シュネーバル

IMG_0221.jpg

ホテルに荷物を置いたら早速ローテンブルクの町歩きに出かけます。
マルクス塔をくぐって、



IMG_0222.jpg

童話の中に迷い込んだような世界です。



IMG_0224.jpg

町の中心、マルクト広場。


IMG_0228.jpg

これは市庁舎。


IMG_0230.jpg

そしてこれが市参事宴会場。
ここにはからくり時計があって、有名なヌッシュ市長のワイン一気飲みの伝説が人形で現されるのです。
なのに悲しいかな、工事中。。
一縷の望みをかけて人形が現れる時刻に行ってみましたが、もちろん音すら鳴りませんでした・・・



IMG_0227.jpg

マルクト広場のまわりにはカフェやお土産屋さんが並んでいます。
夏のシーズンにはこのテラス席に、もっと沢山の椅子とテーブルが出されるようですよ。



IMG_0229.jpg

木組みの家が本当に美しくてうっとりしてしまいます。



IMG_0259.jpg

ローテンブルクで最も美しいと言われている プレーンライン。
絵になる構図ですね~



IMG_0254.jpg

プレーンラインの近くにカフェを見つけたので、ここでお昼をいただくことにします。



IMG_0255.jpg

なんと素晴らしい光景なんでしょう~~♪



IMG_0256.jpg

ここはやはりローテンブルク名物の「シュネーバル」を食べてみなくては。
雪の球(スノーボール)の意味で、町じゅう至る所で見かけるお菓子です。


IMG_0258.jpg

普通サイズだとソフトボールくらいもあるので、ミニサイズのものをオーダー。
薄くのばした生地に切り込みを入れてから丸い型にはめて油で揚げた伝統菓子です。
さくさくしていて油っこくもなく、軽く食べられます。
リング状のものは何だろうと思いながら注文してみたら、メレンゲ菓子のチョコがけでした。
甘すぎて食べきれずペーパーバッグをもらってお持ち帰りとなりました。


Theme: 海外旅行記
Genre: 旅行

Comment

  • ミントベリー
  • URL
からくり時計

ウィーンの小さな教会、プラハ、ミュンヘンでもからくり時計見て来ましたが、こちらのはものすごく残念に思うほどでもなかったですよ。でも海外での観光は一期一会の思いがあるので、工事中だと本当にがっかり。
黄金の小路とあのお城の工事はリベンジする日が来るまで深く胸の中で傷ついたままです(笑)。

シュネーバル。あの食感は日本で例えになるお菓子がないので、素朴なんですが表現難しいですよね。ケーキの写真はいつどのお店のを見てもステキ!
ただ時々くらっと眩暈がしそうな程甘いのがあり、サイズも大きくて食べきれないことがありますよね。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

実は帰国後、youtubeでからくり時計みました。それで十分かな^^

シュネーバルはあんなに町じゅうのお店で見かけるとは思っていませんでした。
普通サイズの巨大さにもびっくりでしたねw

Leave a Reply