Lewes 後編

IMG_2379_201406240753597cb.jpg

ルイス城まで来ました。
城壁と塔の一部しか残っていませんが、建設が始まったのが1066年というのですから、ものすごく古いお城ですよね。


IMG_2380.jpg

道を挟んだ所にある建物の中で入場料を払ったら、ゲートを開けるための小さなカギをくれます。
そして、「博物館の入り口はここです」って教えてもらったのに、帰りは違う道から出たのですっかり忘れていて見ずじまいだったのでした(涙)。。
ルイスの歴史を紹介する映画やジオラマなどがあったみたい・・・


IMG_2381.jpg

まずは一番高い塔を目指して階段を上ります。


IMG_2386.jpg

階段の途中でから見たバービカン(やぐら門)。


IMG_2406.jpg

向こうの方にセブンシスターズのように切り立ったホワイトクリフが見えました。
南イングランドの土壌は石灰質ということでしょうか。


IMG_2387.jpg

ここから更に上って、


IMG_2388.jpg

中庭のような場所に出ました。
上れるのはここまでのようです。


IMG_2392.jpg

すてきなお家がたくさん見えて、いい眺めです。
ルイスはのんびりと暮らすには最適な町かもしれないですね~


IMG_2400.jpg

過去には血なまぐさい出来事もあったようですね・・・


IMG_2403.jpg

今度はバービカンの方へ渡り、


IMG_2405.jpg

らせん階段を上ります。とても急なのでしんどいですが、頑張れば・・・


IMG_2409.jpg

バービカンの上からの景色を楽しめます^^


IMG_2410.jpg

最初に上った塔への階段。


IMG_2413.jpg

一度ゲートの外へ出てバービカンをくぐり、城壁の外側を散策してみます。


IMG_2417.jpg

キャッスル・レーンと書かれていますが、正直ほとんど何もないひなびた道路を歩き・・・


IMG_2421.jpg

かわいらしいドアのあるお家の所に出てきました。
このあたりは昔からの住宅街なのでしょうか、古びた感じが味わい深いです。


IMG_2422.jpg

本屋さんもどことなく傾いています^^


IMG_2426.jpg

かわいい街並みは十分楽しんだけれど、何か忘れていますよね・・・


IMG_2433.jpg

そう、アンティーク!
高いものは買えないけれど、小さなブローチとか陶器の指輪入れとか、なにか思い出になる品をひとつ買いたいんです。
ロンドン市内より3割も安く買えるって聞いてきたので期待していたんですけど・・・


IMG_2436.jpg

いくら本物でも、いくら相場より安くても、本当に気に入ったものしか買わないいつもの私がじゃまをして・・・
結局な~んにも買えなかったのです(ぐすん。。)
唯一ちょっとほしかったのがこの鳥かごなんですけど、もちろん大きすぎですよね^^;


IMG_2437.jpg

すごく真剣に捜したんですけどね~ ま、無理に買うようなものでもないですから、出会わなかったということで^^;
でもスプーン1本でもいいから記念に買えばよかったと今は思います。。


IMG_2446.jpg

電車の時刻が近づいたので駅に向かっていたら、雲がどんどん晴れてきて素晴らしい青空に!!
なんで帰る頃になって~ って思ったけれど、「写真撮ろう!」と思い直し、早歩きでここまで戻って撮りました^^


IMG_2452.jpg

ハイ・ストリートまで行く時間は残念ながらないので、お気に入りのこの眺めをもう一度。


IMG_2455.jpg

ああ、太陽が出ただけで、さっきまでとはまるで違う輝いた町です!


IMG_2459_201406162358167a1.jpg

最後にきれいな姿を見せてくれたね、ルイス^^


IMG_2465.jpg

本当にすてきな町でした。来てよかった☆


IMG_2466.jpg

ルイス駅もまぶしいくらいですね。


IMG_2469.jpg

さよなら、ルイス。もう来ることはないだろうな~大好きだけど。
感傷的になるね^^;

ヴィクトリア経由でアールズ・コートへ帰りました。


IMG_2473_20140617000034c94.jpg

美しいルイスからいきなり画像が変わりますが、この日の夕食はマサラ・ゾーンのバターチキンカレーです^^
テイクアウェイにしてもらって、ホテルでゆっくりいただきました。
めっちゃおいしいです☆☆ 評判に偽りなしでした。
ごはんがところどころ黄色いのがわかりますか?これ、たぶん玉子だと思うんです。
少量なんですけど、チャーハンの玉子みたいにからんでパラリとした部分があって、これがいいアクセントになっています。
『マサラ・ゾーン』、アールズ・コートに泊まったら便利に使えるいいお店ですよ^^




Theme: 海外旅行記
Genre: 旅行

Comment

  • ミントベリー
  • URL

ルイスの街の上からの眺め、家の色が同系色と言うこともあり、緑とのコントラストが何とも言えずいいですね。
高い所まで登って頂いたおかげでこの風景が見られますが、この日はかなりたくさん歩いたんではないですか?
美術館もそうですが、旅は本当に体力勝負。見たい場所、行きたい所へは、とにかく健脚が要求されます。

アンティークは運命的な出会いがなかったんですね。
ツアーで海外に出かけていた時は、団体行動も多く時間に制限もあり、戻るということもできず、何度も一期一会の機会を逃したものです。今は雑誌やネットで調べて、ものすごく期待して行くお店など、せっかく来たんだからと何かを買ったりすることがありますが、心から欲しいものでないと帰国してから大切にしていなかったり、見るたびに嬉しくなるということは無いように思います。なので残念ですが、きっとねねさんとの出会いを待っているアンティークは、どこかほかの街や国にあるのかもしれませんね。

毎晩ねねさんのBlogをクリックします。そして新しく更新されている所は、なるべく見ないようにして高速でスクロール。前日の所でねねさんのコメントを読んで、ざっと前日分をもう一度振り返り、美味しい物は最後にとっておくのと同じ気持ちで更新された所を読み始めます。これをもう何日繰り返しているやら(笑)。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

毎日そんなにも楽しみにしていただいているなんて感激です☆
せっかちなのでどんどん更新しないと気が済まなくて^^;

アンティークのことについては少し後悔がありましたので、ミントベリーさんの優しいお言葉にすごく慰められました^^
確かに、買ったという事実のために買うなんておかしいですよね。好きなものを手に入れる喜びは、それを傍に置いて楽しむ喜びなんですからね^^

旅に出ると本当によく歩きます。自分がこんなに歩けるんだとびっくりするくらい^^
歳をとったらタクシーを利用したりするようになるでしょうが、まだしばらくは自分の足で好きなようにまわりたいな~

Leave a Reply