あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

Simpson’s in the Strand

DSC01735.jpg
ウォレスコレクションを出てバスに乗り、トラファルガー広場で降りました。
さっきぱらついた雨が地面に残っていますね。
旅行中雨にあったのはこの日のごく少量だけですみました。



DSC01738.jpg
ぶらぶら歩いてやって来たのは、かの有名なサヴォイ・ホテル☆彡



DSC01741.jpg
その中にあるレストラン『シンプソンズ』で夕食をいただくのです♪



DSC01744.jpg
午後6時はイギリス人の夕食には早すぎて、広い店内はまだこんな感じです。

この右の方にはピアノがあって、しっとりとした曲を演奏しています♪



DSC01745.jpg
私の前菜は、アスパラガスと豆のタルト。



DSC01747.jpg
娘は迷わず大好物のレバーペーストを選びました^^



DSC01749^
いよいよメインディッシュのローストビーフです!
シンプソンズといえばローストビーフ、ローストビーフといえばシンプソンズ☆彡

うやうやしくトロリーにのせて登場です♪



DSC01752^
希望の焼き加減を伝えると、レアなら中央を、ウェルダンなら端に近い方を切ってくれます。

この特別感がたまりません!



DSC01754.jpg
じゃじゃ~ん!!
これが名店のローストビーフです☆彡
お肉のおいしさがしっかりと味わえる本物!

お決まりのヨークシャー・プディングに、じゃがいもとちりめんキャベツが付け合わせです。
お肉に添えられたホースラディッシュがおろしたてフレッシュですごくいい香り!!

娘セレクトのワインもと~ってもおいしい♪♪
赤ワイン研究員になろうかな^^



DSC01756.jpg
お食事を楽しんだあと、地下鉄に乗るためにまたコヴェントガーデンに戻ってきました。

すると・・・ 見覚えあるピンクのパンツが☆彡



DSC01756^
ほら~~!!

この前からここを通るたびに、もしかしたら会えるかな?と期待していたのです^^



DSC01761^
残念ながらパフォーマンスはすでに終わったあとでしたが、お元気そうなお姿を見ることができてうれしかったです^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




余談ですが・・・

2016-08-14.jpg
孫 1歳1カ月

動画からスクリーンショットです。
しまじろうのパペットに何度もキスをしています^^



2016-08-14 (7)
お買い物のお手伝い?^^
キッチンペーパー4本を持ってすたすた歩けるようになりました☆彡




Posted by 0ねね0 on  | 2 comments 

2 Comments

ミントベリー says...""
こんなに厚みのある大きなローストビーフなんて、見たことも食べたこともありません。
さすがサヴォイホテルのレストランは、内装もゴージャスですね。
キラキラしてるけど、そこはやはり歴史の重みがあり、安っぽくなく重厚なきらびやかさが伝わってきます。
私はホースラディッシュ(北海道では山ワサビと言ってます)が大好きなんです。
高級ホテルのアフタヌーンティーは一人で行けたけど、さすがにここは一人だと敷居が高いかも。
次女さんと素晴らしい食事が出来て良かったですね。

お孫さん、こないだ歩いた!と思っていたら、もうこんなスムーズにお荷物持って歩けるとは。
子供の成長って驚くほど早いですね。
ロンドンからたくさんお土産もらったのかな??

大道芸人さん、私もしっかり覚えてます!
街並みも大道芸人さんも変わらないロンドン。今東京に行ったら、住んでいた町でさえ浦島太郎状態でしょうが、変わらない良さも大切ですね。
2016.08.16 23:15 | URL | #zjBsg5MI [edit]
ねね says..."ミントベリーさん"
温かくて柔らかく、脂身が少ないローストビーフはしつこくなくておいしかったです。
雰囲気とともに存分に味わってきました☆彡
前菜を軽い野菜料理にしたつもりだったんですけど、かなり重かった^^;
ホースラディッシュ、北海道ではなじみの深いものなんですね。
こちらではレストランでしか食べたことないですよ。

だいぶしっかり歩けるようになりました^^
水族館デビューもしたみたいです^^
スーパーでは荷物に負けて転んだりもするのですが、泣きもせず立ち上がって歩き出しますw
2016.08.17 20:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。