フレシネ・ワイナリー

DSC00560.jpg
見学ツアーは30人くらいのグループで行われました。
英語とスペイン語があり、このツアーは英語の回です。

最初にフレシネの歴史や、これまでのCMなどを紹介するフィルムをみます。
さすが世界一のスパークリングワインメーカー、CMはその時代のハリウッドスターや歌手が出ている豪華なものでした!



DSC00563^
マネキンが着ている金色の水着、これを着た女性たちがカヴァの泡になって舞い踊るCMもあるんです^^



DSC00564.jpg
案内役はボーイッシュでチャーミングなこの方☆



DSC00569.jpg
ぶどうはスペイン原産のものを使用し、ブレンドでいろんな味わいを出すのだそうです。
例年8月下旬から収穫が始まるのですが、今年は暑いのでもう少し早くなりそうだと言っていました。



スペイン、オランダ旅行_444
部屋を移動しながらカヴァの製造工程や、ぶどうの品種と栽培方法、酵母の話、発酵のこと、瓶の種類、コルクのこと、昔と今の違いなどなど、こと細かに説明していきます。




スペイン、オランダ旅行_2200
娘は少し予備知識もあるので、興味津々で聞いていました。



スペイン、オランダ旅行_3958
土の話まで。
フランスのシャンパーニュ地方と土壌が似ているので、スパークリングワイン向きの良いブドウが栽培できるのだそうです。



スペイン、オランダ旅行_5299
澱を集めるのは昔は手作業で大変だったけれど、今はオートメーションです。
ここは私もよくわかりました^^



スペイン、オランダ旅行_1315
コルクもカタルーニャ州で多く生産されているんですって。
土壌も気候もコルクまでも、カヴァの製造に必要なものが揃っている地方なのですね☆



DSC00567.jpg
地下深く下りて行きます。



DSC00574.jpg
地下セラーの中は真夏なのにとってもひんやり!
一年中15度前後なんですって。



DSC00575.jpg
イーストのような独特な香りが充満しています。



スペイン、オランダ旅行_9051



DSC00580.jpg
さらに深くもぐって行き、



DSC00582.jpg



DSC00584.jpg
瓶詰のあと2次発酵させます。



スペイン、オランダ旅行_1200
昔は瓶の底が平らだったため、二酸化炭素によって割れてしまうことが多かったんだそうです。
底が持ち上がった現在の形。
それでも所々割れている瓶も見受けられました。

ちなみに、カヴァはワインと違って、年代物に価値があるというわけではなく、ぶどうの品質によって適正な熟成期間というものがあり、買ったらさっさと飲むのがベストなんですって。



DSC00585.jpg
コウモリでもいそうな感じになってきました。



DSC00587.jpg
そして最後は、



DSC00593^
お楽しみのトロッコ♪



DSC00599.jpg
けっこうスピードを上げてぐんぐん進みます☆



DSC00602.jpg



DSC00612.jpg
近代化された工場を眺めながら上って行き、



DSC00603.jpg
明るい光が見えてきたと思ったらそこは、



DSC00605.jpg
こんなに高い所でした!



DSC00610.jpg
地下深いセラーからここまで一気に上ってきたのですね。

ワインのことよく知らない私でも、すご~く楽しかったです☆
1時間半があっと言う間に感じました。



スペイン、オランダ旅行_1955
このあとはお待ちかねの試飲タイムです♪



DSC00617.jpg
はぁ~美しくておいしい♪

試飲は日本でも売っているコルドン・ネグロだと聞いていたけれど、今日のはグラン・レゼルブ、つまり4年以上熟成・樽熟成半年以上のグレードが高いものでした。 ラッキー☆

料金を支払えばおかわりもできますし、タパスや生ハムを注文することもできるみたい☆
ただし、ゆっくりとしていると次のツアーの人たちが入ってくるので混みあいます^^;



DSC00621.jpg
ショップでお買い物タイム。



DSC00623^
フレシネ坊やのオリジナルグッズのほか、CMで着用されていた金色の水着まで売っていましたよ^^



DSC00624^
娘はロゼを1本購入。
帰国日に、なぜもう1本買わなかったのかと自分を責めていました(笑)



スペイン、オランダ旅行_7531-
ツアー参加者のリストバンドです。

ちなみに見学ツアーはウェブで予約しておき、Renfeの往復チケットとツアー代金のお得なセットを国鉄駅の窓口で購入することができます。
窓口で伝わらないのでは?と心配で、スペイン語で書いたメモまで用意して行ったんですけど、すぐにわかってもらえてほっとしました^^

娘も私も大大満足したフレシネ見学でした☆



Comment

  • ミントベリー
  • URL

前日の写真からは想像がつかないくらい中は広大なんですね。
上映室?がある所からすご~いと思っていましたが、蝙蝠の洞窟を通り抜けまさかのトロッコ。
これはワイン通でなくても十分楽しめそうです。

カヴァという名前も初めて聞いたし、カヴァがスパークリングワインというのも調べてわかりました。
ポルトガルに行った時に、ツアーバスを運転していたお兄さんが、休憩場所にあった木をほんの少しナイフで削り『コルクだよ』って見せてくれました。
ポルトガルやスペインはオリーブと共にコルクの成長にも適した気候なんですね。

海外旅行の買い物は一期一会と思いつつ、私も何度『買ってくれば良かった』を繰り返していることか。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

ここの見学は本当に楽しかったです♪ものすごく広いんですよ。

パリでシャンパン、ベネチアでプロセッコ、フィレンツェでスプマンテ、ミュンヘンでゼクト、バルセロナでカヴァを飲んだ私。
世界のスパークリングワイン研究員?^^
繊細な舌を持ち合わせていないので、どれを飲んでも「おいしい~♪」です^^
ちなみに近所のスーパーで時々買う甘口スパークリングの『アスティ』はスプマンテです☆

ポルトガルでもコルクがとれるのですね。 ポルト酒にもコルクは必須ですものね。

『買ってくれば良かった』、ミントベリーさんにもありますか^^
私もほぼ毎回^^;

  • kumi
  • URL

工場見学でトロッコに乗るなんて楽しそうですね^^
益々行きたくなりました。来年のGWはまたバルセロナにしようかな、なんて思ってしまいます。

スパークリングワインといえばチェコのスパークリングワインも美味しいですよ^^チェコはビールの方がメジャーですがウィーンに近いモラビア地方ではワイン作りが盛んで、ちょうど今の時期9月はブルチャークというワインになる前のワインが飲めます。ジュースみたいだけどしっかりアルコール入っていて発酵中のワインだから現地でしか飲めないモノ。。地域によってはお祭りをやっているので、ここ3年ほど毎年この時期はチェコ行ってました。今年は7月に南米行ってしまったので行けませんが…
どんなものか気になりましたら、私はブログはやっていないのですが地球の歩き方サイトの旅スケやっていますのでどうぞ☆(今年旅行日記はUPしていませんが…)
http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/17802?page=3/

  • ねね
  • URL
kumiさん

旅スケ一部ですが読ませていただきました。
チェコのビールのおいしさは忘れられません☆
スパークリングワインもおいしいのですね、全然知らなかったです。
ブルチャークはウィーンで言うところのシュトルムやモストのことですかね。
以前ウィーンへ行く際にその存在を知り、とっても興味を持ったんですけど、5月だったので飲むことはかないませんでした。

アルザス地方の日記を夢中で読みました! 前から行ってみたいと思っていた所です。
お菓子作り好きな娘のためにかわいいクグロフ型を買いたいと思って、パリのデパート数軒捜しまわったことがあります。日本だと東京のデパートで地方のお土産も買えるけれど、フランスではそうはいかないと思い知りました^^;
フェルベールさんのコンフィチュールはしっかり買って帰りましたけどね^^

  • kumi
  • URL

>ブルチャークはウィーンで言うところのシュトルムやモストのことですかね。
今調べてみたら、そうです!!時期的にも同じですし、絶対同じものです。いつか秋のウィーンかチェコへどうぞ☆ウィーンからチェコのブルノ迄バスで1時間程です。その辺りがワインの産地なのかもしれませんね。

旅スケ、見て下さってありがとうございます!アルザス地方は可愛くてとてもお勧めですよ!
私の時は凄い寒波で飛行機は欠航するわ、坂が凍っていて滑るから…と見に行きたかったお城行けないわ…というのはありましたが、可愛い街並みだしスィーツ美味しいし。。クグロフは2つ持ち帰りました(100均のシューズ入れにちょうど2つ入ったんです☆)他にもパンデピスやベラベッカとかスィーツ持ち帰りまくりで…^^;クグロフ型も可愛いのが沢山売られてましたので是非(しつこい?)
また再訪したいところの一つです。

  • ねね
  • URL
kumiさん

ブルチャークはやはりそうでしたか☆ おいしそうです~~♪

アルザス地方にものすごく心が動いています^^
お菓子大好きだし、ドイツ風の建物も好きです。
kumiさんもいろいろ大変な目?に会われてますね~
冬は北陸から成田なり羽田なりへ行くこと自体がハラハラものですので(今年のお正月も香港から帰国後危うく羽田で一泊か?という大雪でした。。)行くなら夏ですね。
せっかくだからシャモニーにもまわってモンブランを見たいなと思って調べてみたら、なかなかうまい行き方がないんですね。。

Leave a Reply