マヨーリカハウス&ナッシュマルクト

IMG_7902.jpg
ホテル・クンマーで迎えた2回目の朝。
階段を下りて朝食ルームへ向かいます。




IMG_7899.jpg
今日もしっかりいただきますよ~
ハム類もチーズもパンも、とってもおいしいんですもん!!




IMG_7907.jpg
朝のマリア・ヒルファー通り。

妹家族や次女のためにウィーンでお土産を買いたかったのに、少しのお菓子くらいしか買っていなかったので、この日は朝からこの通りの商店を物色して歩きました。
自分用に小さなヴァイオリンの置物も購入。




IMG_7911.jpg
昨夜カレー・ヴルストを食べたインビスだ~




IMG_7912.jpg
一旦ホテルに戻ってチェックアウトし、スーツケースを預かってもらってまた外出。
大通りから一本入ると、落ち着いた住宅街のような佇まいです。





IMG_7915.jpg
壁一面に美しい花が描かれたこの建物は「マヨリカハウス」、その右隣は金色のメダルがほどこされた「メダイヨンハウス」、どちらもウィーンのアールヌーボーを代表する建築家、オットー・ヴァーグナーの作品です。

1890年完成ですから、今年で120年。
マジョリカ焼きのタイルで描いた花の色は鮮やかなままですね。

このふたつの建物、普通のアパートメントハウスとして現在も使われているんだそうです。




IMG_7926.jpg
マヨリカハウスのすぐ向かい側からカールスプラッツ駅近くまで続く大きな市場が、「ナッシュ・マルクト」です。





IMG_7927.jpg
野菜、肉、魚、パンやお菓子、チーズ、スパイスなどなど、食材がとっても豊富に揃っていて、見て歩くだけでとっても楽しいです。
特に5月のこの季節限定のお楽しみが、太~いシュパーゲル(ホワイトアスパラガス)。
これを絶対に食べたいと思っていたのに、ついに食べずじまいで帰国してしまったのでした(涙)。




IMG_7924.jpg
ひときわ目を引いたのが、見たこともないお惣菜の数々!!
とってもエキゾチックです~~
材料が何なのか、どんな味がするのか、想像すらできないもの多数(驚!)




IMG_7930.jpg
ここにはレストランもたくさんあります。
驚いたことに日本食のお店も3軒くらいあって、現地の人たちが器用にお箸を使ってお寿司やうどんなどを食べていましたよ。
思っている以上に、日本の味が一般的になってきていることを実感しました。


ナッシュマルクトはそれほど期待していなかったのでざっと見るだけに終わってしまったのですが、珍しいものがたくさんあったので、お腹をすかせて行ったらよかったなぁ~と後悔。。
少しずつお惣菜を買って、ワインと一緒にホテルで食べるというのも楽しかったかも。
できればもう一度行ってみたい市場です。
Theme: ヨーロッパ旅行記
Genre: 旅行

Comment

  • ミントベリー
  • URL

マヨリカハウスは行く事ができなかった場所です。
改めて写真で見るとやはり個性的ですね。

海外の市場ではパンか少量の果物しか買う事ができず、新鮮で彩り鮮やかな野菜を目にすると、毎回日本に持ち帰りたいという気持ちになります。
旬のホワイトアスパラは美味しいですよね。
北海道でもいい状態の物はなかなか手に入りません。

  • あた子
  • URL

朝からしっかり食べて、しっかり歩いて・・・めいっぱい旅を楽しんでますね~
花柄とかメダル柄とか、こんな建物が周囲に調和するウのがィーンという街ですか。
市場はどこの市場でもおもしろいですね。あの珍しい野菜や果物を持って帰れないのが残念です。お総菜なら食べられたのに、惜しかったですね。

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

マヨリカハウスもメダリオンハウスも、個性がありながら街に似合っているんですよ。
ウィーンって面白いですね。

いろんな国の市場を見ましたが、ここは見たこともないものがあるという理由で、みごと上位にランクインしました(笑)

  • ねね
  • URL
あた子さん

主人いわく、私は旅行に出ると「ものすごく元気になる」らしいです(笑) 普段の100倍くらい歩けます(笑)

お惣菜、思い切って買ってみればよかったなぁ。
少量ずつ買えるかどうかわからなかったし、暑い中持ち歩くのが心配だったし、空腹でもなかったので、面倒になってしまったのでした。(結局面倒くさがり^^;)

Leave a Reply