さよならベネチア

IMG_4306.jpg

ベネチアとさよならする朝がきました。

すてきだった街の様子をしっかりと憶えておきたい。



IMG_4362.jpg

帰ったら自分で撮った写真をもとに たくさん絵を描こう!

ベネチアでやりたかったことは ひとつを除いて全部実現できました。

できなかったひとつとは・・・ ここの人たちが毎晩のように訪れる ワイン居酒屋のことを バーカロとよぶのだそうですが、「地元民に混じって立ち飲みで一杯」 がやってみたかった~
これのために(?)本島に宿をとったのに(笑) 疲れたからもういいや~ ってことになりました^^;



IMG_4467.jpg

静かな朝の海に整然と並ぶゴンドラの美しいこと!

この写真を見て友人が驚きの声をあげました。
彼らが行ったときより 1メートルくらい海面が上昇しているらしいんです。



IMG_4463.jpg

サン・ザッカリアの船着場から ヴァポレットに乗って、ベネチアの玄関口 サンタ・ルチア駅へ向かいます。



IMG_4470.jpg

たしか2番線に乗ったんだったかな、島の南、ジュデッカ運河を通って行くコースです。
むこうに見えるのは サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会。



IMG_4473.jpg

振り返ると 今とおってきたサン・ザッカリアの船着場 (黄色い所)が見えます。

白い船がヴァポレット。 車の入れないベネチアでは、この水上バスが主な交通機関。



IMG_4490.jpg

この2番線は ベネチア本島から少し離れた ジュデッカ島を経由して行くのですが、このジュデッカ島はおそらくベッドタウンなんでしょうね、通勤や通学と思しき人たちがわんさか乗ってきて、ヴァポレットの中が東京の地下鉄みたいになりました!

私は写真を撮るために、最初に確保した舳先近くの特等席を死守 (笑)



IMG_4504.jpg

ジュデッカ島すてき~
本島とはまた違った、生活感あふれるヨーロッパ。



IMG_4508.jpg

この島に暮らす人たちは、毎日船でイタリア本土の会社や学校へ通っているんですねぇ。



IMG_4519.jpg

これが本土とベネチアを結ぶ鉄道の サンタ・ルチア駅です。

ここから次の目的地 フィレンツェに向かいますよ~

Comment

  • ぶじこ
  • URL
ワイン居酒屋やって~!

ええなぁ!!楽しそう~!!
行ってみたい!!私やったら、夜をメインに置いといて、昼間は非活動的に過ごしてしまいそうな悪寒。。ぷるぷる

お次はフィレンツェですねぇ!!
楽しみ~

  • あた子
  • URL
サンタ・ルチア!

たしか中学校の音楽で習った歌。ベネツィアの船の駅だったんですね。
絵になりそうな風景がいっぱい。ほんとにすてきなところでしたね。フィレンツェも楽しみです。

  • ねね
  • URL
ぶじこちゃん

ワイン1杯のことを「オンブラ」って言って、「チケッティ」っていうおつまみを食べるらしいのよ。
ここまで調べておきながら・・・
ペース配分は大事ですね~

  • ねね
  • URL
あた子さん

サンタ・ルチア駅は鉄道の駅なんです。誤解を招く表現でしたので訂正しました~失礼しました!!
そうそう、ゴンドラの上でサンタルチアを歌いましたよ。

  • 桑畑
  • URL
初めまして

すごい
旅行記なんですね。
自由な旅で楽しそうです。

1年ほど前に、
ぎゅうぎゅうなツアーで行ってきました。

なんか懐かしいです。

  • 玲小姐
  • URL
ほんとうに

水の都ですね~。でも水面が上昇しているなんて、これも温暖化のせい?水没しないか心配です。

  • オリエンタルBKK
  • URL
それは残念!

ワイン居酒屋なんて日本では体験できない
ですからね~
ちょっと酔っぱらって「サンタ~ルチア」って歌って欲しかった~(笑)

  • ねね
  • URL
桑畑さん

ようこそ!
桑畑さんもイタリアへ行かれたのですね、ブログ拝見しました。
気ままな個人旅行も楽しいし、ガイドさんの面白い話が聞けるツアーもまたいいもんですよね~
ポンペイもすごくいいと皆さんおっしゃるので、いつか行ってみたいです。

  • ねね
  • URL
玲小姐さん

温暖化もあるけど、地盤沈下が深刻らしいですよ。
もともとが湿地帯ですからねぇ。
船のスクリューが堆積している土を巻き上げてしまうのもよくないんですって。

  • ねね
  • URL
BKKさん

バーカロはあちこちにいっぱいありました。
夜ちょこっとだけでも頑張って行ってみるべきでしたね~
バンコクでもリサーチしていた「シロッコ」というバーに行きそびれたし。。どうもうまくいきませんねぇ。
だれか私の代わりに行ってレポートして!!

Leave a Reply