日帰りで京都へ

DSC_0110.jpg

連休中日の日曜日、京都へ行ってきました。


DSC_0111.jpg

バルテュス展に行かない?という娘からのお誘い。


IMG_3155.jpg

ピカソが「20世紀最後の巨匠」と称えた画家だそうですが、恥ずかしながら私、この方のこと知りませんでした^^;
独特な世界観の美しい作品を多数観ることができました。
アトリエを再現したコーナーもあり、張りつめた空気まで感じられるようなリアルさで、興味深かったです。



DSC_0116.jpg

美術館からすぐの距離に平安神宮がありますので、参拝して行きましょう。


DSC_0128.jpg

南禅寺の方へ移動して、名物の湯豆腐をいただきます。
江戸時代から南禅寺の参拝客をもてなしていた老舗なんですって☆


DSC_0126.jpg

風情あるお庭を抜けて奥のお座敷へ。


DSC_0120.jpg

お料理は湯豆腐のコースと冷や奴のコースの2種類だけです。
私も娘も湯豆腐をお願いしました。
まずはゴマ豆腐ととろろ芋。 3日かけてつくるというゴマ豆腐のおいしさに感動!


DSC_0121.jpg

木の芽田楽。 木の芽の爽やかな香り、さすがのおいしさです。


DSC_0123.jpg

お豆腐はしっかりした木綿ごし。
おだしに九条ネギと粉山椒でいただくと真に美味☆
あまりにおいしいので、あとで粉山椒を買いました^^

(今日、鶏肉のお料理に粉山椒をかけて食べてみたらおいしい!しばらくマイブーム続きそうです^^)


DSC_0124.jpg

山椒塩でいただく精進天ぷらとご飯、お漬物も付いて、大満足でした☆


DSC_0133.jpg

腹ごしらえが先になってしまいましたが、いよいよ南禅寺へ。


1405868630028.jpg

ここはお寺のまわりの景色やこの水道橋が特にいいんです!


DSC_0146^

すてきでしょう~


DSC_0151.jpg

祇園の街を散策し、京都らしい甘味どころへやってきました。


DSC_0149.jpg

お二階の和室4部屋はほぼ満席です。
この日はお祭りか花火でもあるのでしょうか、浴衣姿の若い女性をよく見かけました。
レトロな部屋によく似合っていい雰囲気でした。


DSC_0150.jpg

抹茶蜜のあんみつ。 もちもちの葛きりも入っていておいしいです♪


DSC_0156.jpg

次に訪れたのは東寺。


DSC_0158.jpg

蓮の花がみごとです。


DSC_0161.jpg

内部は撮影禁止ですが、国宝の仏像をたくさん見ることができました。


DSC_0163.jpg

あまりにも有名な五重塔。東寺の象徴ですね。
調和のとれた美しさと、細部の芸術性!


DSC_0166.jpg

京都駅の芸術的なデザインもすごいです☆


DSC_0169.jpg

「内モンゴルのあっさり塩ラーメン」という文字に引かれて夕食はこれに。
娘はあっさり醤油ラーメン。 どちらも本当にあっさりさっぱりしていておいしかったです☆


Comment

  • 玲小姐
  • URL

日帰りで行ける距離なんですね~。東京から日帰りももちろんしたことがありますが、家からだと新幹線+1時間半は余裕を持たないといけないので、ちょっと慌しいです。湯豆腐などが美味しそうに思える年齢になりました(笑)。
息子が京都の某美大で通信の資格課程を受講していて、来月実習のため5日間京都です。5日くらいいると、住んでる気分になれそうでうらやましいです!もっとも、当人は、実習がびっちりで観光する暇はなさそうですが。

  • ミントベリー
  • URL
羨ましい!

地続きってこういう事ですよね。
ドライブして滋賀のアウトレットモール、日帰りで京都、北海道は広いけどやはり島なので、陸路であちこち行けるのがすごく羨ましいです。ねねさんの所から京都は片道どのくらいの時間なんですか?
テレビのぶらぶら美術・博物館で、東京で開催されている時の番組を見ました。奥様である節子さんの著書を読んだことがあるんですよ。万人が好む画家ではないかもしれないけど、独特の雰囲気がありますね。

平安神宮の朱赤はとっても鮮やか。東京に住んでいる時『レンブラント展』を見に京都へ出かけましたが、まさか水道橋があるとは全く知りませんでした。湯豆腐コースは京都でしかも歴史あるお店で頂くと美味しさ倍増ですね。
甘味も京都ならではという感じ。
蓮の花と葉があんなにぎっしりとあるのは初めてみました。蓮はいつも見ているような気分でいましたが、考えていたら記憶の中はモネの作品で、実物はあまりなかったかも(笑)。

日帰り京都・・・日帰り・・・あぁ~しつこいけど羨ましい。

  • ねね
  • URL
玲小姐さん

息子さん、社会人になられても勉強を続けていらっしゃるのですね、すてきなことです☆
京都でスクーリングというやつでしょうか。少しは遊ぶ時間があればいいのに。

玲さんに教えていただいた『レディ・ベス』、あのあと調べたのですが、希望の日はいいお席がすでに埋まってしまっていて、S席でも後ろの方の端の方という状態でがっかり。。今回は見送ることにしました。
今後10年20年と続くお芝居だと役者さんたちがおっしゃっていたので、ご縁があればまたみることもできるでしょう。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

京都へは約2時間です。近いと言えば近い方ですが、あんまり行かないのが現実です^^;
滋賀へ行った日は、帰宅後熱を出してしまったんですよ。高速道路を長時間運転するのは初めてだったので緊張しすぎたためかと(汗)

バルテュスの番組やっていたんですね、見たかったな~
節子夫人の著書を読んだことおありなのですか、さすがミントベリーさん☆
20歳の女子大生を見染めて妻にしてしまう55歳のバルテュスって・・・ちょいワルおやじですね^^
美術館で節子夫人のご本がたくさん売られていて少し立ち読みしましたら、彼女ご自身も才能あふれる魅力的な方なのですね。

  • あた子
  • URL

 京都へ日帰りー 実はうちからも日帰りできるんですよ。でも、こんなにゆっくりはできません。滞在時間せいぜい4時間? バルテュスのことはわたしも知りませんでした(^^;) でもそのほかの場所南禅寺の水道橋とか湯豆腐コースとか平安神宮とか・・・・懐かしいですね。京都は何度行ってもいいなと思います。
そして、イギリス旅行記、一気に読ませていただきました。すべて自分で手配して・・・これぞ旅行の醍醐味なんでしょうね。わたしはもう、添乗員付きのツアー一辺倒になってしまいました。(若い頃は個人旅行もしたことあるんですよ)でも、歳をとると、ぼけーっとしていても観光地を巡ってくれて何事もなく帰国できる、このストレスのなさにどっぷりつかっています。その分ねねさんのように、本当に自分の見たかったところ、自分の食べたかったものに出会えることはありませんけど。

  • ねね
  • URL
あた子さん

京都はやはり別格ですね~街の中にすごいものがゴロゴロあるところが、ローマに似ていると感じます。

私の場合海外旅行の楽しみの半分は計画なので、個人旅行はどっぷりと数か月楽しめます^^
でも重たいスーツケースを転がすことや、自分でバス・電車を捜して移動をすることに苦痛に感じるようになったらおとなしくツアーに参加しようと思っているんですよ。いろんな人とお知り合いになれて、ガイドさんのお話も聞けるツアーの楽しさも知っていますので^^

Leave a Reply