カフェ・ハーグ

ドイツ7日目。

IMG_1372.jpg

最終日です。
帰国の便は夜の9:10なので、夕方までゆっくり時間を使えます。

とうとう最後の朝食。 なのに、白ソーセージがないです。。
あれ好きだったなぁ~、また食べにミュンヘンに戻ってこよう!



IMG_1376.jpg

ミュンヘン滞在中、ホテルのゲストカードを使ってトラムを何度も利用したけれど、地下鉄に一度も乗っていなかったのです。
一回くらいは乗っておこうかと思い、中央駅から乗り場に向かいます。



IMG_1377.jpg

地下に下りてみたらドラッグストアがあって、デパートで買ったのと同じものが随分安く売られていました。
そしてここにもバイエルン・ミュンヘンのファンショップが。



IMG_1383.jpg

地下鉄はごく普通。



IMG_1387.jpg

Sendinger Torという駅で下車し、地上に出たところで完全に方向を失いました。
チェックアウトの時刻までにホテルに戻れればよいので、ここは当てもなくさまよってみることに。



IMG_1388.jpg

そのおかげでこんな城門を見ることができました。

観光客など誰もいないような裏道を歩いたり、地元の人が使う小さな商店に入ってみたり。



IMG_1398_20130715004041.jpg

レジデンツの横まで来ました。
このライオン像、楯に付いている紋章の部分を触ると願い事がかなうということらしいので、一応さわっておきます。
「またミュンヘンに来られますように」




IMG_1397.jpg

ライオン像の向かいにあるカフェ・ハーグ、ここはミュンヘン最古のカフェなのだそうです。



IMG_1402.jpg

素朴なお菓子がドイツらしい。 



IMG_1403.jpg

どっしりとしたおいしそうなケーキたち。
私は繊細なフランス菓子ももちろん好きですが、ドイツやオーストリアでよく見るホールのケーキを放射状にカットしたものにすごく魅力を感じるのです。



IMG_1404.jpg

ここにもやっぱりありますね、コート掛け。



IMG_1406.jpg

ドイツで必ず食べてみたかった「シュヴァルツヴァルター・キルシュ・トルテ」黒い森のケーキを注文しました。

日本にもあるけれど、本場のものはやっぱりおいしいわ~♪

念願がかなってうれしかったです^^



Theme: 海外旅行記
Genre: 旅行

Comment

  • ミントベリー
  • URL
ねねさん

私は帰国日は17時頃の空港バスに乗りました。せっかく時間があったのに、最後気力を絞ってチーズとパンを買った以外はホテルのベットにいたことが本当に悔やまれます。休めたから無事帰国できたと思わなければいけませんね。

パリのケーキは色彩と形にすごくこだわってますが、ドイツのケーキもいいですよね。ウィーンはドイツとパリの中間あたりのセンスでした。ケーキの上の写真を見ると、コートがたくさんかかっていて、女性の服装もまるで冬のようですが、どのくらいの気温でしたか?

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

ミントベリーさんがミュンヘンで体調を崩されたときは、パリで具合が悪くなった長女のことと重なって、帰国時にどんなおかげんだったのか本当に心配しました。
リベンジの順位にダルマイヤーが入っていることでもミントベリーさんの悔しさがわかりますよ。

気温はわからないけれど旅行中ずっと寒くて、山用に持って行ったヒートテックのスパッツは結局全日程はいていたのです^^;
軽めの服はしまいっぱなしで、一番暖かいカーディガンをほとんど毎日着るといった具合で、フランクフルトの夜なんて寒くて眠れないので大切なカーディガンを着たまま寝たのですよ~
暑すぎたミントベリーさんの時と正反対ですね。

  • ゆめこ
  • URL
街歩き♪

ほんとうに、お一人を憂いていらっしゃる時間など一秒とて無いご様子。。
街歩き、地下鉄にも乗られ、、カフェ、お店めぐり・・・
私も憧れの旅を共有させていただきました。


昭和51年に初めてアメリカに行った時、シスコとロスとメキシコ一部だったのですがずっとバスツアーで宿も変わっていきます。旅のメインはディズニーランドでした。私はどうしてもサンフランシスコでケーブルに乗りたくて、その日も全員がバスツアーに行きましたがその日だけホテルが同宿だったので夫とふたり、ツアーに参加せず、一日中街を歩き、ケーブルに乗り、ピザを食べ、マーケットや雑貨店などでお買いものして自由時間を満喫しました^^
勿論、旅の全日程、夢のように愉しめましたが、今も心に残るのはふたりで街を歩いたことなのです^^

  • ねね
  • URL
ゆめこさん

すてきな思い出☆
思い切って行動してみてよかったですね!
個人の旅は五感を働かせる必要があるから、記憶にも残るし感動も大きいのかなと思っています。

私もロサンゼルスとサンフランシスコに行きました。昭和53年だから、ゆめこさんたちの2年後ですね。
ケーブルカー、乗りました^^
世界一急な坂道(ロンバードストリート)で、後ろの車がスチューデントドライバー(仮免許の練習中)だったのが怖かった~
スリリングなことほど忘れられませんね^^;

Leave a Reply