あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 0ねね0 on  | 

アンネの家&マヘレの跳ね橋&夕食

Bln6QKsTLLxYaEJM5peZ.jpg
次に訪れたのは『アンネ・フランクの家』です。
実際に隠れ家として使用していた建物がミュージアムとなっていて、世界中から平和を願う人たちが見学に来ています。

ウェブでチケットを購入しておいたので待ち時間はゼロ。
そうでなければ長い長い列につくことになります。(写真はウェブサイトからお借りしました)

アンネたちが暮らしていた部屋そのままが復元されていると思っていたので、博物館化していることが少しイメージと違ったけれど、本棚の後ろの隠し階段などは当時のままの姿を残していました。
ここで実際に若い2年間を暮らしたこと、食糧などを運ぶ協力者の存在があったこと、とてもかわいそうな最期だったことなどに、かわいらしいアンネの写真や肉筆の日記を見ながら思いを馳せました。
争いをやめない人間のどうしようもない愚かさを嘆きながら・・・



DSC00166.jpg
美しい街並みと、個性的なショップを見て歩きます。



DSC00168.jpg
オランダは起伏の少ない地形なので、自転車が本当にたくさん利用されています!!



DSC00169.jpg
街と自転車がよく似合う☆



DSC00084.jpg
専用のレーンがある道路も多いです。



DSC00171^
道路にも橋にも駅前にも、どこにだって自転車が停めてあります。
ちゃんと持ち主がいるんだろうか?と疑ってしまうくらいすごい台数なんです。




DSC00172.jpg
だって乗っているより、停めてある方が多いんだもん?



DSC00180.jpg
きれいな鐘の音が聞こえてきました。



DSC00181.jpg
おしゃれな界隈は人でいっぱい!!



DSC00183.jpg
トラムに乗って、もう一か所見てみたかった所にやって来ました。



DSC00187.jpg
あれはボートハウスですね。 住み心地満点だとBSでみたことあります。



DSC00188.jpg
見えてきました☆



DSC00189.jpg
『マヘレの跳ね橋』です。
ゴッホが描いたのはフランス・アルルのだけれど、故郷であるマヘレの跳ね橋を懐かしんで描いたと言われているんですって。



DSC00192.jpg
跳ね橋の近くにきれいなカフェがあったので、入ってみることにしました。



DSC00195.jpg
寒さにも少し慣れてきたので、気分を出してテラス席にしてみましょうか。



DSC00196.jpg
串刺しのチキンのインドネシア風。
昔オランダの植民地だったことからインドネシア料理もおいしいとガイドブックに書いてあったので注文してみたのですが・・・^^;



DSC00198^
牛フィレのステーキ マッシュルームソース。
こちらは無難においしかったです^^


Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 

-4 Comments

ゆめこ says...""
ねねさん、こんばんは!

こうしてオランダ紀行が始まって数日、やっとゆっくりひとことひとことを噛みしめて読み、お写真をながめ、、満喫させていただいています♪
yuiを抱っこして、そのyuiがパソコンをさわりたがるので両手を抱え込んで、、ゆっくりなど読めませんでしたので^^

ほんとうにいつもながら(私も一緒に歩いてる感がする)素敵なレポートです♡

オランダの町並みは身近なところのハウステンボスで数回・・・なぁんてくだらないこと書いては台無しですので止めます(笑

絵画のくだりでは私も食わず嫌いなとこ大いにありますので背筋をぴんと伸ばしました。
そしてお花屋さんで球根を買う私を思わず想像してしまいました。
お孫さんへのミッフィーのお土産のくだりでは、ふっと微笑んでしまいました^^
孫もミッフィーの食器です^^

お嬢さんとの旅なので、歩きながら、お土産を選ぶときなど、絵画を見て、、お食事のときなどの楽しい会話が聞こえてくるようです^^

ミントベリーさんとの会話もほんとうに楽しませていただいています♪
どこへも行ったことの無い私なので、あ、ここここ!って言えないことだけが残念ではありますが^^


2015.08.09 20:28 | URL | #ie1gh9ZQ [edit]
ねね says..."ゆめこさん"
旅行記楽しんでくださってうれしいです☆
相変わらず旅のことは何一つ忘れたくなくて、細かいことも書いてしまいますが、さらりと読んでいただけたらと^^

スペインへ行く途中の『ついで』のつもりのオランダが、あまりにも素晴らしくて大感激でした。今までオランダに特別興味を持ったことがなかっただけで、実は私の好みにぴったりだったんです☆ だから今更ながらハウステンボスにも興味津々なんですよ^^

20年以上縁がなかったミッフィーと、孫の誕生で再びつながりができました。不変の愛らしさと上品さがいいですよね☆
金沢のグランマのお家で使う食器はミッフィーがいいかな?♪
2015.08.09 21:45 | URL | #90WPSv.k [edit]
ミントベリー says...""
アンネの家は私が行った時も行列でしたが、朝早目だったので長時間並んだという記憶はありません。
今はここもネットでチケットが購入できるんですね。
一番印象的だったのは、やはり本物の日記です。本も読んだことがあるけれど、自筆を目にすると突然いろんな事が物語ではなく現実として迫って来るようでした。

自転車本当にすごい数ですね。
それに長距離走れそうな、マウンテンバイク系がたくさん。北欧の国も自転車大国で、ツアーバスを降りた時に車道→自転車専用道路の次が歩道なので、もたもたしてると高速の自転車に轢かれそうでした。

今日のカフェもステキ!
そして海外ではお約束の大量のポテト。写真だけ見てると、ノースリーブや半そでの女性も多くて、肌寒さがイマイチ実感できないでいます。

ロンドンもそうでしたが、ねねさんには随分いろんな橋を見せてもらっている気がします。
もしかして橋好きですか?
2015.08.10 20:00 | URL | #zjBsg5MI [edit]
ねね says..."ミントベリーさん"
アンネの家は狭いから人数制限しながら入場させていて、長い列をさばくのにはとても時間がかかりそうでした。
自筆の日記、幼さが残る文字から大人っぽいきれいな筆記体へと変化していましたね。月日の長さを感じました。
アンネの日記を読んだのは中学生くらいのときだったので、内容は断片的にしか記憶にないのですが、去年映画をみたから隠れ家の様子がよく理解できました。大人たちが上着やドレスを着てネックレスをつけて優雅に食事していたのがすごく印象的でした!

橋好き・・・自覚していませんでしたが、確かにどこを訪れても橋を撮っていますね!好きなのかな^^
長女の彼氏くん、橋の設計をする技術者です☆ 早く結婚してほしいと思っているのに、娘は全く焦っていなくて^^;
彼が息子になってくれたら、橋がもっと好きになるかも~☆
2015.08.10 22:17 | URL | #90WPSv.k [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。