あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 0ねね0 on  | 

ブラウンズでアフタヌーンティー

e141.jpg

イギリスへ行ったならやってみたいこと、本場のアフタヌーンティー!
街のカフェやデパートでもできるけど、どうせなら一番と言われる所でいただいてみたい。

ここ 「Brown's Hotel」 は、アフタヌーンティー発祥のホテル、「アフタヌーンティーならブラウンズ」と言われるほど人気も格式もあるのだそうです。
何度もトップ・ロンドン・アフタヌーンティー アワードに輝き、今年も1位を受賞しています。

2ヶ月くらい前に予約を入れておいたのですが、その時点で週末はほぼ満席という状態でした。



e142_20090715170822.jpg

少し早く着いたので、ここで5分ほど待ちました。
気分はすでに淑女^^ 
(わざわざホテルに戻って乗馬用の服からスカートに着替えてきたのよ~)



e156.jpg

広いドローイングルーム、ピアノの生演奏が静かに流れます。

イギリス人とて毎日こんなことをしているわけではなく、とっておきの贅沢として一流ホテルのアフタヌーンティーを楽しむそうです。
たとえば母の日のプレゼントとして母娘で訪れるとか。(後日日本人ガイドさんから聞いた話です)


実はドーチェスターやクラリッジズ、サヴォイ、リッツなども評判いいみたいで、予約のとき少し迷いました。
最後はこの座り心地よさそうな椅子でやっぱりブラウンズに決めたんですよ^^ (ネットで見た限り、他のホテルはダイニングの椅子みたいな硬そうでまっすぐな椅子だった)

数箇所ある暖炉の前の席を希望しましたが あいにく空いていませんでした。




e155^

あこがれの3段トレーがやってきました♪
食器はウエッジウッドのオリジナルですよ。

紅茶はいろんな種類があって、私はBrown's blend、娘はダージリンを。
(ハーブティーや東方美人茶なんかもあるんですよ)
イギリスの紅茶は本当においしい! 水が紅茶に適しているんだそうですね。


サンドイッチはスモークサーモン、トマトとクリームチーズ、きゅうり、卵とスプラウト、ハム だったかな?
パンもトマト入り、ハーブ入りなど具と相性がいいようにしてあります。
サンドイッチが終わって次スコーンに行こうかなと思っていたら 「サンドイッチのおかわりはいかがですか?」 




e149-.jpg

スコーンはやわらかめ、濃厚なクロテッドクリームとジャムがすご~~くおいしい!!!
でももうお腹が・・・
食べたいのに結局1個ずつしか食べられず。
サンドイッチを全部食べたのは痛恨のミスでした。。。


プティフールは当然?すごく甘いです。
チョコレートのマカロン、レモンタルト、アーモンドケーキ、ルバーブとヨーグルトのデザート、スパイスケーキ。
全部味を思い出すことできます(笑)

娘はフォークの先でつついたくらいしか食べず、さすがの私もだいぶ残してしまいました。
もちろん、希望すればスコーンもケーキも何度でもおかわりできるそうです^^;




e157.jpg

まだお皿の上にはケーキやスコーンがたくさん残っているというのに、別のケーキを載せたワゴンを引いて来て、「いかがですか?」って。
これが、ヴィクトリア女王が愛してやまなかったという 「ヴィクトリア・ケーキ」なんですよ。



e158.jpg

食べてみるしかないっしょ~(笑)

これがことのほかおいしかった!!
一番と言っていいかも。 頑張ってよかった~w


すご~く優雅な2時間あまり。
これでふたりで70ポンド。 チップ入れたら1万2000円を超えます。 我が家の感覚では 「高~っ!」
でも行ってよかった~ 大満足。




e159.jpg

ホテルを出るともう日が暮れかかっていました。



e160.jpg

教会の鐘の音が聞こえてきて、ロマンチックで幸せな気分でした~

Posted by 0ねね0 on  | 11 comments 

-11 Comments

玲小姐 says..."お茶で"
5000円を超えるのは確かに痛いっ!(笑)
でも、イギリス行ったら、これやるしかないですよね!

サヴォイ、リッツ、クラリッジスは聞いたことがありましたが、ブラウンズは、寡聞にして知りませんでした(汗)。女王さまのお好みは、案外シンプルなんですね~。やっぱり、シンプルなお菓子のほうが飽きないもんね。
2009.07.15 20:31 | URL | #- [edit]
あた子 says..."12000円"
すごい! 田舎ではフランス料理のフルコースが食べられますよ。出てきたスィーツを見る限り、それに近いものはあると思いましたね。 お昼ご飯抜きで行かなければ。でもすばらしく優雅なひとときだったんですね。
2009.07.16 00:08 | URL | #- [edit]
オリエンタルBKK says...""
ん~確かに高いけど
味と雰囲気が満足できたならいいのでは・・・
淑女さんはガツガツ食べてはいけませんよ~
(^^)

夕暮れの街並み、素晴らしいですね~
2009.07.17 17:28 | URL | #- [edit]
ねね says..."玲小姐さん"
イギリス行ったらこれ外せないでしょ~
ブラウンズは緊張するほどゴージャスってわけじゃなく寛げる雰囲気でサービスも温かく、おすすめです。
見た限りではどのテーブルも必ずどこかの壁ぎわ(または暖炉前)になるように配置されていて、それが落ち着くポイントなのかな。
2009.07.17 21:27 | URL | #90WPSv.k [edit]
ねね says..."あた子さん"
普段ならしない贅沢ですよ。
せっかく旅費を使ってロンドンまで行ったので、あこがれていることなるべくたくさんやろうと思って^^
旅先での2時間をお茶に使うこと自体、私には贅沢なことです(笑)
2009.07.17 21:33 | URL | #90WPSv.k [edit]
ねね says..."BKKさん"
そうそう、あくまでも淑女らしくね(笑)
本場でアフタヌーンティーができたという思い出、一生忘れないステキな思い出です。これのために旅をするのですよね。
街並み、いいでしょう。鐘の音が入ったムービーも撮ったのですが、載せ方がわかりません。。
2009.07.17 21:39 | URL | #90WPSv.k [edit]
ぶじこ says..."3段トレー"
これ憧れる~!!!

でも高級そうで緊張しそうやし、スウィーツよりも酒場の方が私にはむいているかも…

そういや、この間ちょっと感じのいいアジアンカフェに行った時、近くでお茶していたリッチなマダームたちの会話の内容が聞こえて来て、病気やけがや、インプラントや、健康の話ばっかりでわろた。

現実、こんな贅沢な場所に行ったとして、どんな会話したらええんか、想像しただけで、本気で悩んでしまいます。
2009.07.18 21:59 | URL | #- [edit]
ねね says..."ぶじこちゃん"
あはは~
インプラントの話とか、わかるわぁ^^;
オールセラミックとかメタルボンドとか、先輩ミセスの話を聞いて「お金貯めとかなきゃ」って学習するのよ(笑)
英国マダムたちも3段トレーを挟んで、案外似たような話してるのかも~
2009.07.18 22:52 | URL | #90WPSv.k [edit]
takumama1101 says..."素敵♪"
”お茶する”なんてカジュアルな感じではなく、
本当に淑女になって優雅にお茶を愉しむという感じですよね。
お値段もそれなり・・・ですが
でもその価値はとってもありますよね。
う~~~んホントにステキ♪
2009.07.24 14:33 | URL | #EBoX69MQ [edit]
ねね says..."takumamaさん"
3段トレーに憧れていたので、夢がかないました^^
旅行のときは値段に目をつぶって機会を逃さないというのも大事ですもんね。
takumamaさんもいろんなカフェやレストランで楽しまれていますよね!
そうそう、このあとフランスのパン屋さん「PAUL」にも出会いましたよ♪
2009.07.24 22:24 | URL | #90WPSv.k [edit]
Mai says..."はじめまして☆"
ブラウンズ・ホテルのアフタヌーンティで検索しておじゃましました。
イギリス旅行記、詳しく書かれていて、写真もキレイでとても楽しませていただきました。

一つお尋ねしたいのですが、
ここのホテルでの、「暖炉の前の席を希望」というのは、どうやってリクエストされましたか?
もしよろしければ、英語での表現をおしえていただけないでしょうか。
また、リクエストへの返事(暖炉の前の席は不可)というのは、
事前にもらえたのでしょうか?

実は、以前ここで予約していったにも関らず、
入り口に近い落ち着かない席になってしまい、
全然楽しめなかったのです。。。
2010.02.16 00:24 | URL | #tHX44QXM [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。