ウンターリンデン美術館 その2

DSC02740^
修道院だったというこの建物。
中庭の隅に古い井戸があります。 反対側にも。
白雪姫に出てくるみたいな井戸です☆彡



DSC02741^
2階には、生活文化の展示物がたくさん♪



DSC02743^
みごとな鉄細工の看板。
ドイツだった時代もあったんですものね。



DSC02744^
この鐘、人の顔がついています。
デザインの部分は繊細でとてもきれいです。



DSC02745^
アルザス銘菓クグロフの型。 きれいですね~~☆彡

その隣はスペキュロスの型ですよね?
和菓子の落雁の型と似ているな~って思いました^^



DSC02746^
これはゴーフルですね。 おしゃれですね~☆彡



DSC02747^
素朴なアルザスですが、お菓子のデザインはとても細やかだったんですね。



DSC02748^
これ、何ですか??(笑)
複雑な鍵のシステムなのかな~?と思いながら写真を撮ってきました。



DSC02749^
エミールガレの作品も数点ありました。 すてきです~☆彡
アルザスからほど近いナンシー市の出身なんですね。


世界的に有名なウンターリンデン美術館、強く印象に残りました!!


Comment

  • ミントベリー
  • URL

回廊は外から見ると一段ときれいですね。
角にある井戸・・・こちらはスマホでアップにしてじっくり見ました。
街歩きの写真でも、ローテンブルクやプラハと同じような鉄の看板が気になっていたんです。
きれいに彩色されているのも美しいけど、風雨にさらされた物も味があります。

お菓子の型が美術館にあるとはさすがフランス!
ガレの作品の奥にも絵画の小品があったり、適度な大きさだけど内容の充実した素晴らしい美術館。
2回に渡りたくさんの写真を見せて頂きありがとうございました。
先走ってはいけないと思いつつ、そろそろコルーマールでのお食事かな~なんて(^^♪

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

祭壇画の前は人だかりがすごくて(ツアーガイドさんの説明が長いからかな?)まっすぐに写真を撮ることもままならない感じでしたが、そのほかはゆったりと鑑賞することができ、大満足でした。
看板やお菓子の型なども芸術品の域ですよね~ 間近で見られて楽しかったです。
好きなものだけをブログには載せましたが、ほかにもたくさんあって、絵画も彫刻も近代のものまでいろいろありました。

ミントベリーさん、正解です^^ お腹がすいてきました^^

Leave a Reply