あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 0ねね0 on  | 

タワー・ブリッジ

DSC01888.jpg
ここへやってきたのは、ロンドン塔を見るためではありません。



DSC01890.jpg
前方に見えるのはタワー・ブリッジです。
7年前はあのタワー・ブリッジを、ロンドン塔から眺めました。



e528_20160821223509d06.jpg
ちなみにこれが7年前に撮った写真です。

今回はこの橋を渡ってみたい☆彡
娘と私がロンドンでやり残したことはこれだ~ ってことで、残りの時間を使ってやって来たというわけです。



DSC01892.jpg
行ってみましょう~☆彡



DSC01900.jpg
タワー・ブリッジは間違いなくロンドンを代表する建築物のひとつですよね。



DSC01905.jpg
すごくワクワク♪ テンションあがって、娘も私も同じような写真を山ほど撮っていました^^;



DSC01911.jpg
橋の建設に当たった関係者、功労者の名前などが書かれています。



DSC01908.jpg
歩いて渡ってみたいと思う観光客は大勢いるようですね^^



DSC01916.jpg
お城のようにきれいな橋塔!
中にはエンジンルームがあり、一部は博物館になっているそうです。



DSC01914.jpg
豊かな水をたたえたテムズ川。 あちらが上流です。

山のないイングランドでどうしてこんなに大きい川ができたのか不思議でならなかったんですけど、調べたところKimbleという所の湧き水が源流らしいです。
湧き水・・・ すごいね。 もっと不思議になりました^^;



DSC01918.jpg
いよいよ橋の中央部分まで来ました。

4年前のロンドン・オリンピックはここに付けられた五輪マークから中継が始まることが多かったですよね^^



DSC01920.jpg
橋脚が川にせり出している部分から撮りました。

上に2本渡した部分は博物館に入館した人だけが渡れるんですって。



DSC01934.jpg
この橋は跳ね橋です。
ちょうどこの時、大きめの船が通るために人も車も閉め出して、橋の一部が動き出しました!!
特等席で見られてラッキー☆彡



DSC01944.jpg
割と短時間でここまで跳ね上がります。



DSC01952.jpg
船が通ったあとはすぐ元に戻り、まず自転車だけが通されます。
しばらくして遮っていた柵が除けられ、自動車と歩行者も通ることができるようになりました。

ちなみに、橋の開閉時刻はウェブサイトで調べることができるそうです。
今ちょっと見てきましたら、全く開かない日もあれば7回開く日もあるって感じでした。
高さのある船が通る時限定ですので、バラバラなんですね。

偶然でしたが、開閉を見ることができて楽しかったです☆彡


Posted by 0ねね0 on  | 2 comments 

-2 Comments

ミントベリー says...""
ねねさんの旅行記になくてはならないのが、『マーケット』と『橋』。
遂に登場しましたね。
なんて美しいんでしょう。たった2回ロンドンに行っただけでは、何も見ていないんだと毎日実感しながら写真を眺めています。時間を合わせて行った訳ではないのに、跳ね上がる所が見らられるとはラッキー!
次回の私のノルマはマーケットでカヌレとキッシュを食べてレポート、そして博物館へ入場して上からの景色をお届けですることでしょうか(笑)。

お天気がいいこともあり写真もすごくきれい。
私とゆめこさんも手を繋ぎながら、ねねさんと次女さんの後ろから一緒に橋を渡りました~(^^♪
2016.08.22 09:44 | URL | #zjBsg5MI [edit]
ねね says..."ミントベリーさん"
一緒に渡って下さいましたか、ありがとう!!
マーケットと橋、確かにどの旅行記にもほぼ必ず出てきますね^^

何も見てないはないですよ~^^
ただロンドンの魅力が大きすぎて、2~3回行ったくらいではとても語れるものではないのですよね。
ミントベリーさんの次回のロンドンリポートを楽しみにしています☆彡
2016.08.23 00:05 | URL | #90WPSv.k [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。