Hostellerie Le Marechal

DSC02692^
コルマール駅から歩くこと10分。 今日から2泊するホテル『オステルリー・ル・マレシャル』に着きました☆彡

どうですか、このかわいらしい建物♪♪



DSC02690^
プティット・ヴニーズ(小さなベネチア)と呼ばれる地区の運河沿いに建つ、とっても人気のあるホテルです。
このホテルを押さえるところから、今回の旅の計画は始まりました^^



DSC02915.jpg
やっぱりローテンブルクのホテルを思い出させる、貴族の館のような雰囲気です♪



DSC02913^
優雅ですよね~ でもエレベーターもありますよ^^



DSC02888^
お部屋もすてき☆彡



DSC02889^
あ、あった。 バスローブ^^



DSC02890^
ゆめこさんのお好きな格子窓だ!! 私もすきです^^

「できれば運河沿いのお部屋をお願いします」とホテルにメールしておきましたら、



DSC02891.jpg
きゃぁ~~!! 希望どおり最高の眺めのお部屋にしてくれました☆彡



DSC02896^
反対側はこんな感じ。
お船が行き交っています。

窓辺にはゼラニウム。 



DSC02697^
橋の上からホテルを見るこのアングルがとっても美しいので、絵葉書にもなっているんですって!

私の部屋も見えますよ☆彡



DSC02875^
3階のこの窓です♪
小さい窓はバスルーム^^

かわいいです☆彡



Comment

  • ゆめこ
  • URL
もう~~素敵すぎ☆

ねねさん^^
駅の改札あたりから私、背後霊のようについて歩いています(怖いですね(^^;ごめんなさい!)
いつもこうして共に歩いているかのような臨場感。やわらかな文体。引き込まれます。。

で、到着したホテルの佇まい!!
ねねさんのお部屋のある外観!!
もう~~卒倒するほどの興奮です^^憧れたそのまま!!
アルザス地方はもし行けるなら行きたいとず~~っと思っていた地。。
なんだかねねさんの細かいレポートでそのとおり行くなら行けるかも?!この私でも?!
・・・・・と、瞬間思わせてくださっただけで幸せ♡

テレビやどなたかのお写真でもよく(パソコンで)見ていますが、ねねさんのこのお写真は特にズシン!と心に一撃です^^

そんななかで小さな話ですが、、赤以外でたった一鉢持っているゼラニウムのピンクがお部屋の窓辺のとまったく同じ種類で、、ま、書くほどのことではない小さすぎる喜び(^^;

勿体ないので、ゆっくりゆっくり、、楽しませていただいています。。


  • mintberry1216
  • URL

すご〜いねねさん!
私ヨーロッパでこんなステキなホテルに泊まったことありません。外観、内装、お部屋、眺め…パーフェクトですね。羨ましいです。
観光もしたいけど、部屋から景色を眺めながらゆっくりしたい、外に出るのがもったいないくらいですね。
カーテンとシャンデリアもいい感じです。

建物の色や雰囲気が、写真でしか見てないけど、イギリスのコッツウォルズにも似てるように思います。もう既にコルマールへ行きたい‼️

  • ねね
  • URL
ゆめこさん

背後霊、大歓迎です(笑) ついてきてくださいね~^^

アルザスのかわいらしさはゆめこさんのお部屋に通ずるものがあり、絶対にお好きだと思ってました。
写真をたくさん撮り、肉眼でもしっかりと見るように心がけて、よくよく味わってきました^^

窓辺やフェンスに飾られたお花がかわいくて、やはりゼラニウムが多いように思いました。
ゆめこさんは赤以外にピンクもお持ちでしたか。
ホテルの窓を見たときに、「ゆめこさんのお好きな格子窓だ!」と思ったことを書き忘れました^^
本文に付け加えます☆彡

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

このホテル、コルマールを調べていて偶然見つけ、この外観を見て「ここに泊まろう!」と思ったんです^^
行ける日程の中で空室のある日を捜して、そのあと航空券を捜して、それから全部のプランを考えました^^
後日出てきますが、朝食も好評なんですよ。
スタッフの方たちはどの方もとっても親切です☆彡
これでパリのホテルよりもお安いのですから、田舎っていいですね^^

  • 風来坊
  • URL

アルザス行きを決行し、無事帰ってこられて何よりです。
旅行記読ませていただきます。アルザス地方は複雑な歴史を持つ地域なので今まで避けていましたが、今回再認識しました。近い将来ルーアンにいる友人に会いに行くつもりなので、方向は違いますが参考にさせていただきます。
私もテロの町ロンドンへ行き、10日に帰ってきました。幸い連日晴れで快適な旅行になり、祖母譲りの足で終日歩き回っていました。ウィンブルドンの熱戦、想定外の出会いが2人あり、ロンドン人の生活も垣間見られ、高層住宅の大火災現場など予定以上をこなし、大満足の旅行になりました。留守中息子たちはパスポートを取っていたり、田んぼの水遣りもしてくれたり、上出来でした。週末には飲みながら土産話の予定です。

  • とみ
  • URL

ねねさま。旅行記ありがとうございます。この夏も受験生がいて(今度は次男の高校受験)ストレスの高い夏になりそう。しかも反抗期最盛期の次男。。。お話伺うときだけ一瞬現実を忘れる、唯一の楽しみです。ずっと旅が終わらないといいのに!とにかく感謝しながら読ませていただきます。

  • ゆめこ
  • URL

ねねさん^^

格子窓のこと、付け加えまでしてくださって、、、ご厚意に涙が出ます。
ありがとうございました!!

  • ねね
  • URL
風来坊さん

ロンドンの旅、充実して満喫されたご様子ですね!
ご子息たちと飲みながらの旅のお話、楽しそうです^^
次はルーアンですか?モネの連作の大聖堂くらいしか知識がないのがお恥ずかしいです^^;

風来坊さんにeテレの番組を教えていただいて以来、毎週欠かさずみています^^
4月から再放送が始まったので、パリから再スタートです。
あまりに楽しいのでイタリア語、ドイツ語、スペイン語、全部録画して『旅番組として』みています^^

  • ねね
  • URL
とみさん

あら~、今年も受験生のいる夏なのですね~それは大変!
しかも中3男子・・・はい、中1までのかわいさが嘘のように、自分が生んだ子とは思えないくらい別人格になっていく時期ですね(笑)
おとぎの国のようなかわいい建物を見てひとときほっこりしていただけたらうれしいです^^
お体に気をつけてくださいね。

  • ねね
  • URL
ゆめこさん

あの格子窓を見たとき、ゆめこさんなら「わぁ~」って駆け寄るだろうなと思ったんですよ^^
窓を開けて、ゼラニウムをそっとなでるかも^^
かわいらしい町だから、お土産ものを見ながらゆめこさんを思い出すこともしばしばでした。
お会いしたこともないのに不思議ですね^^

Leave a Reply