ウィンザー城

IMG_1848.jpg

スラウで電車を乗り換え、ウィンザー&イートン・セントラル駅に到着しました。
ホームを出ると楽しそうなアーケード街に直結しています。
でも電車を降りた人はみな まっしぐらにこのアーケードを抜けて、お城へ向かうのです^^


IMG_1849.jpg

王室の紋章が付いた列車が展示されていました。 急いで撮影して、みんなに遅れまいと早歩きw



IMG_1850.jpg

心配していたお天気は小雨程度ですので大丈夫そうです。


IMG_1852.jpg

こんなところにボビー・ブラウン。
余談ですがここの口紅とアイシャドー、密着度が高くていいですよ。愛用中☆


IMG_1854.jpg

かわいいお店が気になります。 キング&クイーン・ギフトショップだって♪


IMG_1855.jpg

駅からものの数分でここまで来てしまえました☆


IMG_1856.jpg

チケットを買うための長い列ができることもあると聞いていたのでできるだけ早い時間帯に来たのですが、平日だし小雨だしで、


IMG_1857.jpg

すんなり入ることができました。
オーディオガイドは無料で借りることができます。


IMG_1859.jpg

ラウンドタワーに王室旗があれば、女王ご滞在中。
この日はユニオンジャックですのでご不在ということですね。
そう、このお城は現役で使用されているんですね~女王さまは週末をここで過ごされるのだとか。
国賓の迎賓館および宿泊場所としても使用されるのだそうですよ。

何年か前の火事で、貴重な城の一部が消失してしまい、その復旧費用を捻出するために一般公開の場所を大幅に広げたということです。
日によっては一部非公開のことがありますので、必ず確認してくださいね


IMG_1860_201406082219183ac.jpg

残念ながら建物内部は撮影禁止です。
一番見ごたえがあると感じたのは、『ステート・アパートメント』公式諸間。
建物自体と調度品、美術品・・・ 英国の力を思い知ります!
天井に貴族の紋章がびっしり飾ってある大広間が特に素晴らしくて、城内のショップでこれらの紋章をマグネットにしたものを真剣に選んで買ったくらいです^^

セントジョージ・チャペルと、メアリー王女のドールハウスも必見です。
ドールハウスはそのリアリティと芸術性に感心しますし、当時の生活様式を見るという点でもとても面白いです。
照明やエレベーター、ミシンなどの機械類はすべて作動するし、水道も流せるらしいです。
額の絵は画家が12分の1の縮尺で描き、皮の装丁の本はサマセット・モームやコナン・ドイルらの作家がこの家のためだけに書いたんですって!
1500人の職人が3年かけて作り上げたというのですからそこらのドールハウスとはわけが違いますね~


IMG_1862.jpg

こうした壁は砦としての歴史を物語っているようですね。


IMG_1871_20140608222007154.jpg

衛兵交替もちゃんとありますよ。
事前に調べた交替式はもっと大人数だったのになぁ??


IMG_1876_201406082220109e6.jpg

ウィンザー城に行ってみたいと思ったきっかけのひとつが、お城の外にあります。


IMG_1875.jpg

『ロング・ウォーク』と呼ばれる、城に続く長い遊歩道!
果てしなく続く道に見えますよ~
端まで歩くと2時間くらいはかかるということなので、私はちょこっと5分くらい 気分だけ味わってみました^^
この時はさすがに小雨をうらめしく思いました。。  晴天ならどんなにすばらしいことでしょう♪

入り口でもらうお城の地図にはロング・ウォークのことが書いてないので、門番の人に道順を聞いて、いちど城門を出てからぐるりとまわって来ました。
お昼近くになってお城は観光客でごった返してきたというのに、ここにいるのはこの時わたしひとり!
せっかくウィンザー城へ行くなら、絶対に見てほしいおすすめの場所です☆

Theme: 海外旅行記
Genre: 旅行

Comment

  • ミントベリー
  • URL
ロングウォーク!

先日の菜の花畑の帰り道、日本で一番長い直線道路(国道12号線)を車で走りましたが、このロングウォークはなんてステキな道なんでしょう。まるで映画のシーンのようです。青空ではないけれど、霧のロンドンですから道路が濡れていて雲の広がる空がしっくり来ます。

ロンドン市内には大小たくさんの美術館があり、私の滞在はそれらを巡るだけで時間切れでした。どれだけ時間が足りなかったかと言うと、大英博物館とヴィクトリア&アルバート博物館さえ行けなかったほど。でもBlogを見てるとウィンザー城に行けばよかったと後悔するほど素晴らしいですね。いつか必ず行って、ステーツアパートメントとドールハウスを自分の目で確かめなければ(^^♪

帰りはあのアーケードに寄りましたか?イエーガーの奥にかすかに見えるAはアクアスキュータムかな?とか、写真は平面なのに奥を覗く勢いで見入ってしまいました。ボビー・ブラウンは未知のブランドでしたが、あのさりげない一言に俄然興味が湧いてきました(笑)。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

ウィンザーのロング・ウォーク、すてきですよね~
自転車すら禁止で、徒歩のみ許可されているんだそうです。
ミントベリーさんのコメントを読んでから改めて写真を見たら、道路が雨で光って、雲もなるほどロンドンらしい味わいですね☆
イギリスには心残りがいくつもありそうですからぜひまた訪れて、今度は私を懐かしい気持ちにさせてくださいね!

アーケードは帰りにさっと通っただけでした。ロゴの感じからアクアスキュータムに間違いないですね、よく気がつきましたね~^^
お化粧品には詳しくないのですが、パンダ目になりやすいのでボビィブラウンのクリームシャドーを使っています。落ちないですよ☆

Leave a Reply