洋上書店 ロゴス・ホープ号

DSC_0075_20140523223039a87.jpg

金沢港に来ている『ロゴス・ホープ号』が面白かったと職場の仲間が教えてくれたので、夕食後に車を走らせて行ってみました。
9時半まで公開しているらしいのですが、このときすでに9時近く。
なのに駐車場は車がいっぱい、船に乗り込んでいく人もまだまだたくさんいます。

外国船なので、乗船前にパスポートか運転免許証などを提示して、名前や住所を記帳する必要があるんですね!



DSC_0079_20140523223040e4d.jpg

50か国以上から集まった400人のボランティアの乗組員とたくさんの本を乗せて世界中をまわっているユニークな船。
貧困国にも良い本を安価で購入してもらい、知識と援助と希望を届ける というのが目的だそうです。
すごい数の美しい洋書と、日本語の本も僅かですがありました。


DSC_0084_2014052322304282b.jpg

興味を引くのはやっぱりこのコーナー^^



DSC_0086_20140523223043da0.jpg

インターナショナル・カフェは乗組員の方たちと自由におしゃべりできるコーナーとなっています。
外国に興味のある人、外国語を話してみたい人には楽しい場ですね。


こういう活動があること自体を初めて知り、珍しい体験をすることができました。

Comment

  • ミントベリー
  • URL
こんな素晴らしい船があるなんて

ねねさん、Blog見て感動してます。
教えて頂かなかったら、ロゴス・ホープ号の存在はずっと知らずにいたと思います。
今回長崎と金沢、日本へ初寄港なんですね。

すぐにネットで調べてみましたが、スタッフは皆ボランティアで最低2年は奉仕されるとのこと。
私がもっと若くて、最低英語だけでもきちんと話せたら、一度仕事をリアイアしてでも参加したいほどです。
仕事を終えて遅い時間なのに、ねねさんが行って下さったからこそ船内の実際の様子も見ることができました。私は本を読むのが好きですが、紙で作られた本というモノ自体も好きなので、本に囲まれた空間は憧れです。
美しい船の中にその空間があるんんてなんて素晴らしいんでしょう。

北海道にも小樽や苫小牧に港があり、たまに大型客船が入港して話題になることがあります。
いつの日かロゴス・ホープ号が北海道にも来てくれることを信じて心待ちにします(笑)。
出発前の忙しい中、Blogのアップそして私の方へのコメント本当にありがとうございました。

「ミントベリーさんにも見せてあげたい」と言うねねさんの気持ちを頂き、大げさに聞こえるかもしれませんが涙が出そうなほど嬉しかったです。これから何度も繰り返しこの船内の写真を見て幸せな気分になれそうです。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

驚きましたよね~!! こんな船が存在するなんて。
友人からこの話を聞いたとき、「ミントベリーさんなら必ず見に行かれるだろうな」ってすぐに思いました^^
広いスペースに本当にたくさんの本、しかも表紙の美しい本が多くて、どこの外国とも違う独特の雰囲気でした。
いつか北海道で見られたらいいですね~ きっと実現しますとも!
簡単な写真数枚なのによろこんでいただけて、私もとってもうれしいです☆

  • ゆめこ
  • URL
行ってらっしゃいませ!

ねねさん^^

こうしておふたりの会話を微笑ましく拝見でき、、私まで心が温かいです^^

勿論私など知る由もありませんが、、ねねさんのおかげで知ることができました。
ありがとうございました!!

いよいよですね。
英国の街を颯爽と歩いていらっしゃるねねさんを心の中で何度も何度も想像して
お帰りをお待ちしています。

どうかお気をつけて。。。
行ってらっしゃいませ。。。

  • ねね
  • URL
ゆめこさん

いつも温かい言葉をくださってありがとうございます^^
ユニークな船ですよね~、まだまだ私たちの知らないすてきなことがたくさんありますね☆

颯爽と・・・歩いて来たいと思います^^
おおきなあこがれ、ちいさなあこがれ、たくさん実現してきますね。

Leave a Reply