ドゥオモ

ミケランジェロ広場からの眺望を楽しんだ私たちは、再び13番の市バスに乗ります。


バスは途中から小学生でいっぱいになりました。
たぶんインターナショナルスクールに通う駐在員の子供たちなのかな、どの子もアメリカンイングリッシュでおしゃべりしていたもの。



中央駅まで戻り、ここからは徒歩でチェントロ (中心部のこと。英語で言うところの center) を観光します。
フィレンツェの市街地は狭く、主要スポットはドゥオモを中心に半径500メートルほどの中に点在しているので、歩いてまわるのが一般的。
ただしヨーロッパの特徴、ごつごつの石畳なので クッションの良い靴は必須アイテムです。



「屋根のない博物館」 と表現されるほど歴史的・芸術的価値のあるものにあふれていて、街自体が世界遺産にも指定されているんですね。


まずは街の象徴、 「サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会」 の 「ドゥオモ」 を目指します。


IMG_4601.jpg

教会の近くまで来て驚きました! 土産物の屋台がずら~~~~~り!!
バンコクのプラトゥーナムマーケットみたいです!!

(イタリアには薬局が多い と書いたのを憶えていますか?ほら、ここにもあるでしょう)



IMG_4604.jpg

半分はフィレンツェ名産の革製品の店です。 バッグやジャケット、ベルト、財布・・・

あとは、ショールやマフラー、お土産物など。




IMG_4611.jpg

屋台の人ごみを抜けると ありました!!
「ルネッサ~ンス!!」 ですね(笑)


白、緑、ピンクの大理石で幾何学模様を作った壮麗な外観。
1296年から 140年の歳月をかけて完成したんだそうです。



IMG_4614.jpg

装飾があまりにすばらしくて、のけぞって見とれていました~
きっと口があいていたと思います^^


「花の聖母教会」というだけあって、聖人と花の彫刻とで埋め尽くされているみたい。



IMG_4629.jpg

「ジョットの鐘楼」。 1359年に完成しました。
塔の高さは約84メートル。
今でも時を告げる鐘を鳴らし続けているんですよ。 いい音です!!




IMG_4609.jpg

奥に見えるドーム屋根が、「ドゥオモのクーポラ 」(ドーム天井)です!!
「冷静と情熱のあいだ」で、順正とあおいが再会を約束する場所が、あのクーポラの上なんですよね。
建築当時、これだけの高さのドームを作るっていうのは、相当ものすごいチャレンジだったそうです。


手前の八角形の建物は、「サン・ジョバンニ洗礼堂」。
フィレンツェの守護神 聖ジョバンニに捧げるために建てられました。


(ここにもまた薬局がありますよ~)



IMG_4615.jpg

洗礼堂にある東の扉は、公募で選ばれたギベルティの作品で、ミケランジェロが 「天国の門」 と絶賛したのだそうです。
旧約聖書の10のシーンが描かれています。



コピー ~ IMG_4615 (2)

右側上から3つ目のパネルの左下 (写真では左中央の丸の中) に、作者の自画像があるんですよ。
イタリアの美術作品には、作者が登場するものがけっこうあるようですね、このあと美術館でもいくつか見かけました!(ヒッチコックみたい)

Comment

  • あた子
  • URL

どの建物もきれいですね~。行きたくなりました。お土産物屋さんの屋台も楽しそうです。革のバッグ、カラフルでたのしいです。わたしなら中の構造までしげしげとかんさつしてしまうかも。

  • ぽっくんママ
  • URL
こんな素敵な建物は

やっぱり口を開けて見とれてしまうのがよく分かりますね~、
なんという素晴らしさ、これは生きている間に絶対に見に行かねばと
思ってしまいました。

  • 玲小姐
  • URL
あっとうされますね~

モノを食べる気もうせるというのが、納得です!

140年がかりですか~。ヨーロッパ(特に南欧?)はじっくりじっくり取り組むのですかね。ガウディの教会も、まだ建築中だし。

  • オリエンタルBKK
  • URL
似てる!!

ホントだ、タイの屋台みたいですね~
陳列の仕方もそっくり!
タイに行くファランも多いから
そこからヒントを得たのかな?

  • ねね
  • URL
あた子さん

本当にたくさんたくさん 革のバッグがありました!!!
あた子さんのこと考えましたもん(笑)
価格と品質が適正なのか、私は見る目がないので買えませんでしたが。

  • ねね
  • URL
ぽっくんママさん

本物は写真よりはるかに大きく感じます。
イタリア行くなら首を鍛えて行ったほうがいいですよ~
見上げたり見下ろしたり 忙しい旅でした(笑)

  • ねね
  • URL
玲小姐さん

イタリアの建築物や美術品を見て圧倒されてしまって、自分が無意味な人間に感じたり気分が落ち込んだりする、なんとか症候群?とかいうのになる人もいるそうですよ!

  • ねね
  • URL
BKKさん

そっくりでしょう?!
活気ある雰囲気もバンコクみたい。
気取った感じの街に突如屋台村が現れたから ほんとに驚きました。

  • ぶじこ
  • URL
建築物の

歴史の重みがすごいですねぇ~!
さすがヨーロッパ!!
近くでみるとピンクがかわいいし♪

  • ねね
  • URL
ぶじこちゃん

街じゅうが宝の山ですね。
惜しげもなく見せてくれてるって感じました。
ピンクとグリーンと白の組み合わせの建物って日本じゃ考えられないよね~

Leave a Reply