美術史美術館

IMG_7873^
国会議事堂からリンク沿いに少し南下した所にあるのが「マリア・テレジア広場」です。
この像、巨大です!


この翌日、方向を見失った私たちはマリア・テレジア像を遠くに見つけて、「像があちらを向いているから現在地はこのあたり」と推測することができたのですが、娘が「時間によってぐるりと回転する像だったらどうする?」と言うので大笑い(笑)
(地下鉄の駅がとっても広くて、出口を間違えるととんでもない所に出て迷子状態になるのです)


広場の入り口付近には中世風の衣装に外巻きカールのかつらをつけてモーツァルト風に仮装した人たちがコンサートのチケットを売っていて、日本語で話しかけてきます。
そこを通るたびに声をかけられるのは面倒臭かったです(苦笑)。





IMG_7871.jpg
マリア・テレジア広場を挟んで向かい合わせに建つそっくりなふたつの博物館のうち、美術史美術館を見学します。

パリのルーブル、マドリッドのプラドと並ぶヨーロッパ三大美術館のひとつだそうです。




IMG_7876^
建物自体が美術品! 





IMG_7878^
エントランスを入ったところの大階段。
この両側に展示室が広がっています。
ルーブルやバチカン美術館の複雑な造りに比べて非常に単純でわかりやすく、ほぼ全部の部屋を見ることができました。




IMG_7889_20100716221847.jpg
最も有名なのはブリューゲルのコレクションで、教科書や写真で見たことのある作品が次々と現れます。

「バベルの塔」。




IMG_7890_20100716221847.jpg
同じくブリューゲルの「雪中の狩人」。


ブリューゲルのほかにはルーベンス、ラファエロ、クラナッハ、フェルメールなどの巨匠の名画があります。


迫力ある大作で溢れているのですが牧歌的なものやハッピーな絵は少なく、暗くて恐ろしいモチーフのものが大半でびっくり!
生首だけでもいくつ見たことか・・・
(今しらべたところによると、どうやら生首の絵は旧約聖書のユディト記をモチーフにしたもののようです)





IMG_7884_20100716221846.jpg
ハプスブルク家の人々の肖像画もたくさんあります。

ヴェラスケスによる王女マルガリータの連作。




IMG_7886_20100716221846.jpg
何代にも渡って近親結婚を繰り返した結果ものすごく濃い血になってしまって、若くして亡くなってしまう悲劇のお姫様です。



美術館の中で、模写している人を何人か見かけました。
描きかけの絵に覆いをかけて、絵の具の木箱ごと展示室の隅に置いて帰ったらしき状況も見ました。
芸術家を育てる環境っていうのかな、面白いなと感じました。




IMG_7883^^^
美術史博物館の見所のひとつと言っていいでしょう、建物中央にあるカフェ「ゲルストナー」です。
それはそれはゴージャスで美しいカフェです!

丸い囲いの下は玄関ロビーから吹き抜けになっていて、その上は大聖堂のような丸天蓋です。

ゲルストナーといえばオペラ座のホワイエにも出店している老舗カフェですね。 商売上手かなw

Theme: ヨーロッパ旅行記
Genre: 旅行

Comment

  • あた子
  • URL

ほんとだ~ 教科書作品のオンパレードですね。
美術史美術館というのは、学術的な研究も兼ねているからですか?
広場に巨大な建造物があるのは、便利ですね。こちらだと、松山城になるかな。市内どこからでも見えて、位置が把握しやすいんですよ。

  • 玲小姐
  • URL
おおっ~

わたしでも知っている作品ばかりです=。現代絵画はいまひとつよくわからないので(苦笑)、こういう作品のほうが好きです。

  • ねね
  • URL
あた子さん

現在はウィーン大学に属しているんだそうです。

ウィーンの建物は大きくて、どれも白やグレーのクラシカルなデザインだから、最初は見分けるのが難しかったです。
慣れると特徴をつかむことができるようになったり、銅像なども目印になるんですよねw

  • ねね
  • URL
玲小姐さん

わたしもこういう作品のほうが好きw
でもここの美術館、ラインナップが変わっているというか、音楽でいうと長調が少なくて短調がずら~って感じ。しかも流血もの多し。なんでかな??

  • ミントベリー
  • URL

この美術館は写真OKだし係の方もあまりいなくて「大丈夫?」と心配になるほどでした。
アルチンボルドーの絵は楽しくて印象に残ってます。

この美術館は大き過ぎない所がいいですよね。
滞在中2回行って来ました。1回目は気持ちが舞い上がっているので、2回目に行くと「これあった?」という作品もあったりして、気持ちに余裕を持って観賞できるんです。

トラムも変わっていたなんて知りませんでした。
変化は早いですネ。

  • オリエンタル
  • URL

御無沙汰で~す。

カフェは凄くゴージャスですね。
こんな所で優雅にコーヒーでも飲みたいですね。
値段もゴージャスなのかな?

  • ねね
  • URL
ミントベリーさん

アルチンボルド、野菜や果物で顔を描く画家ですね。
緻密な絵の細部をじっくりと見ましたよ~
私たちはたしか閉館2時間前くらいに行ったのですが、人が少なくて好きなように見てまわれました。
もう一度行く機会があればまた違う印象を受けるのかもしれないですね。

  • ねね
  • URL
BKKさん

お元気でしたか~?
ユーロ安もあって、カフェの値段はそれほど高くないんですよ。
ケーキも大きいし(笑)

Leave a Reply