サンタンジェロ城&ランチ

IMG_5271.jpg

バチカンの表参道。
広々として美しい通りです。

お土産物屋さんが何軒もあるので、美術館が混雑していて買えなかった人も同じような物をゲットするチャンスありです。

ローマ観光の2階建てバスツアーの重要拠点でもあるので、しきりに呼び込みをしていました。
たぶん3社くらいが似たり寄ったりのサービスをしているんだと思いますが、24時間乗り降り自由、数カ国語のイヤホンガイドが付いた循環バスです。
主な観光名所の近くに停留所を作ってあることと、10~15分間隔で発車しているので土地に不案内な者にとっては便利な存在。

ほんとは昨日これを利用して、手っ取り早く有名どころをまわろうかと考えていたのでした。
思いがけないデモのために計画変更となりましたが。(徒歩のほうが楽しかったので結果オーライ)




IMG_5273.jpg

バチカンから歩いてすぐ見えてくるのが、



IMG_5275.jpg

「サン・タンジェロ城」 です。

139年ハドリアヌス帝の霊廟として造られたものを、後に要塞や牢獄などに使い回してきた建物です。
サン・ピエトロ大聖堂と秘密の通路でつながっていて、緊急時の教皇の避難場所でもあったのだそうです。
現在は博物館になっています。



IMG_5272.jpg

カラフルで楽しげな屋台でしょう。
パンやピザも売っていますね。
ガイドブックによれば、観光地のまわりの屋台は高くてまずいとのことなんですけど、どうなんでしょうね~?



IMG_5288.jpg

サン・タンジェロ橋からサン・タンジェロ城を見たところ。
天使の像はベルニーニの作品です。(ローマって、いたる所にベルニーニの彫像あり!)

玲小姐さんが教えてくださった来月公開の映画 「天使と悪魔」、あの「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズの第2弾なんですけど、今回の舞台はバチカン。 サン・タンジェロ城も出てくるみたい。

オフィシャルサイトをみたらすごく面白そう!
これは「ダ・ヴィンチ・コード」から観るっきゃないでしょ ということで、今さらながらDVDを借りて観ましたよ~パパとふたりで^^
「天使と悪魔」への期待が高まってます♪



IMG_5293.jpg

さて、屋台のパンを食べたいのをぐっと我慢したのでお腹がペコペコです。
このあたり、食べる所ならいくらでもありそうです。

それにしてもイタリアの方たち、よっぽど屋外でご飯を食べるのがお好きなようですね。
狭い道でもこのとおり。 横を車がブーンと通ってもお構いなしです。



IMG_5294_20090425093030.jpg

お客さんがたくさん入ってて、明るい雰囲気で、ローマに来たら絶対に食べてみたいと思っていたあの料理があるレストランはないかな~?



IMG_5295.jpg

ここはなかなか良さそうな予感。



IMG_5297.jpg

外にメニューが貼ってあって、値段も書いてあるので安心です。
店の中にも席があるけど、ここはやっぱり屋外がいいですよね~



IMG_5298.jpg

主人はビール、私は練習してきたイタリア語で 「ヴィーノロッソ ペルファヴォーレ」って言ってみました。
ちゃんと一度で通じましたよ^^

お店の人、「ボナペティ」って言ってくれました。 いい言葉ですよね。



IMG_5299.jpg

パンに白トリュフのペーストを塗った 「クロスティーニ」。これおいしい~!



IMG_5301.jpg

ローマで食べたかったもの、それはこの 「カルボナーラ」です。

ローマはカルボナーラ発祥の地。 
そして、聞くところによると、日本のカルボナーラは生クリームを加えて作るところが根本的に間違っているんだとか!(あれはあれで大好きなんですけど・・)

本場の、生クリームなしのカルボナーラ、本当においしかったです!!
卵とゆで汁が乳化していてクリームのよう。
パンチェッタもさすがにいい味だしてます。



IMG_5303.jpg

こちらも日本ではなかなか食べられない、「ブカティーニ」のアマトリチャーナ。
うどんくらいの太さのパスタなんですが、中心に穴があいているんです。
マカロニのロングバージョンみたいなもの。

これは正直なところ、いまいちでした。。
まず太すぎてフォークにからめられない。しかもソースがからみにくい。
からみづらいヤツなのでしたw




Comment

  • あた子
  • URL
サン・タンジェロ城

 中世の雰囲気を残していてわくわくしますねえ。
 本場のカルボナーラ、おいしそう。わたしは生クリームの入った日本のカルボナーラはあまり好みではないのですけれど。
 ダ・ヴィンチ・コードはいち早く(評判になる前・すごいでしょ?)本で読みました。キリスト教についての知識があればもっとおもしろいだろうなと思ったのですが、続編があったとはね。本も出てるのでしょうか。

  • オリエンタルBKK
  • URL

カルボナーラ、濃厚そうで旨そうですね、
本場では生クリームを使わないのですね~
我が家でたまに作り時は、粉チーズと
生クリームをふんだんに使い超濃厚にします。(^^)

  • 玲小姐
  • URL
カルボナーラ

そうなんだ!
卵だけなんだ!へ~!

イタリアは、どのレベルのお店でも、美味しいのでは?と想像しています。気候もいいところだし、お外での食事が気持ちいいカモね!

「天使と悪魔」は「ダヴィンチコード」の原作と一緒に、息子の友達から借りて読みました、ワタシは「天使と悪魔」のほうが断然おもしろかったです!

  • ねね
  • URL
あた子さん

評判になる前に読まれたんですか!
私は母に借りたんですけど、結局読まずじまい^^;
私も聖書をちょこっと勉強しただけですけど、教会関係者がこの作品に強く反発したのももっともな内容でしたね~
玲さんが「天使と悪魔」の原作も読まれたそうですよ。

  • ねね
  • URL
BKKさん

BKKさんと同じく、うちも生クリームとチーズたっぷりの超濃厚カルボナーラです~
しかも隠し味に「こぶ茶」まで入れるんですよ(笑)

  • ねね
  • URL
玲小姐さん

パルミジャーノがたっぷりなせいか、まるで生クリームが入っているような濃厚さなんですよ。
外で食べると味が3割増しくらいに感じますね^^
「ダヴィンチコード」なぜか敬遠していたけど、みたら面白かったです。パリもロンドンも出てきたし(笑)
「天使と悪魔」も楽しみです~

Leave a Reply