あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 0ねね0 on  | 

東京へ行ってきました1

DSC02500.jpg
楽しみにしていました、ミュシャ展☆彡

『スラヴ叙事詩』が初めてチェコ国外に持ち出され、20作品のすべてを東京で見られるなんて!
直前になってミュシャの孫が持ち出し取りやめを求めて提訴したとかでハラハラしましたが、無事開幕ににこぎつけられてよかった~

この長い列はチケットを買う人たちです。 
私は前もってインターネットで購入しておきました。
2階の展示室入口でスマホのQRコードを提示するだけで、10秒とかからずに入場できるのでおすすめです☆彡




DSC02501.jpg
国立新美術館は今年開館10周年なんですね。

黒川紀章氏設計の建物自体がコンテンポラリーアートですよね☆彡




DSC02505.jpg
作品は想像どおりの大迫力!!
テーマが重いので絵も悲惨なものが多いんですけど、ミュシャが表現するとやっぱり美しくてドラマティック。
ひとつの絵の中にいくつかの場面があって、物語性があるんですね。
全てに共通するのはもちろん祖国への愛なんですね~
一緒に行った娘も感動して、熱心にみていました。

最後の5作品だけ写真撮影可能エリアとなっています。
貸出で撮影できるって、太っ腹ですよね^^
とにかく人が多いのでまともに撮れないのですが、みなさん何とか感動を収めようとスマホやカメラを向けていました。




DSC02509.jpg
展示されているのは『スラヴ叙事詩』だけではなく、ミュシャが有名になるきっかけとなった『ジスモンダ』をはじめとして、女優サラ・ベルナールをモデルにしたリトグラフやパリで活躍していた頃の作品も多数見ることができました。

チェコでは切手や紙幣にまでミュシャが用いられていたんですね!
プラハ城の大聖堂のステンドグラスやスメタナホールもそうですし、本当に偉大な芸術家なんですね~


今回巨大な絵をロール状にして日本まで運んだと聞いています。
どんなにかご苦労の多いことだったでしょうね!!感謝です。









DSC02548^
こちらは青山の裏通りを歩いていて偶然発見し、ランチしたお店です。
フランスの紅茶『ジャンナッツ』のサロン・ド・テなんですよ。

以前ジャンナッツの紅茶が好きでそればっかり飲んでいた時期がありました。
なのでこのロゴと猫のマークを見たら入ってみたくなったんです^^




DSC02551.jpg
店内が満席でしたのでテラス席で♪
暖かい日でしたので気持ちよかったです☆彡
お料理もとてもおいしかった♪


DSC02554.jpg
食後に日替わりメニューの中から『バナナとチョコレートの紅茶』をミルクティーでいただきました。
はい、ちゃんとそのようなお味がしましたよ^^
紅茶って楽しいですね☆彡

Category : おでかけ
Posted by 0ねね0 on  | 2 comments 

-2 Comments

ミントベリー says...""
ねねさんお帰りなさい!
さすが東京の行列はいつもながらすごい人数ですね。上野の美術館でも80分待ち、120分待ちという看板を何度も見かけましたが、札幌の人たちはそこまで並ぶ気力は持ち合わせてないかも・・・。
ちなみにこの行列は何時頃でしたか?住んでいる時、人気の展覧会は開館前の朝一番に行ったものですが、今回到着が10時を過ぎるので少々心配です。

20作品全てが展示されたことだけでも驚愕なのに、一部とは言え日本で写真OKってありえない!!
チェコの関係者の方には本当に心から感謝です。
先日原田マハさん著書の『暗幕のゲルニカ』(ピカソのゲルニカを題材にした小説)を読んだ時にも、戦火を逃れるためや移動手段として絨毯のようにロール状に巻いたという記述がありました。これだけ時代が進んでも名画の輸送手段の基本は同じなんですね。

東京に住んでいた時に感じたのは“テラス席”を持つお店が多い事。ねねさんが行かれたジャンナッツのお店はきちんとしたテラス席ですが、フレンチやイタリアンでも歩道と言うか路肩みたいな所に簡素なテーブルとイスを出しているお店もたくさんありました。札幌はテラスを楽しめる時期が短いためか、ほとんど見かけません。
2017.04.03 22:21 | URL | #zjBsg5MI [edit]
ねね says..."ミントベリーさん"
私たちが行ったのはたしか2時頃だったと思います。
ウェブでチケットを買えば並ぶ必要もなくすぐに入れるのに、なぜスマホ世代のあの人たちは寒い中待っているのかしら?
何なら今ここでスマホを開いて購入したらいいのでは? って、すごく不思議でした。

中はかなり混雑していて、近づいて鑑賞することは案外できるんですけど、大きな絵ですから離れて見たいと思っても必ず視界が妨げられる状態です^^;
それでも感動的です☆彡
リトグラフの展示室は作品が小さいために人の波がなかなか進まず時間がかかります。
そして再びスラヴ叙事詩の部屋に戻ることも可能です。
次はミントベリーさんの番ですね! 楽しんできてくださいね!

金沢もテラス席のあるカフェなんてめったにありません。
一年中雨が多いですから。。。
2017.04.04 00:17 | URL | #90WPSv.k [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。