かデザートを注文できたらいいんですけどね。
グラス、きれいですよね!テンション上がります☆彡

ひとりレストランはだいぶ慣れましたが、一番寂しさを感じる時ですね~
お店の人が構ってくれるとうれしいですね^^

店舗の上はどうなっているんでしょうね??

  • ゆめこ
  • URL

ねねさん^^こんにちは♪

何度も上へ行ったり戻ったり、、と、日々拝見しています♪♪

ローテンブルグでも思いましたが、こういう雰囲気のお家、街並みが一番好きかも^^
頑丈でなく華奢とも思える家並み・・エプロン姿の自然体の暮らしが似合うというか^^
憧れの暮らしがそこにあるようで^^

歩きたいな~~迷子になりそうな路地^^笑

私には到底できない海外一人旅。
考えたら68歳の今まで日本でさえ一人旅はしていません(^^;
単にさみしがり屋というのも恥ずかしい(^^;

なのでブログ上とはいえ、ミントベリーさんと出会い、ねねさんと出会い、あまりにおふたりが自然体で海外を旅されてることに憧れ以上、心から尊敬申し上げています。
世の中には勿論一人旅大好きなかたは数知れずでしょうが、私の周りにはいなかったのでほんとうにおふたりとの出会いは刺激的です^^改めて素敵なレポをありがとうございます!!

  • ねね
  • URL
ゆめこさん

エプロンつけたゆめこさんが木組みの家の窓辺で花の水やりしているの、似合いそう~^^
赤いお鍋で煮込みを作ったりね^^
そんな想像をするのは私も楽しいです☆彡

ミントベリーさんのご指南のおかげで、私もひとり旅を楽しめるようになりました^^
スーツケース持って階段を上がれなくなるまでは続けたい・・・と思っております^^
ひとりでも、帰ってきたら分かち合ってくれる人がいればこそです☆彡

Leave a Reply