コルマール街歩きスタート

DSC02694^
ホテルの前にある小さな広場。

この日は晴れたり曇ったりのお天気で、気温は26度まで上がりました。
ホテルのレセプションのお姉さんに「外は暑かった」と言ったら、手であおぐ仕草をしながら「先週は36度もあったんですよ、ふぅ~」って!
フランスのホテルには冷房を備えていない所も多いです。 昔と違って今はフランスだって猛暑の夏もありますから、エアコン完備かどうかはホテル選びの大事なポイントですね。 私が予約したホテルは全部エアコンついてます^^



DSC02697^
さて、ホテルの裏手に回り、橋を渡るとプティットヴニーズ。 街歩きの始まりです☆彡

テーマごとにまとめようかとも思ったんですけど、私が実際歩いたとおりそのまま記録していくことにします。
本当に同じような写真の繰り返しになるかと思いますが、本人にとっては大事な思い出ということでご容赦くださいね^^;



DSC02706.jpg
かわいい木組みの家(コロンバージュ)!!

この地域では石で家を建てていた時代を経て、中世に木材を使う経済的なコロンバージュが主流になっていったんだそうです。



DSC02707^
戦争に何度も巻き込まれて、ドイツになったりフランスになったりしたアルザスでしたが、戦火に見舞われることなく街並みが残ったことは、人類にとって幸運でしたね!



DSC02708^
向こうの方に見えてきたのは、



DSC02710.jpg
『サンマルタン教会』



DSC02713^
ゴシック建築の重厚な教会です。



DSC02714^
アルザス名物は数々あれど、



DSC02716_20170712181933fe3.jpg
一番目立っていたのは『コウノトリ』!!
土産物屋さんにはいろんなタイプのコウノトリがた~くさん売られています。

コウノトリが生息する沼があるとかで、アルザスのシンボルとして大事にされてきたんですけど、絶滅の危機があって人工繁殖したとか何とか。
トキみたいですね^^



DSC02710^
そして私、今写真をアップしていて初めて気が付いたのですが、さっきの教会の写真にコウノトリの巣が写っているではないですか!
しかも拡大してみたら、いますよねコウノトリさん☆彡

あまりリサーチすると現地での感動が薄れると思って、あまり調べ過ぎないようにしているので、時々こういうしくじりが発生するのです^^;



DSC02717^
木組みの家は色もデザインも色々あって、どれも全部すてきです♪



DSC02720^
窓辺の花やフレスコ画が加わると更に華やかです。



DSC02721.jpg
日本料理店もありました^^

ご出身地が店名でしょうか?^^


Comment

  • ミントベリー
  • URL

特別な観光ポイントに行かなくても、町そのものがステキなので歩いてるだけで十分楽しめますね。
それにしてもなんて美しいんでしょう。
教会は『時間』にしか作ることのできない壁の色や趣が素晴らしいです。
それにしても特等席に作ったコウノトリの巣!よく発見しましたね。

今回の旅行記はスマホとPC両方で見てるんですよ。
大きな写真はPCの方が迫力がありますが、スマホは好きな場所を簡単にズームアップできるので、お土産屋さんのお隣はランジェリーショップ?など、細部まで点検?してます(笑)。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

『時間』にしか作ることのできない・・・なんて素敵な表現でしょう☆彡
まさにそうですね!
コウノトリで有名ではあっても、こんなに目の前にあるとは思ってもおらず、見上げて写真を撮っていても気づかないものですね~
でも後日別の場所でばっちり見ることができるのです^^

ランジェリーショップ?!これまた前を通り、写真まで撮っているのに全然見ていませんでしたね~
どっちを向いてもかわいいものだらけで、目が泳ぎまくっていたんだと思います^^

  • ミントベリー
  • URL

写真は逆の立場になるとよ~くわかります。
その場にいると全体が見えていて、ステキな場所ほどどこを切り取っていいやらわからず、適当ではないんだけど舞い上がってシャッター押してますよね。
でも見る側は四角い一枚をじっくり見るので視点が違ってきます。
私は何度ねねさんのコメントで、「えっ!それどの写真のこと?」と、何度自分の写真を見直したことやら(笑)。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

確かにそのとおりですね~
肉眼で見た魅力のすべてを写真にはできないけれど、逆に写真で追加の情報を得られたりして面白い。
ミントベリーさんに驚かれたこともありましたね^^

Leave a Reply