あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

ノイシュヴァンシュタイン城

IMG_1229_20130709232227.jpg

オーバーアマガウを出発したら、いよいよ次はノイシュヴァンシュタイン城です。
ミントベリーさんに勧められたとおり左側の席を確保したので、お城がいつ現れてもいいようにカメラをスタンバイして前を注視^^



IMG_1236.jpg

あれです!!!
実際はもっと手前の位置からずっと小さく捉えることができたのですが、写真が良くないのでこちらを掲載しました。
遠くから見てもそれとわかる優美なフォルム。
ディズニーランドのお城のモデルなんですよね、わかるわ~



IMG_1240.jpg

バスはお城のふもとの町、ホーエンシュバンガウに入ってきました。
ガイドさんが人数分のチケットを購入してきてくれます。
ツアーガイドは並ばずに買うことができるようでしたが、一般の人たちはすごい行列で、チケットを買うにも相当時間がかかりそうです。



IMG_1246.jpg

ホテル・ミュラーの横でバスを降り、ここからは各自でお城を目指します。



IMG_1247.jpg

ここを少し登るとルートヴィヒ2世のもうひとつのお城 ホーエンシュヴァンガウ城があります。
時間のことが心配でこちらは端から諦めていたけれど、今考えると外観くらい見る時間は十分あったかも。



IMG_1248.jpg

とってもいいお天気。 昨日までの寒さが嘘のようです。



IMG_1249.jpg

お城への移動方法は3種類、徒歩か馬車かシャトルバス。



IMG_1252^

私は短時間で行けてラクなバスをチョイス。



IMG_1253.jpg

バスを降りたらそこから先は少し歩きます。
とは言っても、子供でも歩けるなだらかな坂ですし、まわりの景色がすばらしいので苦にはなりません。



IMG_1254^

わかりやすい案内板がありますし、ほとんどの人が同じ方向へ歩くので迷う心配は無用です。



IMG_1257^

最初のポイント、「マリエン橋」です。



IMG_1258_20130709232413.jpg

ものすごい数の人が吊橋にぎゅうぎゅう詰め・・・ ちゃんと毎日点検作業しているのかな?^^;

ちょっと怖いけど、この橋からの眺めが最高なんです。



IMG_1269.jpg

きゃ~!!!
ついにあの白鳥城をこの目で見たわ~




IMG_1274_20130709232418.jpg

背後に見える丘と湖、赤い屋根の村、それらがあってお城がいっそうすてきに見えるのですね~
晴天で本当によかった。



IMG_1265.jpg

背景がいいなぁ~。しっかりと目に焼き付けます。



IMG_1282.jpg

違う角度から。



IMG_1284_20130709232503.jpg

さっきのホーエンシュヴァンガウ城と、アイプ湖が見えます。



IMG_1289.jpg

お城の入口はもうすぐです。



IMG_1293.jpg

あのアーチをくぐると、



IMG_1296.jpg

中庭のような所に出ます。
ここで、チケットに印刷された指定の時刻まで待機です。

私はあまりにもさっさとここまで来てしまったので、売店で絵葉書を買ったりしてもまだまだ時間が余り、この場所で結構待つことになりました^^;



IMG_1299.jpg

中庭からさっきまでいたマリエン橋が見えます。
やっぱり怖い~
あんな所にどうやって橋を架けたのでしょうね。



IMG_1305_20130709232553.jpg

この画面に自分の番号が表示されたら、



IMG_1301^

階段を上っていよいよお城に入ります。

お城の中はルートヴィヒ2世の夢と理想を精一杯具現化したと言いましょうか、どこを見ても彼の苦悩が感じられて痛々しかったです。
せめてここに長く住まわせてあげたかったなぁ。
寝室が特に印象的で、ベッドの天蓋はまるで教会のようです。
その寝室でついに連行されてしまったくだりを聞いたときには、本当に彼がかわいそうでなりませんでした。
次の世では白鳥になれたかな。




お城の見学を終えたらバスの乗り場へ戻ります。
私は同じバスで来た日本人の母娘の方と一緒に歩いて下りました。
キャセイパシフィックのCAをされている娘さんもお母さまもすごく面白い方で、おしゃべりと森の景色を楽しんでいたら30分の道のりがあっという間でした。
実はこの日の夜、この彼女とミュンヘン市内でばったり再会することになるのでした。


Posted by 0ねね0 on  | 6 comments 

6 Comments

ミントベリー says..."素晴らしい!!"
ねねさんおめでとうございます。セガンティーニの不在も、ツークシュピッツエの吹雪きも取り返しましたね。こんな素晴らしい写真を見られたことは感激です。そして自分の目でこのお城を見たねねさんが羨ましい!
私は半分ネットで覆われている姿を見て、あまりにショックが大きく内部や全体の印象が少し薄れてしまってました。

マリエン橋は大混雑と写真を撮るのに必死で怖いとあまり感じなかったけれど、お城側から写真を撮るとものすごい場所にあるもんだと感心しますよね。いつまでも事故がないことを祈りたいです。

しつこいようですが何度見てもねねさんの写真は素晴らしい!南ドイツ旅行のハイライトと言う感じですね。
2013.07.17 13:46 | URL | #zjBsg5MI [edit]
ねね says..."ミントベリーさん"
ありがとうございます!
そうですね、不運を帳消しにできるくらいの素晴らしいお城の景色を見ることができてとっても幸せです。
ミントベリーさんが行かれたときは工事中で本当に残念でしたね。

内部はオーディオガイドのペースで進むのでせわしなかったけれど、私なりにルートヴィヒ様の悲しみを感じることができたかな?と思っています^^

リンダーホーフ城、オーバーアマガウも含め、このツアーは満足度が高いですね。個人で行くよりもずっといいですよね、ミントベリーさんの真似をしてよかったですw
2013.07.17 22:12 | URL | #90WPSv.k [edit]
ゆめこ says..."ほんと、素敵!!"
ねねさん^^

もう言葉が無いくらい引き込まれました。
どこでも目にするお城ですがねねさんのこの画像が今までで一番素晴らしいですv-10

というか、、ねねさんのお写真はどれもポストカードみたいv-352
どれも雰囲気が良くて温かいナチュラル感もあって。
いえ、こんな陳腐な表現は必要ないですね、ごめんなさい。

とにかく、、敬愛するミントベリーさんとねねさんのおかげで私もおふたりのポケットのなかに入り込んですべてこの目で見た気がして・・なんでしょうか、この満足感は^^

窓から遠くの山々を見てあの山の向こうに中世の街やお城があり湖があるって子供のように思うこともしばしばです^^
2013.07.18 09:13 | URL | #ie1gh9ZQ [edit]
ねね says..."ゆめこさん"
そ、そんな・・・褒めすぎですよ~
でもゆめこさんにお城の景色を楽しんでいただけてうれしいです。
この日はお天気がよくて遠くまで見渡せましたから、本当にラッキーでした。

私のほうこそ、今はご無沙汰になってしまったパッチワークや刺繍のすてきな作品を見せていただくだけで、自分も作っているような・・・とまでは言わないまでも(笑)、ときめく気持ちがよみがえってきて楽しませていただいています♪
2013.07.18 12:19 | URL | #90WPSv.k [edit]
ミントベリー says..."改めて"
また写真見てたらコメントしたくなりました。
何度もすみません。
改めてドイツって素晴らしい国ですよね。私とねねさんが見たドイツはまだほんの一部で、ケルン大聖堂やライン川、デュッセルドルフ、ブレーメン、ハンブルク、ベルリンにドレスデン。魅惑的な街がたくさんあり、次々制覇したいし他の国にも行きたいし。いつもこの悩みがつきません(贅沢病ですね)。

エジプトやギリシャは再訪はないかもしれませんが、ドイツだけは必ずまた訪れたい国です。
2013.07.18 21:03 | URL | #zjBsg5MI [edit]
ねね says..."ミントベリーさん"
同感です。
旅行直後は家族に「もう旅行はドイツだけでいいかも」と言っていたくらいドイツが大好きになって、他の都市も見てみたいという気持ちです。

でもやはり他の国にも魅力的な所がたくさんあるしで、本当に悩むところです。贅沢ですよね^^

年に一度、せいぜい8日間の休みをもらうのが精一杯なので、元気なうちにどこからまわったらいいか、優先順位を考えないと^^;
2013.07.18 22:10 | URL | #90WPSv.k [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。