あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 0ねね0 on  | 

コロッセオ

IMG_4859.jpg

たくさん歩いてのどが乾いた~ コーラでも飲みたい。
歩道にビニールの囲いをして ストーブを焚いている店があったので入ってみました。



IMG_4861.jpg

おなかもすいてきたので、ここでランチもすませてしまいますか。

同じように見えますが、ひとつはほうれん草のラビオリ、もうひとつはリコッタチーズのカネロニです。
味はほとんど一緒(苦笑)

ここは失敗。 作り置きをチンしただけのようです。
イタリアの食堂にもハズレはあります。。
有名観光地の周りは要注意らしいです。



IMG_4867.jpg

だいぶ近づいてきましたよ。 迫力あるなぁ~

お土産やパニーニの屋台が並ぶ広場を抜けると、



IMG_4881.jpg

おお!! ついにコロッセオとご対面。 しみじみ感動・・・

紀元72年着工ですって、気が遠くなります。


IMG_4883.jpg

ここを入った所にチケットブースがあります。
10分ほど並んで無事入場。



IMG_4908.jpg



IMG_4910.jpg

5万人収容の競技場は、1階が大理石張りの貴賓席、2階が庶民の木製席、3階は立ち見席だったそうです。

中央の迷路のように見える部分は剣闘士や猛獣、囚人を収容していた地下で、現在は床が損失しているので一望できます。

床といえば、流れ出た血を吸わせるために砂がまかれ、床板を外して砂を捨て、また新しい砂をまいて次の試合をしたんだそうですよ。


IMG_4912.jpg

ここで300年以上もの間 剣闘士と猛獣 あるいは剣闘士同士の血生臭い試合が行われていたんですね・・・
市民の娯楽、そして政治への不満や生活の苦しさを抱える民衆の目をそらすという目的もあったのですよね。

霊感の強い人なら何かを感じてもおかしくないような場所なのに、今ではここで結婚式をするイタリア人もいるんですよ (外の広場でだと思いますが、なんで・・?)



IMG_4922.jpg

私はといえば、ここで記念撮影するときににっこりスマイルしてはいけないような気がして、複雑な表情の写真ばかりです^^;

でも当時のローマの建築技術の素晴らしさには素直に感動しますね~



IMG_4901.jpg

猛獣が入れられていた檻かな?
試合の前は何日間もエサを与えられずに 一層獰猛になっていたので、人間が勝つことはほぼ不可能だったんですって。



IMG_4920.jpg

彫像がたくさん展示されているスペースがあります。
昔はコロッセオの外を向くような格好でアーチの下にたくさんの彫像が置かれていたのですが、今はそれを取り外してしまっているのですね。

中世にここが石切り場となってしまい、切り取った大理石でサンピエトロ大聖堂などを建てたということですから、そのときにでも外したのでしょうか?


IMG_4915.jpg

コロッセオの上からの眺めがきれいでした。
凱旋門もいいアングルで見えました。



IMG_4924.jpg

見学を終えて外に出る頃には すばらしい青空!!
コロッセオの堂々とした姿、しっかり目に焼き付けましたよ~!!

Posted by 0ねね0 on  | 8 comments 

-8 Comments

あた子 says..."コロッセオ"
 こうしていろいろな角度から見せていただくと、迫力ありますねえ。そしてこれが血なまぐさい闘技場だったことがよくわかりました。すばらしい建造物だとは思いますが、自分の楽しみのために動物や人を争わせるのは大嫌いです。ですから闘犬や闘牛は例え殺さない試合でもいやですね。もし、スペインへ行ったとしても見ないと思います。
2009.04.02 01:30 | URL | #- [edit]
ぶじこ says..."コロッセオ~"
ラッセル・クロウの「グラディエーター」 の舞台??
何となく観たけど、なんか嫌やったなぁ…

でも、このような血なまぐさい史跡は、もちろん 大好きなので、イタリアへ行くチャンスがあれば、必ず見てきます!!
2009.04.02 21:54 | URL | #- [edit]
ぽっくんママ says...""
これだけ古い建物が現存していることがまるで奇蹟のようですね、
血なまぐさい場所は遺跡には欠かせない物だと思いますが
ここはかなり強烈ですねぇ、でも・・・いつか行きたいと思える
オーラがあります。
不思議だけど南米のマチュピチュの一部分にも、とても似ている雰囲気が
あると思いました。
2009.04.03 12:55 | URL | #z.Jczy7U [edit]
オリエンタルBKK says...""
ここでそんな事が行われていたのですね~
でも伝統のある行事だけに当時は
もの凄い活気があったのでしょうね~
一番下の写真素晴らしいですね~
良い絵が描けそうじゃないですか(^^)
2009.04.04 06:32 | URL | #- [edit]
ねね says..."あた子さん"
そうなんですよね、残酷なことをしたもんです。
政府のマインドコントロールだったらしいですが。
建物自体はだいぶ破壊されているとはいえ 想像していた以上の迫力でした。
2009.04.04 10:00 | URL | #90WPSv.k [edit]
ねね says..."ぶじこちゃん"
そうそう、私はみていないけど 嫌な感じでしょうねぇ。
何かこのところ古代ローマブームなの?
塩野七生の本も売れているらしいし。
ローマへ行く前に読んでみようと手に取ったけれど、めちゃくちゃ長い(15巻。。)のであっさりあきらめました^^;
2009.04.04 10:07 | URL | #90WPSv.k [edit]
ねね says..."ぽっくんママさん"
マチュピチュを見てこられたんですもんね~、あそこも不幸な歴史の現場なんでしたよね?
考えてみればどんな場所でも歴史をたどれば生々しいことが全く出てこないってことはないのでしょうかね。
2009.04.04 10:14 | URL | #90WPSv.k [edit]
ねね says..."BKKさん"
熱狂が毎日続いたそうですよ、人間って残酷な面を持っているんですねぇ。
旅行の絵は頑張っていますよ、ただしうまくいかないんですよね~難しいです。
2009.04.04 10:19 | URL | #90WPSv.k [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。