あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 0ねね0 on  | 

ヴァーツィ通り

IMG_8149.jpg
王宮の丘からバスでモスクワ・テールまで下り、そこから地下鉄で市内中心部まで戻ります。

ブダペストの地下鉄はロンドンに次いで世界で2番目にできたんですよ。

チケットは1回券、回数券などもあるのですが、乗り換えの感覚が日本と違うらしく(改札以外でも地面に引いた線をまたいだら乗り換えと見なされて罰金とか)ややこし過ぎるので、あまり乗らない私たちには割高になるけれど保険のつもりで一日券を購入しておきました。
バスやトラムも共通で使えます。

誰にもチェックされなかったプラハやウィーンとは違って、改札やエスカレーターの手前などに駅員さんがふたりずつ立っているので、チケットを見せながら通ります。
自動改札機を導入したほうがいいんじゃないの???




IMG_8150.jpg
すでに記憶があいまいになっているのですが・・・ デアーク広場駅で降りたんじゃなかったかな?
地上に出ると、立派な建物が並ぶ大通り!
オレンジのパラソルは、市内観光の2階建てバスの客引きです。




IMG_8151.jpg
市庁舎や中央郵便局が近いことからして、ビジネスの中心地なのかもしれませんね。
レストランやショップが点在し、人通りも多いです。
(写真の建物が何なのかは不明)




IMG_8152.jpg
道幅が広くてたくさんの車がびゅんびゅん。
抱いていたブダペストのイメージとかなり違い、大都会です。
(トラバンドという旧東ドイツの古い車が今でも走っていると聞いていたので。これ「走る棺おけ」と呼ばれていて、理由はダンボール製なので事故ると死亡率が高いから^^; 実際には一度も見ませんでした)




IMG_8155.jpg
いい加減な地図しか持っておらず現在地がいまいちわからない。




IMG_8156.jpg
でも素敵な街なので気持ちの赴くままに歩き、




IMG_8157.jpg
ハンガリーらしいものを売っているお店などのぞきつつ行きます。

娘はエキゾチックな柄のパシュミナのストールを激安価格で購入してご満悦。




IMG_8160.jpg
ウィーンの影響を受けて伝統的なカフェがたくさんあります。



IMG_8159.jpg
フランスやオーストリアのケーキはハンガリーが発祥なんだそうです。
ハンガリーのケーキは洗練される前の原型って感じ、庶民的で大きいのが特徴w



IMG_8162.jpg
こちらは別格でしょうね、「ジェルボー」。
シシィのお気に入りだったカフェです。 ケーキもおいしいらしい。
お腹がすいていなかったため素通りしてしまいましたが、雰囲気だけでも味わっておけばよかったなぁ。 



IMG_8164.jpg
ジェルボーの前は広場になっていて、ここを囲むようにすてきなお店がいくつかあったと思います。

ハンガリーで服を買う予定などなかったのに、日本にはまだないブランドのお店ですごくかわいいドレスやパンツを見つけてしまい購入。



IMG_8166.jpg
ジェルボー前から南へ伸びた通りがブダペストで一番にぎやかなショッピングストリート「ヴァーツィ通り」です。
高級店からみやげ物のお店までが軒を並べています。
ブダペストの「今」を感じることができる街ですね。




IMG_8165.jpg
その一角にある「アンナ・カフェー」には観光客らしき人がいっぱい。




IMG_8172.jpg
ヴァーツィ通りがエルジェーベト橋から宿泊先のホテルへ続く大通りと交わるところ。

この向かい側あたりに、7円のパンを買ったスーパーがあったのですよ~

(ちなみに、トラムに乗るために少し危険そうな橋の下を通ったのが、エルジェーベト橋だったのよ。→ 娘のための備忘録です^^;)


Category : 2010年 中欧
Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 

-4 Comments

玲小姐 says..."東欧"
というと、ゴスロリ(笑)が似合う土地、という印象でした(ゴスロリ的なもの実は大好きで・・・汗)が、とても明るくてすごしやすそうですね!って、みんながみんな、中世のような暗い雰囲気でくらしてるはずがあるわけないので(滝汗)
ちょっと行きづらいイメージがありましたが、印象が変わりました。
2010.10.02 15:13 | URL | #- [edit]
あた子 says...""
すてきな町歩きでしたね。いい加減な地図でも迷わずに戻ってこられるのがすごい。
ドレスやパンツの買い物は、個人旅行ならではですね。じっくり見て歩けばいいものが見つかりそう。
2010.10.03 23:59 | URL | #- [edit]
ねね says..."玲小姐さん"
そうなんです、意外なほど明るくて暮らしやすそうなので私もびっくりしました。
廃墟みたいになった建物がほったらかしになっているのも目にしましたけどね。
そういうちょっと陰を含んだところがまた魅力的なんですよ。
玲さんも絶対気に入るはずです^^
2010.10.04 00:49 | URL | #90WPSv.k [edit]
ねね says..."あた子さん"
日本で買うガイドブックの地図って、細かい部分まではわからないものばかりですよね。
建物も大きいものしか載せていないから、どの角で曲がればいいのかとかわかりづらい。

洋服は、日本にはちょっとないような色や柄のものがあってすてきでしたよ。
2010.10.04 00:56 | URL | #90WPSv.k [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。