レ・フィロゾフ

IMG_9776.jpg

パリ最終日。
この日は日曜日。 パリのお店はみ~んなお休みです。
でもこのマレ地区だけは別。
日曜を安息日としないユダヤ系などの人も多く住む街なのです。

帰国は夜8時の便なので、今日は夕方近くまでこのマレ地区で過ごします。



IMG_9803.jpg

おしゃれなカフェも多いこの地区で、お料理のおいしさがビストロ級との定評あるお店・・・・・



IMG_9765.jpg

それがここ、「レ・フィロゾフ」です。

木造りの建物がいい感じでしょう~
昔ながらのスタイルを守っている本当にパリらしいカフェなのだそうです。



IMG_9766.jpg

横の通りはこんなにも緑ゆたか。 落ち着きますね。



IMG_9779^

気持ちのよいテラス席がゲットできてうれしい♪

黒服に白エプロンのギャルソンがきびきび仕事するのを見るのも楽しいです。



IMG_9780.jpg

このお店の大人気メニュー 「トマトのタルト・タタン」。
パイ皮の中にぎっしりずっしりトマト!!
この味を表現する力がないのが残念なのですが、もう すばらしくおいしいの一言です☆

パンも丸々としていておいしそうでしょう。



IMG_9784.jpg

「オニオン・グラタン・スープ」。
平凡だけどきちんと料理してあってコクのあるおいしさです。

今回の旅は連日の夏日でのどが渇きレモネードを飲むことが多かったのですが、ほとんどのお店が瓶入りの市販品を出すだけでした。
ここのカフェではこのとおり、絞りたてのレモンで作った自家製です。
とってもおいしいです。



IMG_9787.jpg

「タラのお料理」。
写真ではわかりづらいと思いますがこのお魚、巨大です!!モニュメントバレーみたいです!
ソースがチリ風味+ココナッツミルクが入っているらしくておいしい~



IMG_9788.jpg

「鴨のコンフィ」。
皮ぱりぱりの中やわらか~ジューシーです。
添えられた甘めのソースは蜂蜜が入っているのでしょうか。



IMG_9785^

「哲学者」の店名のとおり、窓には哲学的なことが書かれているようです。

そして必見なのがお手洗い。
壁には哲学的な問いかけが書いてあり、哲学書が飾ってありました。


パリでおいしいものいろいろ食べたけれど、このレ・フィロゾフがわたし的には一番良かったなぁ~
特にトマトのタタンがね♪♪


Theme: 海外旅行記
Genre: 旅行

Comment

Leave a Reply