あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 0ねね0 on  | 

大英博物館

e30.jpg

ギリシャ神殿のような威風堂々とした外観、ここが年間700万人を超える人々が訪れる大英博物館なんですね!

驚いたことにロンドンの公立ミュージアムのほとんどは入場無料です。
世界最大規模といわれる大英博物館も例外ではありません。

今や当然のようになった手荷物X線検査もないんですよ。
まるでデパートにでも入るような感覚ですーっと入場できちゃいます。



e34.jpg

入り口を進むとまず広がるのがこのガラスのファサード、「グレート・コート」です。

中央の円筒形部分がマルクスが30年通いつめて資本論を書き上げたという「リーディングルーム」。
南方熊楠もここで53冊ものノートをとったんだそうですよ。
この時は特別展が催されていました。



e39.jpg

大英博物館といえばエジプト関連の展示物が有名ですよね。
ミイラもあるということは知っていましたが、あんなにたくさんあるとは・・・!!!



e41.jpg

そしてそれらは結構生々しかったりします。



e44.jpg

写真撮影も、フラッシュさえもOK。
ミイラの写真を撮りまくる人だらけですw



e45.jpg

壁画もこんなに色あざやかに残っているんですね。
古代にも絵の上手な人がいたんだなぁって妙に感心しますw



e49.jpg

ハープ奏者の娘はやっぱりこれに興味あり。



e54.jpg

こちらはライブラリー。



e55.jpg

すごくたくさん展示室があるので全部まわるのは諦め、エジプト、ギリシア、ローマのみを見ることにします。



e61.jpg

ロゼッタストーンは必見ということで、見逃したらどうしようと思っていたのですが、そんな心配は無用でした。
人がいっぱいで、皆さん熱心に写真を撮っているからすぐにわかります。

団体さんが去ったあとでやっと撮った一枚^^;
でもちゃっかり日本語ガイドさんの話を一緒に聞かせていただきました(笑)




e60.jpg

楕円で囲まれた文字がファラオの名前だと気づいたことが解読のきっかけとなって、エジプト文明の歴史が次々と明らかにされていったんですって。すごいですね~!




e62.jpg

世界史の勉強をあんまりやっていない私と次女にとっては はっきり言って猫に小判。
本当の価値やすごさはわかっていません。
でも本物、貴重なものを直に見るってやっぱり興奮するんですね。
命とか美とか争いとか、永遠のテーマなんだなぁと感じます。




e65.jpg

天窓を通して見える空がこんなに暗くなりました。

階段を上ったところにはカフェとレストランがあります。(ちょっと上って見てきました^^)
手ごろでなかなかおいしいと評判らしいですよ~


Posted by 0ねね0 on  | 6 comments 

-6 Comments

玲小姐 says..."ロゼッタストーン"
国語の教科書で読みました。その頃は、エジプト考古学、真剣にやりたいと思ってました。

うちの息子も、大英博物館ではミイラの写真ばかりです(苦笑)。たたられないか?

お義父さま、穏やかに送ってさしあげてくださいね。
2009.06.04 20:47 | URL | #- [edit]
あた子 says...""
明け方にコメントいただいて、どうしたのかなと思っておりました。覚悟のお別れなんですね。ねねさんのお体も大切に。
大英博物館、すごいところですねえ。ほんとに世界史を勉強してから見たら感動もひとしおでしょう。
2009.06.05 10:15 | URL | #- [edit]
ねね says..."玲小姐さん"
息子さんもミイラを撮りまくったひとりでしたか(笑)
現存するミイラって数体しかないと勝手なイメージを持っていたので、何十体も展示してあるのにまずびっくりでした。
猫など動物のミイラもあったし。
2009.06.06 20:33 | URL | #90WPSv.k [edit]
ねね says..."あた子さん"
立派に見送ってあげることくらいしか、してあげられることがなくなってしまいました。

大英博物館、興味ある人ならどれだけ時間があっても足りないんだろうなと思いますね。
2009.06.06 20:55 | URL | #90WPSv.k [edit]
ぶじこ says..."おぉぉ!!ミイラ~"
ミイラの作り方が詳細に描かれた絵本があったぶじこ宅です。

やはり、ここですよ。
私が死ぬまでに訪れたい美術館・博物館のベスト3に大英博物館が入ってるのは、これがあるからですねぇ。

しかし、大学の時大好きやった先生(オックスフォード卒なんでかなりのイギリス通の女性)が
「ミイラって言っても元は生きていた人間、こんな所でさらしものにされてるのは心が痛む。やっぱりエジプトへ戻してあげて欲しい。」
と言いました。
そんな発想はなかったので驚いたとともに、この先生の優しさに、ますます大好きになりました。

でも、私が行ったら、写真を撮りまくり、みんなに見せびらかします(笑)

「わすれられないおくりもの」
はお義父さんのことやったんかなぁ??
ママや素敵な家族の温かい気持ちでお見送りされたら、長いトンネルでも、きっとさびしい思いはしないはずですよ!!
2009.06.07 23:07 | URL | #- [edit]
ねね says..."ぶじこちゃん"
ぶじこちゃんとこにはミイラの作り方の絵本まであるのね、さすがだ~笑
たしかに自分の体をじろじろ見られたらって考えるといい気はしませんね。
ご本人にとっては不本意なのかもしれないですね。
でもこれ見たとき、結構ぐっとくるものがあったんですよ~
見る人によっていろんなメッセージを感じるのかも。
2009.06.11 21:11 | URL | #90WPSv.k [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。