ローテンブルク 町歩き

IMG_0292.jpg

シュネーバルでひと息ついたあとは、町の中をぶらぶらお散歩です。
きれいな町並みを眺めながら歩くのがこの町の一番の楽しみ方ですね。
ドイツで1,2を争う人気観光地だけあって、どこを見ても全部が美しいです!


IMG_0366.jpg

赤い建物がローターハーン。 かのヌッシュ市長が住んでいたお家です。



IMG_0368.jpg

その数件先にはバウマイスターハウスという 今はレストランになっている建物があります。
かつての建築主任の住まいだった所で、ローテンブルクの中でも特に美しいと言われているのだそうです。



IMG_0309.jpg

ミントベリーさんが宿泊されたホテルを発見☆



IMG_0311.jpg

ワインを一気飲みして市を救ったヌッシュ市長が目印になっているのですね。



IMG_0312.jpg

その前の通りにあった噴水。


IMG_0314.jpg

ほらねw


IMG_0234.jpg

旅行者が買いたくなるようなお土産ものを売っているお店もたくさんあって、見ているだけでも楽しいのですが実際ローテンブルクの思い出を家に持ち帰りたくていくつかのものを購入しました。



IMG_0288.jpg

テディベアの専門店がなぜか2軒あります。



IMG_0289.jpg

ショーウィンドーも中世風。



IMG_0239.jpg

マルクト広場にあるクリスマス用品の専門店。



IMG_0371.jpg

でも有名なのはこちらの方で、広場から少し下がった所にあります。



IMG_0370.jpg

クリスマス博物館とも呼ばれているとおり、奥に広い店内には想像を絶する種類の商品が。
一口にクリスマスと言ってもこんなにヴァリエーションがたくさんあるのかと感心してしまいます。
店内は撮影禁止、なので2周してしっかりこの目に焼き付けてきました^^


IMG_0293.jpg

静かな裏通りを住民気分で歩くのも好きです。



IMG_0359.jpg

シュピタール門。



IMG_0357.jpg

シュピタール門の近くを探検していたときに見つけた 変わった屋根のお家。
ユースホステルだそうです。


IMG_0360.jpg

このお店、とってもすてきでした。
ハンドメイドの刺繍製品がたくさん揃っていて、繊細な美しさに長いこと見入ってしまいました。

Theme: 海外旅行記
Genre: 旅行

Comment

  • ゆめこ
  • URL
街歩き♪

ローテンブルグの地図で公園や門などを確認しながら、何度も読ませていただきました^^
ミントベリーさんの時も同じでした^^
あの石畳を私も歩いているような錯覚♪

クリスマスのお店とかテディベアのお店も気になりますが
なかでも刺繍屋さんが気になるところです^^

1年前ローテンブルグからのポストカードをミントベリーさんからいただき、、改めてまた手に、眺めています^^

レポート、ほんとうに楽しいです、ありがとうございます!!

  • ねね
  • URL
ゆめこさん

楽しんでいただいてうれしいです。
してきたこと、見てきたこと、全部忘れたくなくて、だらだらと長いブログになりそうですが、お許しくださいね。

ゆめこさんもお嬢さんも刺繍をなさいますもんね、きっとこのお店から出てこられなくなっちゃうかもですよw
小さなジャムの瓶カバーから、大きいタペストリーまで、丁寧な手仕事とセンスのいい絵柄で本当に素晴らしかったです。
スーツケースと予算に余裕があればたくさんお買い物したいお店でした。

  • ミントベリー
  • URL

PC環境の整うのが19日夜の予定。まだ数日先だし、前回レディースデーにもらった半額券もあるしと、又出勤前にネットカフェに来てしまいました。2度目なので気持ちに余裕がありしっかり無料のドリンクなど頂いてます。

ねねさんの写真のコメント見てると、しっかり事前に勉強されていて関心してます。私なんてわぁ~キレイ!と見て歩いただけで、由緒ある建物も知らずに素通りしていました。調べるのはガイドブックなどですか?私も次にどこかいく時はもう少し知識を得てと反省です。

あのホテルをしばらくぶりに見て感激です。市庁舎からそれほど離れてないのに、人通りが少なくなり落ち着いた雰囲気ではなかったですか?猛暑でなければ、もう少しじっくり街の散策を楽しめたのにと思うとちょっぴり残念です。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

ホテル、すぐにわかりましたよ!
前でお茶している人がいたりして、とってもいい感じでした。
ブルク門にも近くて、おっしゃる通り落ち着いた雰囲気でした。

事前に読んだのは「歩き方」と「まっぷる」くらいなんですけど、ローテンブルクに関しては何か調べて検索しているときに偶然 ツアー添乗員用の資料みたいなものにヒットしまして、結構詳しくおもしろいことが書かれていたんですよ。

Leave a Reply