あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 0ねね0 on  | 

ハンプトンコート・パレス その3

DSC01451.jpg
ハンプトンコート・パレスは落ち着いた中庭もすてきですが、



DSC01454.jpg
裏の庭園の見事さには驚きました!!

そうです、今回の旅行記の表紙にしたのはここハンプトンコート・パレスのお庭なんです☆彡



DSC01455.jpg
こういう形の樹木は初めて目にします。
長い時間をかけて整えたのでしょうね~ 素晴らしいです☆彡



まや ロンドンベルギー_48
HERSHEY'Sのキスチョコに似ていますね^^



DSC01457_201608011921463f3.jpg
左右にもずっと庭は続いていて、奥にはまた違った趣のガーデンがあるらしいです。



DSC01460.jpg
建物を取り囲む可憐な花々。



DSC01465.jpg
いかにもイングリッシュガーデンらしい自然な花壇がすてきです♪



DSC01463.jpg
ヘンリー8世のトピアリーも^^



DSC01467.jpg
宮殿の敷地内にちょっと面白いものがあるのです。



DSC01469.jpg
自然ゆたかな公園が広がるその一角に、



DSC01471.jpg
植栽で作られた迷路!
1690年にウィリアム3世とメアリー2世のために作ったと書いてありますね。

けっこう難しくて時間がかかるということを聞いていたので、挑戦するのはやめました^^



DSC01473.jpg
想像していた以上に見ごたえある宮殿でした。
タイミングが合えば、当時の扮装をした役者による寸劇を見ることもできるみたいです。



DSC01474.jpg
来たときと同じくテムズ川を渡って帰ります。

ここから船に乗ってリッチモンドまで行くという方法も面白そうですね☆彡



DSC01475.jpg
ハンプトンコートの小さな駅。
宮殿から歩いても5分とかかりません。



DSC01477.jpg
さあ、ロンドンに戻りましょう。


Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 

-4 Comments

ゆめこ says...""
ねねさん^^
沢山の画像と説明文、ご感想など楽しく拝見拝読しています♪
そしてその都度のミントベリーさんとの弾む会話も私にはほんとうにおまけの?大きな楽しみでもあります^^

もし、もしイギリスやベルギーへ行くなら!・・と、想いを馳せながら今回の旅も学ばせていただき、共有させていただきます♪

1枚1枚のお写真が前にも言いましたように臨場感があり、私の歩く目線そのままです^^

陳腐な感想はお恥ずかしいので無言な時も多いですが、心から楽しませていただいています!!
2016.08.04 20:01 | URL | #ie1gh9ZQ [edit]
ミントベリー says...""
ここだったんですネ!!
それにしても、どう手入れしていけばこんな形になるんでしょう。
4枚目のキスチョコと言うか、スカートが床まで着いてしまっているような木は不思議としか言いようがありません。この巨大な木を見られただけでも、ハンプトンコートパレスに行く価値ありますね。

ナチュラルナ庭の花々、そしてトピアリーもステキ。
駅から歩いて5分とはアクセスもいいですね。
ブーリン家の姉妹、昨日スマホであらすじを読んでいたら、それだけで小説みたいに面白かったです。
ツタヤに行ってこなくちゃ(^^)/

それにしても、お城と庭でどれだけの広さがあるんでしょう。
600人分の食材のストックはどこへ?文明の利器もあまりない時代、人間にはそれ以上の知恵が備わっていたんですね。
2016.08.04 21:26 | URL | #zjBsg5MI [edit]
ねね says..."ゆめこさん"
いつも読んでくださってありがとうございます☆彡

せっかちな性格なので、写真も歩きながら撮ることが多いんですよ^^;)
臨場感を感じていただけるとしたら、まさに歩く目線そのものだからなのかもしれません^^

イギリス・ベルギーの美しさの何分の一かでも感じていただけたらうれしい♪
いつか本当に行かれたなら、またはテレビでご覧になる時に、見覚え聞き覚えがあるわ~と思っていただきたいなぁ、なんて思ってます^^


2016.08.04 22:12 | URL | #90WPSv.k [edit]
ねね says..."ミントベリーさん"
はい、ここなんですよ^^
ガイドブックにもあまり詳しく出ていない場所なので、珍しいかなと思って選びました。

建築でも芸術でも造園でも、富のある所には最高の技術が集まっていますね!!
さぞたくさんの使用人たちが奮闘していたんでしょうね~
この樹木はすごいインパクトでした☆彡

ブーリン家の姉妹、興味持っていただけました?^^
私ももう一度みたくなってきました^^
2016.08.04 22:14 | URL | #90WPSv.k [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。