フォロ・ロマーノ&トレビの泉

IMG_4931.jpg

いかにも! なローマ観光は続きます~

コロッセオから歩いてすぐの場所に 「フォロ・ロマーノ」があります。
紀元前6世紀に建設が始まったというんですよ!

この建物は 「アントニヌスとファウスティーノの神殿」。
表面をおおっていた大理石はコロッセオ同様、バチカンなどの聖堂を建てるときに持っていかれてしまいました。



IMG_4940.jpg

「フォロ」とは公共広場を表す言葉で、ここは古代ローマの政治、宗教、商取引の中心地。
歴代の皇帝たちが権力を誇示するために建てた建造物が数々残る遺跡です。

基礎だけになっているものが多いのですが、当時は堂々とした建物が立ち並んでいたのですね。

政治演説が開かれる際には 大勢の市民が集ったのだそうです。



IMG_4933.jpg

これは紀元203年建造の 「セヴェルスの凱旋門」。
東方遠征の戦勝と即位10周年を記念したものだそうです。
 


IMG_4939.jpg

前回コロッセオの上から見た凱旋門とはまた別物です。(あちらは コンスタンティヌス帝の凱旋門)

そしてこのフォロロマーノにはもうひとつ、「ティトゥスの凱旋門」というのがあって、そっちがローマ最古の凱旋門なのですが、写真を撮らなかったようなんですよね^^;




IMG_4936.jpg

「元老院」。最高会議が行われていた フォロ・ロマーノの中枢。
ただしこの建物は20世紀に復元されたものです。

そして 元老院といえばカエサルが暗殺された場所ですよね。
「ブルータス おまえもか」の あの場所ですよ。



IMG_4942.jpg

中央を走る「聖なる道」では 凱旋パレードが行われていたんですって。

紀元前6世紀にはすでに 下水道まで整備されていたそうですよ!!

現在も発掘と修復は続いているようで、多くの人が作業なさっていました。


IMG_4941_2.jpg

恥ずかしながら、歴史には興味なしで~すと言い訳してちゃんと勉強したこともなかったのですが、せっかく旅行で訪れる場所くらいは下調べしてみるか と思って本やネットで予習していくうちに、今までとは違った感情が・・・

知っていたほうが楽しめることってたくさんありますね。
こんなに貴重な遺跡さえ、興味を持たなかったらただの発掘現場ですもんね^^;




IMG_4956.jpg

さて、フォロ・ロマーノをあとにして、次の目的地に向かいます。

観光客向けの馬車が通っていきました。
昔ハワイでこういうの乗ったことあります。 気持ちいいような恥ずかしいような。



IMG_4964.jpg

主人は例によって地図とにらめっこし、最短ルートを見つけたようで、地元民しか知らないんじゃないかと思う不思議な道を通ります。



IMG_4970.jpg

だんだん不安になってきた頃、



IMG_4973.jpg

通りを抜けたら突然現れました、「トレビの泉」!!

なんかイタリアの名所って唐突に現れる感じです。
日本だったら、清水寺でもどこでも お土産屋さんの前を通って 人もだんだん増えてきて、そろそろ近いぞ っていう予感があるでしょ、そういうのがイタリアにはない気がします。

すごいものが日常的に溢れている感じが魅力なんだなぁ~



IMG_4982.jpg

トレビの泉は想像していたより大きいです!
中央の海神ポセイドン像なんて巨大。
人も多くてざわざわしているんですけど、なぜか居心地の良い所でした~
しばらくぼーっと眺めていましたよ。(歩き疲れたせいかもしれないけど 笑)
もちろんコインも投げ入れましたよ^^


ところで、このトレビの泉の彫刻は、宮殿のようなファサードになっているのですが、ある建物の側面なんですね。
窓がたくさんあるでしょう、あのひとつのカーテンが揺れて 中に人がいるのが見えました。
帰国後調べてみましたら、水を管理する機械室だとか、国立の学校なんだとか、実際のところはよくわかりませんでした。

Comment

  • 玲小姐
  • URL
日本で言ったら

たとえば、平城京が、マンマ、地上に残っている!なんてものですよね。すごいよ~。ワタシ、遺跡が大好きなので(考古学やってるくらいですから当然ですが)、こう言う場所に立つと、絶対に鳥肌が立ってしまいます!

  • ぶじこ
  • URL
………

歴史が本当に理解できてないので、「ブルータス おまえもか」なんて言われたら、「す、すみません、ぶじこもなんです。」ってついつい言ってしまいそうなのですが、、、

妹が(たぶんあた子も)塩野七生が大好きで、たくさん読んでいます。「この人はねぇ、本当に面白いんよ!!グルメやし~」って絶賛してました。(私は一冊も読んでないのですが…)

「トレビの泉」と言ったら、数年前、泉の清掃を請けている業者のおっさんが、泉にたまった硬貨を横領していた事件を一番に思い出して、ちょっと自己嫌悪。。
もっと素敵にロマンティックに生きたいわぁ。。

  • あた子
  • URL
見所がありすぎ?

 ついつい写真を撮るの忘れてしまうのでしょう? ねねさんも、遺跡を多く見て、すばらしい風景が当たり前になりつつあるのでは? 考えてみればローマの人は毎日古代と接しているのですね。
 確かに歴史を知っているのといないのとでは、感動の大きさも違うと思います。 ローマへ行くときは塩野七生を読むことにします。多少は読んでいるのですけれど、近頃忘れっぽくて・・・

  • ねね
  • URL
玲小姐さん

勉強の度合いが深いほど楽しみの度合いも深いと思いますね。
これは玲さんのブログを読んでいてもよく感じること。
フォロ・ロマーノ、玲さんなら時間をた~っぷりとる必要ありそうですね。

  • ねね
  • URL
ぶじこちゃん

いえいえ、ぶじこちゃんの知性は隠しきれていませんよ~
塩野七生ってグルメなのね、ちょっと興味わいてきた(笑)
たぶん挑戦しないと思うけど^^;
泉の中にコインた~くさん見えましたよ!

  • ねね
  • URL
あた子さん

あんなに遺跡が残っているからイタリアには地震がないのかと思ったら、そうじゃないみたいですね。
塩野七生お好きなんですね。
水彩画教室の仲間が、ローマへ行くなら「ローマ人の物語」を読んだらいいって教えてくれたんですけど、ちらっと見て難しそうだったんで敬遠してしまいました~^^;

Leave a Reply