あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 0ねね0 on  | 

サグラダ・ファミリア その3

DSC00913.jpg
今回は、受難のファサードと、地下博物館の記録です。


塔を下りきるとそこは礼拝堂。
もう一度ゆっくりと内部を鑑賞して、受難のファサード側から外へ出ます。

床にキリストのエルサレム入城が描かれています。



DSC00914.jpg
扉とその上部には、イエスの生涯の最後の2日間について新約聖書からの抜粋が。



DSC00915.jpg
大切な部分は黄金色になっています。



DSC00920.jpg
受難のファサードは、キリストの受刑、死、復活がテーマ。 最後の晩餐からイエスの埋葬までを表現しています。

ガウディの死後に着工された部分で、カタルーニャで最も偉大なアーティストのひとりであるスピラックが彫刻を担当しています。



DSC00919.jpg
直線的でシンプルなデザインで悲しみを表現しているそうです。

カサ・ミラの煙突とそっくりな人物像、これはガウディへのオマージュでしょうか?



スペイン、オランダ旅行_1404
馬に乗っているのはロンギヌス、十字架にかけられたキリストを槍で突いたとされる兵士。

その上は、キリストの衣服をかけてサイコロ遊びをしている兵士たち。

カサ・ミラの煙突と同じ顔ですよね。



スペイン、オランダ旅行_2018^
鶏が鳴く前に3度キリストを知らないと言うペテロを、3人の女性で表現しています。



スペイン、オランダ旅行_5269^
最後の晩餐。



スペイン、オランダ旅行_9110^
上はキリストの埋葬。墓の入口にいるのは聖母マリア。

下は十字架を担ぎ上げようとするシモン。 倒れたキリストのそばで泣いているのは聖母マリア、マグダラのマリア、クレオファスのマリア。



DSC00916.jpg
キリストに接吻しようとするユダ。 足元にはヘビ。

16の数字のパネルは、縦横斜めいずれの組合せでもキリストが死亡した年齢である33になります。
そしてこの中の数字で合計33になる組合せは、実に310通りもあるんですって!!(驚)



DSC00919^
復活したキリスト。
塔の上から見たのはこの像です。
今日の5枚目の写真を拡大したものですが、元の写真の中に見つけられるかな~?



DSC00924^
テーマは重いけど、聖書の中の有名な場面がとてもわかりやすく表現されていて、受難のファサードもとても見応えがありました。



DSC00926.jpg
地下は博物館になっています。




DSC00928.jpg



DSC00929^
サグラダファミリアは計算ではなく、逆さ吊り実験を元につくられているんですって!!
驚愕の事実。
これを逆さまにすれば巨大な建物を支えることができるという発想。
枝分かれした木のような柱を配しているのも、重力の実験を再現しているんだそうです。すごい・・・



DSC00932^
完成したらこんな風になるんですね~
今よりずっとずっと高さもあるし、塔の数も今は8本ですが、完成したら18本ですよ!!



DSC00933^
受難のファサードのデッサンですね。
スピラックが描いたものだと思われます。



DSC00934.jpg
こういう彫刻は見なかったので、もしかしたら今後つくられる予定なのかもしれないですね。



DSC00935.jpg
不思議な数字板。
娘はこれをモチーフにしたすてきなアクセサリーを買っていました☆


完成まで300年かかると言われていたサグラダ・ファミリアが、3Dプリンターや先端IT技術のおかげで、150年に短縮できると予想されています。
人類の可能性は無限ですね。
2026年の完成を目指しているということですので、ぜひぜひ実現してほしいです☆
11年後なら何とか自力で行けるかなぁ?
今以上に巨大になったサグラダ・ファミリアを見ることを目標に、健康管理していこう~っと☆



Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 

-4 Comments

ミントベリー says...""
3回シリーズを見終わって、自分がサグラダファミリアについて何も知らなかったということが、よ~くわかりました。イエス様にまつわる話が彫刻で表現されていて、それをねねさんの解説付きで写真を見たので、ものすごくわかりやすかったです。床の絵や壁の文字、初めて見る物ばかりです。
5枚目の写真は視線を上に向けて、み~つけたっ!!

逆さ吊りの論理。天才ってこういう事なんだろかと、凡人としてはしみじみと実感してます。
完成までの話を聞いて、なんだか私も希望が出てきました。
全てが整った姿も見たいけど、作り続けていないというのも寂しい気がしますね。
2015.09.18 13:14 | URL | #zjBsg5MI [edit]
ねね says..."ミントベリーさん"
ミントベリーさんには何も知らないまま現地で見てほしいという気持ちもありました^^;
でも私の写真は一部でしかなく、素晴らしいところはまだまだありますからね☆
旅の終わりに娘に「どこが一番よかった?」と尋ねたら、サグラダ・ファミリアの博物館ですって。
3Dプリンターなどの最新機器が並ぶ部屋の中で仕事をしている人たちをガラス越しに見ることができて、ここがサグラダ・ファミリア建設の頭脳なのか~と、ガウディの逆さ吊り実験を見た直後だったのでとても面白い体験でした。

ほんと、どこも工事していないサグラダ・ファミリアって想像できませんね^^
2015.09.18 21:23 | URL | #90WPSv.k [edit]
ゆめこ says..."私も~~"
みっけ@@@

そして私も、、ほんとうにほんとうに何も知らなかったです、サグラダ・ファミリアのこと。
ありがとうございます!!
でも私の頭脳では逆さ吊りの実験を元に、、、が理解できません^_^;お恥ずかしい^_^;

また何度もお邪魔します!


2015.09.18 22:12 | URL | #ie1gh9ZQ [edit]
ねね says..."ゆめこさん"
わたしも、工事中だということくらいしか知らずに行きました(笑)

誰の頭脳でも理解は難しいのではと・・・^^
でも空から吊られているみたいで楽しいではありませんか^^
それにしても、あの実験であの巨大な建物を自信を持って建てられるって、すごいことですよね☆
2015.09.18 22:22 | URL | #90WPSv.k [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。