王宮の丘

IMG_8032.jpg
モスクワ・テールから乗ったバスは坂道をぐいぐい登り、狭い通りに並んだかわいらしい家々に見とれているうちに王宮の門をくぐったようで、目的地の「三位一体広場」を過ぎてしまいました。
次のバス停で降りたところがここです。

とりあえず人の流れについて行ってみます。




IMG_8037.jpg
見晴らしの良い所に出ました。




IMG_8034.jpg
ブダペストはドナウ川を挟んで、王宮の丘のあるブダ地区と、国会議事堂や繁華街のあるペスト地区に分かれています。

ここから見えるのはブダの丘の高級住宅地。 美しいお屋敷がたくさんあるそうですよ。




IMG_8041.jpg
王宮の丘は、広大な敷地に変化に富んだ眺めや建物がたくさんあって、とっても楽しかったです!




IMG_8050.jpg





IMG_8046.jpg
これがブダ王宮です。
オスマン・トルコ軍との戦い、2度の世界大戦、火災など約700年の間に5~6回の大打撃を受けて崩壊と再建を繰り返し、現在の形になったのは1950年なんだそうです。

この丸屋根を中心にした優美な姿が、昨夜ドナウ川沿いから見たあの王宮なのですね~





IMG_8043.jpg
ほら、見下ろすとくさり橋とペスト側の街が見えます。
橋の右側の船は、昨夜食事をしたレストランかな?(他にも船があったので定かではありません)




IMG_8044.jpg
左に目をやると国会議事堂が。
これは後ほどベストポジションからもう一度見ましょう。




IMG_8069.jpg
なんと、ここでアーチェリー場を発見!
アメリカの高校でアーチェリーがとっても得意だった私(本当ですよw)、やらずに通り過ぎることはできません(笑)
腕前はボロボロだったけど楽しかった~♪




IMG_8071.jpg
なにしろ広くてきれい。
比べるのもなんですが、プラハ城よりずっと大規模です。




IMG_8073.jpg
お土産もののお店もたくさんあり、絵はがきを買って王宮内の郵便局で投函しました。




IMG_8084.jpg
この日はと~っても軽い朝食だったのでお腹がぺこぺこです。
一番最初に目に入ったレストランに入ります(笑)

中と外、どっちにする?と尋ねられて、もちろん外。
このときかなり日差しが強かったようで、まともに日光を浴びていた娘は腕や首おまけに唇まで日焼けしてひりひりすることになるのでした!




IMG_8090.jpg
「パプリカを使ったものはハンガリー料理で、使っていないものはハンガリー以外の料理」と言われるくらい、パプリカが多用されるお国柄です。
ガイドブックにもよく登場するパプリカチキンをオーダーしてみました。
辛い唐辛子と違って甘みのあるパプリカの粉なので、マイルドでなかなかおいしいです。

付け合せのガルシュカは、細かいニョッキといった感じ。(私と娘は ちねり と呼んでいましたw)
まさかと思うくらい量が多くて食べきれず。

娘のピッツァは、オーダーしてから粉をこね始めたのではないかと思うくらい待たされました(笑)
味は・・・ ハンガリーではハンガリー料理を食べるのがおすすめです^^;




IMG_8119.jpg
「漁夫の砦」と呼ばれている展望台へとやってきました。
かつて城壁を守ったのが漁師だったことに由来する名前だそうです。

白い砦は、中世の城壁を利用して造られています。




IMG_8103.jpg
騎馬像は、ハンガリーの初代国王 聖イシュトヴァーン。

漁夫の砦は絶好のビュースポットです。
抜け目がないことに、砦の一階部分がカフェ&レストランになっていて、そこを利用すれば絶景がゆったりと楽しめるというわけ。




IMG_8116.jpg
カフェを利用しなくても、国会議事堂が眺められます!
たくさんの尖塔が華麗ですね~




IMG_8107^^
さてここで入場券を購入して向かったのが、




IMG_8094.jpg
「マーチャーシュー教会」です。
美しい屋根はジョルナイ陶器のモザイクです。

トルコ軍の侵略時にはモスクに改築され、軍の撤退後はカトリック教会に戻されました。




IMG_8129.jpg
フランツ・ヨーゼフ1世とエリザベート皇妃(ハンガリーではエルジェベトと呼ばれるそうです)の戴冠式はここで行われたんですよ。
この日のためにリストが「ハンガリー戴冠ミサ曲」を作曲して、自ら指揮をとったんですって。




IMG_8136.jpg
教会の前が「三位一体広場」で、そこに立つのが「三位一体の像」。
ペストの終焉を記念して、魔除けのために建造されました。




IMG_8144.jpg
城壁の中にはこういう普通の住宅みたいな建物もたくさんありました。
人が生活しているのかな?
とってもかわいらしい家並みですよね。




IMG_8147.jpg
本当にすばらしい王宮の丘。
ハンガリーは波乱に満ちた歴史をたどってきましたが、独特の文化や誇り高い民族意識を育んだとも言えるんですね~


Theme: ヨーロッパ旅行記
Genre: 旅行

Comment

  • あた子
  • URL

はぁ~(ためいき)
次から次へと美しい建物が・・・
最初の不安はどこへやらといった街ですね。
城壁の中の町並みが、シンプルなくせに可愛くて、ヨーロッパの他の国とは違った味わいがありますね。

  • ミントベリー
  • URL

国会議事堂、マーチャーシュー教会、くさり橋、どれも本当に素晴らしいですね。
チェコとはちょっと雰囲気が違うなぁというのが写真から伝わってきます。ハンガリーへ行ったのは正解でしたネ!

ウィーンにもペストが終息した記念塔がありましたが、当時は本当に恐ろしい病気だったことが伺い知れますね。

  • ねね
  • URL
あた子さん

不思議な魅力がありました。少し東洋的な雰囲気を併せ持っているのでしょうか。
じろじろ見られるのにも慣れてきて、気をつけていれば大丈夫とわかり、どんどんこの国の素敵さにはまって行きました^^

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

正解でした!(笑)
チェコやオーストリアとはかなり趣が異なるので、ミントベリーさんもぜひ一度旅行なさって~

ペストは本当に大変な数の死者を出したのですね。
塔を建てた人々の切なる願いを感じます。

Leave a Reply