マリエン広場周辺

IMG_0842_20130627225201.jpg

レジデンツを出ると、どこからか鐘の音が聞こえてきました。
「新市庁舎の鐘だ!」とピンときました。

レジデンツから新市庁舎は歩いてすぐなので、急ぎ足でマリエン広場に向かいます。



IMG_0846.jpg

仕掛け時計が動くのは一日3~4回だけなのです。
運よく待ち時間ゼロで見られました。

写真がまずくてよくわからないと思いますが、バイエルン大公の結婚式を表しているそうです。
下段はビールの樽を作る職人の踊り。
なんとこの人形たち、等身大 つまり人間と同じ大きさなのですよ!
ユーモラスな動きで楽しいパフォーマンスを見せてくれます。



IMG_0853.jpg

次は双子のような塔が特徴的な 「フラウエン教会」へ向かいます。



IMG_0860_20130627225207.jpg

すっきりした装飾と、ペンダント式の照明の形、そして礼拝堂の中ほどに吊り下げられた十字架が珍しいですね。



IMG_0863_20130627225208.jpg

この教会ができたときにこっそり見に来た「悪魔の足あと」。
ここに立つと教会の窓がひとつも見えません。 でも一歩前に出ると全ての窓が見えるという不思議なつくりになっているのです。



IMG_0867.jpg

次は「ミヒャエル教会」。


IMG_0868_20130627225250.jpg

ここの地下にはルートヴィヒ2世の棺が安置されているそうです。
が、日曜日なので公開はしていません。



IMG_0870_20130627225252.jpg

日曜の礼拝をしておられたので、見学はほどほどに。



IMG_0865.jpg

一部のレストランを除いて商店はすべてお休みです。
休みの日であってもショーウィンドーは照明が点けられていてとてもきれい。



IMG_1358.jpg

面白いのはバイエルンの民族衣装を売っているお店があちこちにあること。



IMG_1107.jpg

ちょっと着てみたい気持ち^^
日本に来た外国人が着物を見て興奮するのと同じ感覚?



IMG_0874_20130627225336.jpg

ビールのお祭りオクトーバー・フェストで、こういう衣装を着ていますよね。



IMG_0873_20130627225255.jpg

中には伝統を完全に崩しちゃってる系もあり^^;



IMG_0877.jpg

ひと休みしたいと思い、本場のバウムクーヘンやシュトーレンで有名な「クロイツカム」に行ってみました。
ガイドブックでは日曜営業ってなっていたのに・・・ 休みです。残念。



IMG_0884.jpg

ノイハウザー通りに戻ってこのレストランを見つけたので入ってみることにします。



IMG_0881.jpg

中は部屋がいくつもつながった広いビアホールでした。



IMG_0878_20130627225340.jpg

5ヶ国語で書かれているメニュー、観光地ですね~



IMG_0880_20130627225341.jpg

オーダーしたのはハンガリーのスープ、グヤーシュです。
ドイツでも一般的に食べられている料理なんですって。

おいしいスープと炭酸水で元気が回復。



IMG_0885_20130627225425.jpg

カールス広場に向かいましょう。

雨といっても霧雨で、パンツの裾が濡れることもないくらいの降り方です。
これくらいならよしとしなければなりませんね。



IMG_0886.jpg

ここからトラムに乗って次の場所に移動です。


Theme: 海外旅行記
Genre: 旅行

Comment

  • ミントベリー
  • URL

バイエルンの民族衣装は見ているだけで楽しいですね。
グリーンのジャケットの男性が写っている写真の衣装が、女性や子供も含めて色合いのセンスが一番ステキでした。

宗教で日曜日は安息日と言われますが、海外へ行くと一般のお店やスーパーの閉店時間も早いし、デパートも含め日曜日はお休みですね。日本は週末や深夜営業、お盆もお正月も営業している所が増えて、企業間の競争でありながら自分達の首を絞めてるように感じられます。24時間365日開店している意味ってあるんでしょうか?

海外へ行くと時間の正確さなど日本の良さも実感できるけれど、日本の不自然さや不要な物が多く目につくのは残念なことです。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

やっぱりあのウィンドーが一番センスいいですよね、ダルマイヤーの近くの高級そうなお店だったんですよ。
民族衣装着てオクトーバーフェストに行ってみたいけど、あれは彫りの深い西洋のお顔に似合う服ですね~

海外から見た日本、本当にヘンなことがいっぱいありますね。
残念なことだけど、これからもそう変わらないような気がします。
豊かさの考え方がまだ貧弱なのかな

Leave a Reply