Post image

ただいま♪

先ほど自宅に戻りました!自分の健脚に自分で驚くほど、パワフルに楽しんできました(笑)明日から早速仕事が始まるので、落ち着きましたら旅行記はじめますね☆彡よろしくお付き合いくださいませ^^...

Post image

あこがれのアルザス☆彡

今年の旅はフランスのアルザス地方とパリです。気楽なひとり旅、心の赴くままに楽しんできました。どの瞬間のことも忘れたくなくて、撮ってきた同じような写真をただただ並べる旅行記になりそうです^^;(最初に訪れたコルマール)私の旅パターンはもう定着してきていて、航空券は公式サイトで小松からの国内線込みで料金安めの日程を探します。できるだけANAを利用。 一番好きなので^^ホテルはBooking.comで半年前には予約を...

Post image

パリ東駅からTGVに乗る

旅行2日目昨夜は機内食でお腹がいっぱいだったのと、ロワシーバスが大渋滞にはまって疲れたこともあり、19時くらいでしたがシャワーを浴びたらどこへも出かけずに寝ました。せっかくのパリでの1泊なのにもったいない感じです。やはりシャルルドゴールからコルマールまで行ってしまえばよかったのですが、万が一飛行機が遅延したりすると空港で夜を明かすことになりかねないため、安全優先でパリ1泊としたのでした。これがホテ...

Post image

コルマール到着

パリ東駅から2時間16分、コルマール駅に着きました。駅前広場はとっても静かです。コルマールが賑わっているのは駅周辺ではなく、ここから徒歩10分余りの旧市街の方なのです。振り返って見た駅舎。ガラス絵は悲しい歴史を表現しているのでしょうか。ここからホテルまで歩きます。道順はストリートビューで予習しておきました☆彡まず見えてきたのは裁判所です。そして、古い給水塔のある公園。この塔、ちょっと傾いています!...

Post image

Hostellerie Le Marechal

コルマール駅から歩くこと10分。 今日から2泊するホテル『オステルリー・ル・マレシャル』に着きました☆彡どうですか、このかわいらしい建物♪♪プティット・ヴニーズ(小さなベネチア)と呼ばれる地区の運河沿いに建つ、とっても人気のあるホテルです。このホテルを押さえるところから、今回の旅の計画は始まりました^^やっぱりローテンブルクのホテルを思い出させる、貴族の館のような雰囲気です♪優雅ですよね~ でもエレベ...

Post image

コルマール街歩きスタート

ホテルの前にある小さな広場。この日は晴れたり曇ったりのお天気で、気温は26度まで上がりました。ホテルのレセプションのお姉さんに「外は暑かった」と言ったら、手であおぐ仕草をしながら「先週は36度もあったんですよ、ふぅ~」って!フランスのホテルには冷房を備えていない所も多いです。 昔と違って今はフランスだって猛暑の夏もありますから、エアコン完備かどうかはホテル選びの大事なポイントですね。 私が予約した...

Post image

ウンターリンデン美術館 その1

街並みを見るのもそこそこに急いでやってきたのは『ウンターリンデン美術館』。「パリ以外ではフランスで来訪者第2位の有名美術館です」と紹介されています。 すごいですね!小さな美術館ですので、もしも団体さんが到着したら混雑するのでは?と思い、午前中なるべく早い時間帯に見ておきたかったのです^^入口は右側に回り込んだここ。クラーナハのバナーがかかっていますね☆彡(クラナハさん、お元気でしょうか?^^ 今日...

Post image

ウンターリンデン美術館 その2

修道院だったというこの建物。中庭の隅に古い井戸があります。 反対側にも。白雪姫に出てくるみたいな井戸です☆彡2階には、生活文化の展示物がたくさん♪みごとな鉄細工の看板。ドイツだった時代もあったんですものね。この鐘、人の顔がついています。デザインの部分は繊細でとてもきれいです。アルザス銘菓クグロフの型。 きれいですね~~☆彡その隣はスペキュロスの型ですよね?和菓子の落雁の型と似ているな~って思いました...

Post image

シュークルート

今朝の朝食がクロワッサン1個だったことを覚えていますか?その理由は、このレストランでボリュームたっぷりのランチをいただくためでした☆彡インターネットで調べておいたんです。賑わっているレストランでぽつんと食事するのはやっぱり寂しいものです。だから混み合う時間より前に、というのが私が考えたひとり旅のコツです^^アルザスといえばもちろんワインですよね!ワイン街道と呼ばれるだけあって、良質なブドウを生産し...

Post image

コルマールの有名スポット

コルマールの見どころとしてガイドブックに載っている場所をいくつかご紹介します。まずは『メゾン・デ・テッド』 日本語で言うと『頭の家』です。建物にたくさんの頭が付いています!怖い顔、ユーモラスな顔、大きさも様々。ブルジョア層の財力誇示 でしょうか?ユニークなこの建物は現在ホテルとして使われていますよ。『プフィスタの家』 コルマールで最も有名な建物です。1537年に建築された貴族の館がこんなにきれいに...

Post image

プティット・ヴニーズ周辺

旧税関の下をくぐり抜けると、旧税関広場に出ます。ここにもありました、バルトルディの作品。広場を貫く運河沿いにはカフェやレストランが並んでとても華やかです☆彡このあたりが旧市街の中で一番好きな雰囲気だな~☆彡パステルカラーの建物がメルヘンチック。ここは『魚市場河岸通り』っていう名前なんですって。 かつてはここに魚市場があったんだとか。団体さんの写真撮影が終わるまで、だいぶ待って撮りました^^こちらの橋...

Post image

アンシ美術館 ショップ

『頭の家』をのけぞりながら眺めて、ふと振り返った時に目に入ったこの建物。ん? !!!『アンシ美術館』ではありませんか!!!コルマールに生まれ、アルザスの人々と暮らしを愛情いっぱいに描いた画家、Hansiです☆彡気づいてよかった~ コルマールにアンシの美術館があるということはガイドブックにも書かれていなくて、全然知らなかったのです。ぱっと見派手な外観ではないし、視界を遮る車もたくさん停まっていたので、見逃...

Post image

屋内マルシェ

運河の横に建つ大きな建物は屋内マルシェです。市場があれば必ず見るのがポリシー(笑)そこに暮らす人たちの日常が垣間見えるから市場って面白い☆彡午後3時くらい、店じまいを始めている所もあり、お客さんもまばらです。野菜が並んでいるだけなのに、西洋だとなんか絵になるんですよね~根まで生き生き!コルマールはドイツやスイスに近く、海はありません。それでも結構豊富なお魚が並んでいます。こういうの食べてみたい^^外...

Post image

鉄細工の看板たち&夕食

何度も国境線が変わった歴史を持つコルマール。鉄の看板はドイツそのものですね。面白い工夫をしていることも多く、これなんかは小さなコウノトリがいますよ♪かわいい~ けど残酷だぞ^^ブレッツェルの印はパン屋さん。おいしそうなサンドイッチなどを売るお店です。こちらもパン屋さんですね。 クグロフもありますね♪これは何だったかな~? ワインやフォークがあるからレストラン?これはわかりやすいですね。元々は文字を読...

Post image

デイトリップに出発

旅行 3日目今日は早起きして日帰り旅行です☆彡昨日来た道を駅に向かって歩きます。給水塔がいい目印^^ホテルの朝食は7時からなので間に合いません。駅の中にパン屋さんがあることは昨日チェックしておきました^^ブレッツェルのハムチーズサンドイッチ(これもアルザスらしい一品)と、クロワッサン☆彡駅前の噴水に腰かけていただきます♪このお店、数年前にパリでクロワッサンがものすごくおいしかったブリオッシュドーレと...

Post image

リクヴィール その1

アルザスにはかわいらしい村がたくさん点在しています。私がまず訪れたのはリクヴィール。 『ブドウ畑の真珠』と呼ばれることもある、小さくて本当に素敵な村です♪フランスの最も美しい村のひとつに認定されているんですって☆彡現地ツアーに参加しなくても、レンタカーを借りなくても、路線バスで気軽に行けますよ☆彡コルマールから約30分です。くぐるという動作がひとつ加わることで、ワクワク感と期待感がぐっと増します!!視...

Post image

リクヴィール その2

リクヴィールの見どころはほとんど城壁の内側で、ここにコロンバージュの家がぎゅっと集まっています。私以外には、食材を搬入する業者さんしか通らないくらい、静まり返っています。いったいこの村は何時になったら目を覚ますの??11時10分のバスで来るのがちょうどよかったのかもしれません^^;この時9時15分だったんですね。メインストリートからちょっと入った所が、ひっそりと素敵なんです☆彡向こうの方にブドウ畑が見える...

Post image

リクヴィール その3

11時になり、カフェやレストランは店の前に椅子とテーブルを並べ開店準備を始めました。プチ・トランもようやく動き出しました。こののんびりとした村はやはりお昼頃に来るのが正解のようです^^1周約30分ということなので、次に乗るバス時刻に間に合いそうです。はい、乗りましょう~♪乗っているのは子連れの4人家族と私だけです^^それでも出発してくれました。 ありがたい^^プチ・トランは城壁の外に出て、徒歩ではち...

Post image

リボーヴィレ その1

リクヴィールからまた106番バスに乗り、15分足らずで着きましたリボーヴィレ☆彡ここも小さな美しい村で、『コウノトリの里』と呼ばれているんだそうです。バスを降りて少し歩いただけで、早速コウノトリの巣を発見!!しばらく待ってみましたが巣はお留守のよう・・・さあ、ここがリボーヴィレの入口です。リクヴィールに比べると少し規模が大きいような気がします。雰囲気もちょっと違うかな?ここの素敵なところは、何といっても...

Post image

リボーヴィレ その2

昼食のあと、再び散策です。リボーヴィレもリクヴィールも人気の観光地ですが、6月29日はまだバケーションには早いのかとっても静か。遠くにお城が見えるとそれだけでうれしくなって写真を撮ってしまいます^^好きだな~ この感じ^^一時小雨がぱらつきましたが、すぐにやみました。そういえば旅立つ前フランスの天気予報を見ると連日「雨」と「雷雨」のオンパレード・・・私って雨女なのかな~?と思っていましたが、行ってみ...

Post image

ベックオフ

リボーヴィレに別れを告げて、106番バスでコルマールへ戻りましょう。バス停に向かうとき、大きな公園があるのを見てちょっと歩いてみたくなりました。樹木の緑がきれい~~☆彡ベンチが一直線に並んでいます。 毎日あそこに座れる生活、老人になったらそういうのがいいな~☆彡帰りは自由の女神を撮るために座席を考えて座りましたよ^^一旦ホテルに戻って買ったものを置いたら、早歩きで向かいます、アンシ美術館!で、どうなっ...