あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

ツム・フランツィスカーナー

IMG_1341.jpg

マクシミリアン通りを歩いて行くと、前にトラムの中から見た憶えのあるお店が・・・



IMG_1340.jpg

「ツム・フランツィスカーナー」という自家製ビールを出すビアレストランです。
ガイドブックにも載っていたから安心かな?



IMG_1332.jpg

内部はとっても広くて、いくつもの部屋に分かれています。
どんどん入っていって、自分で好きな席に座ってよいとのこと。
重厚な内装の部屋が多い中、ここだけカジュアルな中庭風の装飾。 ここにしよう^^

ドイツに行って驚いたことのひとつに、犬のことがあります。
ドイツの飼い犬は幼少期に学校でしっかりとしつけられているので、トラムにも普通に連れて乗っていましたし、デパートや商店でも犬をよく見かけて驚きました。
そしてレストランですら、おりこうなワンちゃんたちは飼い主が食事している間足元でじっと座っているのです。
この時私のすぐ横にも一匹のシェパード(?)が座っていたんですよ。



IMG_1333.jpg

まずはミュンヘンに来たらヴァイスビア(白ビール)。 酵母を濾過していないため白濁しているのが特徴です。
醸造所がやっているレストランなので、新鮮なビールが飲めますね。
お味は・・・ ビールにそれほど詳しくないのでわかりませんが、とってもおいしかったです☆




IMG_1336.jpg

さてお料理ですが、本当は「シュバイネハクセ」という豚の骨付きすね肉の丸焼きを注文したつもりだったんです。
よく鋭いナイフを突き立てた状態で出てくるという極めてワイルドなバイエルン名物。

ところがもらったメニューが英語のものだったので、「これかな?」と思ったものを指して、「これはシュバイネハクセですか?」と聞いたら、そうだと答えたのでそれをオーダーしました。
結果出てきたのがこの写真の料理です。

あれ? と思いましたが、まあいいか、これがこの店のシュバイネハクセなのかもしれないし、と思うことにして食べました。
すっご~~くおいしい!!豚肉自体の味とパリパリの皮の食感、ビールを使って作ったというソースのコクのあるおいしさ、もっちもちのクヌーデル(じゃがいも団子)、ザワークラウトの何とも言えず旨みのある味、全部最高においしいのです☆

でも量が・・・
ドイツは欧米の中でも特に量が多いです。
そして豚の脂がきつくなってくる。。
ドイツのレストランって、お勘定のときに担当のウエイトレスさんが必ず「おいしかった?」と聞くのですね、私は残したけれど最高においしかったよと伝えたくて、「とてもとてもおいしかったです!」と感情を込めて言いました。



IMG_1339.jpg

歌劇場の前を通ったら、夕日に映えてこんなにきれいでした。
夜でも安心して歩ける日没が遅い夏、ヨーロッパは夏に限りますね~



IMG_1346.jpg

ショッピングセンター「フュンフ・ヘーフェ」。
お店はもう閉まっていますが、高級感溢れるそのウィンドーを見て歩くだけでも目の保養になります。



IMG_1348.jpg

ドイツにもこんなにモダンですてきな所があるのですね~
私のドイツ観が間違っていたことに気づきます^^;



IMG_1352.jpg

ミュンヘンのあちこちで見かけた「ベッテン・リート」という寝具やタオルなどを扱うお店。




IMG_1353.jpg


ヨーロッパのリネン類のすてきさにはいつも脱帽です。



IMG_1355.jpg

私の好きな「ファミリア」にちょっと似ている?



IMG_1357.jpg

また少し歩いて・・・   



IMG_1363.jpg

新市庁舎の方へ行ってみると・・・



IMG_1364.jpg

警察が大勢出てものものしい雰囲気です。
この日もミュンヘン・バイエルンのサポーターたちが大声を出しながら行進し、爆竹を鳴らすやら謎の煙をもくもく上げるやらで、マリエン広場周辺は大変な騒ぎだったのでした。

その様子をムービーで撮影していたら、うしろから「こんばんわ!」と声をかけられました。
今日ノイシュヴァンシュタイン城からの帰り道を一緒に歩いたCAの彼女です!
こんな所で逢うなんて☆ ホテルの方向が同じだから、歩きながらお話しましょう。



IMG_1369.jpg

ホテルを過ぎても話は尽きず、中央駅の中のバーで結局12時過ぎまで話し込んでしまいました。

飲んでいるのはドイツの若い人の間で流行しているというゼクト(スパークリングワイン)。
ビールもいいけど、ゼクトもいけますよ☆



Posted by 0ねね0 on  | 2 comments 

2 Comments

ミントベリー says...""
いいレストランに入れて良かったですね。海外での食事は一種賭けのような所があると思いませんか?
私もアイグナーの近くにあったリネンのお店に入って見ました。ヨーロッパはテーブルウエアも含め、布が日常の生活に自然に溶け込んでいると思います。

ローテンブルクのプレーンライン。カメラを構えると道路が二股に分かれていますよね、右側の道の方に気になるリネンのお店があり、そこでクッションカバーを同じ柄の色違いを4枚買いました。スーツケースの底に平らに収まるので持ち帰りも便利です。
2013.07.22 09:39 | URL | #zjBsg5MI [edit]
ねね says..."ミントベリーさん"
ついガイドブックを頼ってしまいますが、掲載してあるお店だからおいしいとは限らないし、そればかりでは面白くないしで、レストラン選びは難しいですね。

リネンのお店ってもしかして私の6月13日の日記最後の写真のお店ではないですか?でもこれはシュピタール門の近くだからプレーンラインの左側、やっぱり違いますかね。
ヨーロッパのデザインは日本のものとはひと味もふた味も違ってすてきなんですよね~
2013.07.22 12:35 | URL | #90WPSv.k [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。