リアルト橋

ベネチアでサン・マルコ広場と並ぶにぎやかな所、リアルト橋に行ってみましょう。
と言っても、歩いてわずか5~6分の近さです。 道が迷路のように入り組んでいて迷子になりかけたとしても 10分ほどで着いてしまいます。

IMG_4296.jpg

橋の周辺は商店が密集するにぎやかな地域です。
(ぜんぜんにぎやかに見えませんね~実際ベネチアではこの雰囲気です。)

この辺りだったか忘れましたが かわいいアクセサリーのお店があって、娘たちと自分用にいっぱい買いました(喜)

奥に階段が見えますね、あれがリアルト橋です。



IMG_4301.jpg

最初13世紀に建造されたときは木造だったものを、16世紀末に大理石で再建したのだそうです。
この時のデザインは公募で選ばれたのですが、落選した中にはあの ミケランジェロの案もあったんですって!!

橋の上は貴金属や革製品の店のアーケードになっています。

そしてここは絶好の記念撮影スポット。 昔は旅先でカメラを持っているのは日本人だ、みたいに言われたものですが、デジカメの普及からでしょうか どこの国の人も熱心に写真を撮っていました。




IMG_4273.jpg

橋の上から駅の方角を見た図。
大運河沿いに並ぶ建物は、昔の貴族や商人のお屋敷です。
ホテルや博物館として使われているものもあるようです。



IMG_4311.jpg

反対側ではちょうど 船で運んできた商品を下ろしているところです。
畑も大きな工場もないベネチアでは、海産物以外は全部本土から運んできているわけですね。
物価が高いのもうなずけます。



IMG_4299.jpg

運河沿いはまだ楽なほうで、そうでない所には近くの運河から台車に載せて運ぶのですね~

それから、お引っ越しも大変らしいですね。



IMG_4270.jpg

リアルト橋から海の方角を見た図。

この写真をもとに・・・


コピー ~ IMG_5480

先生が油絵にしてくださいました!!

ハガキ大のキャンバスなんですけど、メルヘンチックですてきでしょう?!
マットは金沢特産の金箔ですよ~

私も今 ベネチアの小さな運河の絵を描いています。 次回アップできるかな?お楽しみに^^

Comment

  • あた子
  • URL
なあんだ

先生の絵でしたか。金箔のマットなんて贅沢ですねえ。ねねさんの絵、楽しみにしています。
土地がないのに建物が建っている写真、不思議な風景ですね。たしかにお引っ越しは大変そう。

  • オリエンタルBKK
  • URL

この絵、てっきりねねさん作かと思いましたよ~
こういった光景は絵になりますね~
次回が楽しみ!!
しかし金箔のマットとは、さすが金沢ですな~

  • 玲小姐
  • URL
ベネチア

のまちの様子が本当によくわかりますね=。運河を中心にできてるのですね。

絵がまた素敵です。金箔のマットとは、さすが金沢!額に入れてみると、一段と映えますね!

  • ねね
  • URL
あた子さん

なあんだ 先生の絵でしたか。金箔のマットなんて贅沢ですねえ。ねねさんの絵、楽しみにしています。
土地がないのに建物が建っている写真、不思議な風景ですね。たしかにお引っ越しは大変そう。
先生はちゃちゃっと短時間でこういう油絵を描いてしまうんですよ。
オランダも運河の国ですが だいぶ違うのでしょうか?
オランダの場合は車も走っていますしね。

  • ねね
  • URL
BKKさん

この絵、てっきりねねさん作かと思いましたよ~
こういった光景は絵になりますね~
次回が楽しみ!!
しかし金箔のマットとは、さすが金沢ですな~
単純化して描くようなこういう絵、描けるようになりたいのですが・・・
確か日本の金箔の大部分は金沢で作られているんですよ。
だから金沢の人は金が大好き(笑)

  • ねね
  • URL
玲小姐さん

ベネチアのまちの様子が本当によくわかりますね=。運河を中心にできてるのですね。
小さな運河も味があるけど、大運河も眺めがいいでしょう。
絵がまた素敵です。金箔のマットとは、さすが金沢!額に入れてみると、一段と映えますね!
油絵だから金に負けないのですね。水彩画では無理なんだそうです。

Leave a Reply