コッツウォルズの村

さてさて、シェイクスピアの生家を見たあと再びバスで向かったのが、「コッツウォルズ地方」。

美しい丘陵地に点在するかわいらしい村々、そこに生活する人々の穏やかな暮らし。


e318.jpg

コッツウォルズ一番の魅力は、このハチミツ色の家!

これは村特産のライムストーンと呼ばれる石灰岩の色です。
温かみのあるこの家並みを見たくて大勢の人が押し寄せているといった感じ。

では しばしかわいらしい家々をお楽しみください^^



e319.jpg



e322.jpg


e320.jpg

3月はまだ樹木もこのとおりでしたが、今ごろは味わいのある木陰ができ、窓辺にはたくさんの花が溢れているんじゃないかな~



e329.jpg

コッツウォルズの村のひとつ、「バーフォード」でバスを降り、自由に散策する時間がもらえました。

街道沿いに商店が並んだ、村のメインストリート。
かなりの田舎なのに、この車の数を見てください!
すっかり観光地になっちゃってるんですね。(しょうがないか、自分も来てるんだし^^;)


とってもすてきなのが、坂道を下った更にむこうに急な丘のてっぺんが見えること!!
ちょっと不思議な景色だと思いませんか?




e327.jpg

この商店街は、ほとんどが地元住民が日常的に使うお店。
お鍋やお皿などキッチン雑貨のお店、お花屋さん、文房具屋さん、駄菓子屋さん、洋服屋さん・・・
素朴な暮らしがうかがえます。



e332.jpg

あそこまでのぼってみたいけど、時間がありません。



e324.jpg

お昼はこの村のパブでいただくことになっていました。
申し出ればグループを離れて食べに行くことも可能ですが、ほとんどの人がこのパブランチを選択。

ステーキパイと 野菜のラザニアから選べるので、私も娘もステーキパイを注文。
エール(ビール)で煮込んだ牛肉にサクサクのパイが乗っかっています。

野菜のラザニアもたっぷりのサラダが添えられていてなかなかおいしそうでした。



e326.jpg

デザートはバニラプディング。 フルーツケーキにカスタードをかけたもののことです。
これに紅茶が付いて10ポンドだったかな?


このとき、今度中学校にあがるという坊や&そのお母さんと同じテーブルになりました。
中国の大連に駐在なさっているご家族で、春休みを利用して母子旅をしていらっしゃるんだということでした。

日本人学校のこと、受験を考えたときの不安、不況で帰国する社員が増えていることなどいろいろ話してくださいました。大変そうですね。


IMG_6447.jpg

文房具屋さんで厳選した絵はがきを日本で留守番の主人に。
季節的にぴったりの一枚を見つけたでしょう!?

Theme: イギリス旅行
Genre: 旅行

Comment

見たことがあります。 安野光正の「旅の絵本」にでてくる村や町そっくり。「旅の絵本」はイギリスの田舎をモデルにしたんですよね。車ではなく馬車が走ったらいいような雰囲気ですね。

  • 玲小姐
  • URL
いかにも

イギリスって場所ですね~。ヨーロッパの田舎も、国によってやはり雰囲気が違いますね。
でも、車の数がなんとも(笑)。日本の田舎の観光地(妻籠とか)みたいに車入村規制したほうがいいかも?

  • ぶじこ
  • URL
残念!!

ラザニアの画像も見たかった~
うちの親子は欲張りと言うか、貧乏性と言うか、なので、絶対みんなが違うものをオーダーして、味見(つまみ食い)し合います(笑)

交通渋滞については、例のイギリス人のミュージシャン友が前に、古いものがあってとても素晴らしい所であっても、排気ガスがオゥフルとか言ってました。
英語がよくわからんのが問題ですが(汗)

バニラプティングおいしそーーーーー!!!!

  • ねね
  • URL
あた子さん

羊がいる丘を安野光正風に描きたいと思ってたくさん写真を撮ったんですよ。バスからですからイマイチ^^;
馬車、合うでしょうね~

  • ねね
  • URL
玲小姐さん

横断するのが怖いほどの車の量で、スピードもけっこう出すんですよね~ 信号とか横断歩道とか作ったら台無しですしね。
パークアンド馬車ライドとか^^ 馬の落し物がまたやっかいかw

  • ねね
  • URL
ぶじこちゃん

うちのほうが貧乏性、ステーキと野菜?当然お肉でしょう!ってチョイスだからw ステーキって代物じゃなかったけどww
バニラプディング、プリン好きさんとしては試してみたい?
排気ガスがawfulね、そんな感じでしたよ。

Leave a Reply