あこがれのアルザス☆彡

DSC02856^^
今年の旅はフランスのアルザス地方とパリです。

気楽なひとり旅、心の赴くままに楽しんできました。

どの瞬間のことも忘れたくなくて、撮ってきた同じような写真をただただ並べる旅行記になりそうです^^;

(最初に訪れたコルマール)



DSC02619.jpg
私の旅パターンはもう定着してきていて、航空券は公式サイトで小松からの国内線込みで料金安めの日程を探します。
できるだけANAを利用。 一番好きなので^^

ホテルはBooking.comで半年前には予約を入れておきます。
パリなどの人気都市では便利な立地のホテルはすぐに満室になってしまうことと、値段も少しずつ上がっていくからです。

今回もパリの空港と市内を結ぶロワシーバスの停留所から徒歩すぐ、どこへ出かけるにも交通の便が良いという最高の場所のホテルを押さえることができて、安心していました。
ところが出発の4日前にホテルからメールがきて、「リノベーション工事が遅れているから宿泊不可能。姉妹ホテルに行ってほしい」との内容!
日本では考えられないようなことが起こるのが海外です。こういうことも、珍しいでしょうがあるんだろうなぁと妙に納得^^;



DSC02621.jpg
メールによると「姉妹ホテルは同じオペラ地区にあり、徒歩圏内」とありますが、地図で見るとメトロ2駅離れたCadetだからスーツケース転がしながら歩いたら相当しんどい距離です。。
オペラからメトロに乗るか・・・ 小さな駅はもちろん、複数の路線が乗り入れる大きい駅にもエレベーターやエスカレーターがないのが普通なので、スーツケース持ってメトロというのはかなりのハードルなのです。



DSC02624.jpg
そんなこんなで、到着したのがこのホテルです。
最初に予約したのは3つ星だったのに対し、こちらは4つ星。
明らかにこちらのほうが広くて快適そうです^^ バスローブまであるし(笑)
同じ金額でここに泊まれるのはラッキーだったと考えることにしよう☆彡



DSC02625.jpg
それに、13年前に娘たちを連れて初めてパリを訪れたときに滞在したのも、ここCadetにあるホテルだったのです。
縁があったのかしら?^^

何はともあれ、たったひとりで無事に旅するということが最も重要。
気を引き締めます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DSC02613.jpg
羽田空港の国際線出発ロビー上階にある『日本橋』。


DSC02614.jpg
とってもきれいな所です。


DSC02616^
海外の方の写真スポットとしてもすてきだと思います☆彡

Comment

  • ミントベリー
  • URL

きゃ~ねねさん、いよいよスタートですね。
一枚目の写真は、ローテンブルクの写真に紛れ込んでいても違和感ないかも。
特に奥の黄色の建物は、あの枝分かれの道の建物に色もそっくり。

直前のホテル変更はびっくりしましたね。結果オーライとは言え、私ならかなり動揺したかも。
快適なホテルだったようで良かったです。

ここ最近羽田からは一度しか海外へ出ていないんですが、国内線からの乗り継ぎ時間があまりなくて、空港内をゆっくり見る時間はありませんでした。こんな場所があるんですね。次回羽田便を利用する時は少し時間の余裕を持って見てみたいです。
2枚目の機内食はパンケーキですか?ちょっと美味しそう!

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

ローテンブルクと似ていますよね~
黄色の色味も同じですね。
懐かしい感じがするでしょ^^

4日前にメールが来るって、ギリギリすぎますよね。他のホテルを捜してみたけどもはや満室か高級ホテルしかなくて、変更を受け入れるしかなかったのでした。
ま、この程度はトラブルとも言えないくらい些細なことです^^;

パンケーキは、生地の中心にメイプルシロップがサンドしてあっておいしかったです♪

  • あた子
  • URL

お帰りなさい。宣言通り、今年も行かれたんですね。
周到な用意と臨機応変の対応力、脱帽です。結局、スーツケースは、階段を運び上げたんですか?体力もいりますね。
アルザスー「最後の授業」の舞台かな? すてきなところのようですね。これからのレポートが楽しみです。

  • ねね
  • URL
あた子さん

『最後の授業』、興味深いです。読んだことないのですが、アルザスの複雑な歴史についてはちょっとだけ勉強して行きました。
不幸な歴史でしたけど、結果ドイツとフランスが混ざった素敵な文化になったんですね。

スーツケース、行きは半分以上カラで軽かったから何とかなりました。
帰りはそうはいかないので、別のルートを考えました^^

Leave a Reply