あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

コルマールの有名スポット

DSC02780^
コルマールの見どころとしてガイドブックに載っている場所をいくつかご紹介します。

まずは『メゾン・デ・テッド』 日本語で言うと『頭の家』です。



DSC02784^
建物にたくさんの頭が付いています!
怖い顔、ユーモラスな顔、大きさも様々。
ブルジョア層の財力誇示 でしょうか?

ユニークなこの建物は現在ホテルとして使われていますよ。



DSC02815^
『プフィスタの家』 コルマールで最も有名な建物です。
1537年に建築された貴族の館がこんなにきれいに残っているなんて奇跡のようですよね☆彡
出窓、アーケード式の廊下、うろこ状の瓦の尖った屋根部分、やっぱり存在感が別格です。



DSC02818^
だいぶくすんでいますが、壁にびっしりと描かれたフレスコ画も独特の雰囲気を醸し出しています。

ちなみにここは、ジブリ映画『ハウルの動く城』のモデルになった建物なんだそうです。



DSC02813^
そのお隣の建物です。
角にステッキを持ったおじさんがくっついていますよ^^



DSC02798.jpg
サンマルタン教会の扉上部にある聖母子像。



DSC02811^
自由の女神を作った『バルトルディ博物館』。
ここが彼の生家なのだそうです。



DSC02810^
すごく立派なお屋敷です!



DSC02810^^
コルマールでは彼の作品がそこかしこで見られます。



DSC02829^
『旧税関』 中世に輸出入の関税をここでかけていたんですって。
屋根瓦のダイヤ模様もコルマールの特徴らしいです。



DSC02830^
旧税関のアーチをくぐり抜けると、華やかなカフェが並ぶ一角に出るのでした☆彡


Posted by 0ねね0 on  | 2 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。