あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

コストコ♪

金沢市近郊の町に、先日『コストコ』がオープンしました!!

ものすごくうれしい~~☆☆

以前娘と一緒に幕張のコストコに行ったことがあるけれど、地元にできれば何度も気軽に行けます。
早速会員証を作って昨日買い物に行ってきました☆

アメリカみたいで楽しい~♪♪
子育て時期にここがあったらよかったなぁ~と思う、大量パックの数々。
正直今の我が家には多すぎて、買えるものはあんまりないけれど・・・

こんなものを見つけました☆


DSC01025.jpg
イタリアン・アンティパスト♪

パプリカのグリルのオリーブオイル漬け、ドライトマトのオリーブオイル漬け、そしてもうひとつは、



DSC01026.jpg
アーティチョークのオリーブオイル漬けです!!
写真がよくないので分かりづらいと思いますが、バルセロナで見た瓶詰とそっくりです!

今夜早速食べてみました。
ものすごくおいしい!!というわけではないけれど、異国の風味が楽しいです♪


コストコ大好き~☆ 次は冷凍庫を空っぽにしてから行きたいです^^


Category : おでかけ
Posted by 0ねね0 on  | 6 comments 

ホテルの朝食

DSC00700^
バルセロナ3日目。

市場やカフェで朝食をとりたいと思って、ホテルは素泊まりのプランにしました。
でもせっかくだから一度はホテルの朝食も味わってみようかということになり、ダイニングへ。



DSC00701^
甘いパンやロールのほかに、食パンとトースターもありました。



DSC00705^




DSC00702^
生ハムとサラミ類♪ 薄切りのチーズ。



DSC00704^
スクランブルエッグ、迫力ありますね^^
ピラフまであります。



DSC00706.jpg




DSC00699^




DSC00707^




DSC00709-.jpg
私が厳選した朝食がこれです



DSC00710-.jpg



DSC00711^-
もちろんメインはこれ、生ハムとピクルス☆
本当はこればっかり食べたいくらい好き~^^

オレンジジュースもさすがのおいしさでした☆



DSC00714^-
娘のお皿にはワッフルやトルティージャもありますね。



DSC00718^-
そして彼女は朝からカヴァを飲んでいました☆



DSC00719.jpg
ずっと前から食べてみたかった平べったい桃。
すっごく甘くておいしかったです!! 



DSC00720^
しっかりエネルギーチャージしたので、今日もたくさん歩けそうです!



Posted by 0ねね0 on  | 2 comments 

レイアール広場&カフェ・デ・オペラ

DSC00741.jpg
今日も街歩きはこのランブラス通りからスタートです。



DSC00743.jpg
ヨーロッパの人って本当に外の席で食事やお茶するのが好きですよね~

魅力的な看板が・・・^^
でもネットの情報によると、外に写真付きの看板を出している店と客引きをしている店はおいしくないんですって。本当かな?



DSC00740.jpg
こういうお土産屋さんで娘はiPhoneカバーを買いました。 ガウディのモザイク柄のかわいいの☆



DSC00728.jpg
すご~い☆ さすがバルセロナ!



DSC00726^
『Jamon Experience』 訳すと生ハム体験^^



DSC00730.jpg
この細い道、たくさんの人が行き交っています。
何かあるのかな~? 行ってみましょう。



DSC00746.jpg
『レイアール広場』に出ました!
有名な広場なので、あとで地図を見ながら行こうと思っていたんですけど、偶然たどりついていました☆



DSC00752.jpg
何が有名かって、この街灯です☆
ガウディの建築家としての初仕事が、市から依頼されたこの街灯の設計だったんだそうです。



DSC00753^
広場を取り囲んでカフェやレストランがテラス席を設けていて、イタリアで言うところのポルティコのような部分に溶け込む造りがとってもいい雰囲気です♪



DSC00761.jpg
広場をひとまわりしたら、ランブラス通りに戻ります。

どこかにチュロスを食べられるカフェはないかな?



DSC00732.jpg
クラシカルな内装がすてきなこのお店に入ってみることにしました。
『カフェ・デ・オペラ』



DSC00733.jpg
すきな所に座っていいと言われたので、カウンター席に。



DSC00736.jpg
『クレマ・カタラナ』というカタルーニャ地方の伝統デザート。
軟らかくてちょっぴりスパイスの入ったクレーム・ブリュレという感じですが、激しく甘いです^^



DSC00739.jpg
スペインで一度は食べてみたいと思っていた『チュロス』。一人前が4個ですよ^^;
チュロス自体は薄い塩味で、揚げたての熱々! 外側カリッ、中もちもちでおいしい~♪
チョコラーテ(ホットチョコレート)につけながら食べるのが地元流だそうです。
コーンスターチでも入っているようなドロっとしたチョコなんですけど、意外にも甘さは控えめです。


あとで調べてみたらこのカフェ、18世紀の宿屋が前身の老舗だったみたい☆
お給仕のおじさんたちが優しくていい感じのお店でした☆


今回バルセロナがものすごく暑くて疲れることを想定して、スケジュールをがちがちに決めずゆるやか気味にしてありました。
ところが曇りだったせいもあり毎日とても快適な温度で、シエスタ(お昼寝)する必要も全くなく、足の向くまま気の向くまま街歩きを楽しむことができたのでした☆



Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 

17年の時を経て

P1090661.jpg

DSC00390_20150905200759023.jpg

DSC00390^^


ミントベリーさんに、お母さまが17年前にバルセロナを旅行された時のお写真を見せていただきました。

ガウディ通りから見たサグラダ・ファミリアの遠景。
8本の塔はしっかり完成しており、中央部分が工事中ということは礼拝堂はまだできていない頃ですね。

ガウディ通りはベージュのパラソルも道路の丸いオブジェも、今とほとんど変わっていません。

私が今年撮ってきた写真と見比べてみましたら、右端の建物、これ同じものですよね!!!
拡大した写真では鉄のアーチのようなものも確認できます。

進入禁止の標識からもわかるように、この手前にはガウディ通りと交わる道路があり、おそらくお母さまはそこをバスで通った一瞬でこの一枚を撮られたのだと推測します。

グエル公園のお写真もありましたので、公園を見たあとそこからほど近いサグラダ・ファミリアへ向かわれたのかもしれませんね。

17年の時を隔てて、同じ景色を美しいと感じて写真におさめたのですね~☆ とっても楽しい気分です♪
ヨーロッパは簡単に姿を変えないところが魅力ですね~☆

(ミントベリーさん、勝手にお写真アップしてしまいました。 お許しください!)



Posted by 0ねね0 on  | 5 comments 

ボケリア市場 その2

DSC00767^
森のアイスクリーム、チリモヤをどうしても食べてみたくて、またボケリア市場に来ました。
昨日聞いたときは「今日はない」と言われたけれど、この日は「来月にならないとない」って言われました。。(涙)



DSC00770^
フルーツジュース。 氷で冷やしておいしそう。



DSC00782^
カップ入りの果物も安いですね。



DSC00786.jpg
チュロスを食べたばかりなのでお腹がいっぱいです^^



DSC00784^
それでもしっかり食べ物チェック^^
トルティージャとキッシュのお店です。



DSC00783^
食べ歩き狙いですね☆



DSC00775^
見た目がかわいい♪



DSC00774^
おいしそうだったのはこちら。
どれか買ってみればよかったかな~



DSC00766^
カタルーニャをちょっぴり味わって☆



DSC00781^
こんなソーセージ見たことあります?^^



Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 

ゴシック地区をさまよう

DSC00788^
ボケリア市場を出た私たちは、当てもなく興味の赴くままに歩いています。
どの小路を入っても、必ず美しい建物に出会えます☆



DSC00789.jpg
小さな広場に面して建っているこの教会は、Santa Maria del Pi 。
地図には『ピー教会』となっています。



DSC00797.jpg
細い路地が入り組むこのあたりが『ゴシック地区』です。
見上げれば生活感漂うバルコニー。
1階部分は小さな商店になっています。
独自の味わいとこだわりを感じさせるとても個性的な店が多いです。
写真は少ないのですが、この地区が街歩きした中で一番楽しかったです♪



DSC00798.jpg
バレリーナシューズしか置いていない店!
手前も奥も、全部ぺったんこのバレリーナシューズのみなんです☆




DSC00804^
ミントベリーさんなら立ち寄りそうな本屋さん。




DSC00806.jpg
こちらのお店は・・・



DSC00795^
ゆめこさん好みのものが見つかるかも?^^



DSC00801.jpg
すてきな手作りアクセサリーやお洋服のお店もあって、娘はネックレスやピアスを買いました。



DSC00807.jpg
もちろん街の様子もとってもすてきです♪
昔からずっと変わっていないんだろうなと思われる街並みに、モダンなカフェやお店が不思議とマッチしています。



DSC00820.jpg
ガイドブックで見て、ぜひ来てみたいと思っていたスイーツのお店。



DSC00818.jpg
どこの国でも女子はケーキが好き^^



DSC00814^
店内はシックでかわいらしい雰囲気です。
ここは、修道女たちが作っているお菓子のお店なんです。



DSC00810^^
口の中でほろりとほどける不思議な食感のお菓子、『ポルボロン』を買いました。
パッケージがとても品が良くてすてきです♪



DSC00952.jpg
修道女のお菓子らしいこのディスプレイ☆ 魅了されました^^



DSC00823^
お菓子を買ったあとも街をさまよい歩いていたら、ガイドブックで見覚えのある壁画が見えてきました。
ピカソの作品です!



DSC00826^
そしてその前には『カテドラル』。
地図を見ながら探さなくても、歩いているうちに目の前に現れる名所の数々!



DSC00830^
更に歩いて行くと、『サンタ・カタリーナ市場』の前に出ました。
モザイクが美しい屋根が特徴的です。
中には入りませんでしたが、この市場もとても楽しいらしいですよ☆



DSC00834.jpg
途中、ちょっと寂しい場所や住宅地の公園などを通りながら、かなり遠くまで歩いたようで・・・



DSC00837.jpg
意外なものが見えてきました!



DSC00841.jpg
1888年に万博のために建てられた凱旋門。
私のガイドブックの地図には載っていなかったので、その存在すら知らずにいました。
だから目の前に現れた巨大な凱旋門には本当にびっくり!
時間があればここをくぐって、その奥にあるシウタデリャ公園も見てみたかったです。

この場所が何なのかをどうやって知ったかというと、娘がスマホで写真を撮るとGPS機能によって『凱旋門』という名前と、さらには地図も表示することができるんです。
wifiルーターを借りたからできたことですが、今後もっと安価に安全に世界中でスマホを利用できるようになっていけば助かりますね。


遠い所まで来てしまったので、タクシーをひろって一旦ホテルへ戻ります。



Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 

旅先で買ったもの

DSC01040^
旅行記の途中ですが、ちょっとひと休み。
今回の旅で自分用に買ったものの一部をご紹介します。

サグラダ・ファミリアのショップで買った 聖家族の置物。
サグラダ・ファミリアは日本語にすると 聖家族教会ですからね☆



DSC01042.jpg
アムステルダム国立博物館で買ったエスプレッソカップ。 小さくてかわいい♪
デルフトブルーですけど、手描きではなくプリントです^^;
でもデザインがとっても気に入っているからいいのです☆



DSC01043^
アムステルダムによくある面白い形のファサードのお家。
何軒も並べて街並みを作るとすてきなんですけど、お高いのでひとつだけ^^;

木靴をかたどった置物もミニサイズです。



DSC01047.jpg
アムステルダムのブックマルクトで買った版画。
縦長のマットに横長の絵が入っているおしゃれな一枚です☆



DSC01046.jpg
学校から子どもたちが出てくる様子が楽しい♪ と思って買ったんですけど、よくよく見ると私の好きな跳ね橋もあるし、オランダらしい帽子?をかぶったご婦人もいるし、特徴的なファサードのお屋敷もあるしで、我ながらいいものを見つけたと思います☆
名もなき画家の絵かと思いきや、ググってみたら出てくるところをみると、名はあるのかも?



ところで、カメラが変わったことにお気づきの方はいらっしゃるでしょうか?^^;
だいぶ前から新しいカメラほしいな~と思ってはいたんですけど、どう選んでいいのか全くわからなくて、忙しさを言い訳にほったらかしていました。
でもやっぱり・・・ ということでなんと出発の2日前にカメラのキタムラへ行きまして、店員さんにあれこれ教えてもらいながらも ぱぱっと選びました。
条件は以前のよりもクリアに撮れるもので、重くないコンパクトデジカメであること。
デジタル一眼レフにはあこがれますが、重いとまず無理なので。。。

使ってみた結論としては、残念ながら7万円出した割には以前の写真との差は大きくはないかも。。
ただ、寄りで撮ったときに、バックがぼけてくれることだけはちょっとうれしい♪
そして、なにしろ2日前に買ったばかりで使いこなしきれなかった部分が大なので、今後の勉強次第ということもあるかもです。

SONYのCyber-shot。 ミノルタの技術で作っているから良いって言ってました。
ミントベリーさん、買い替えされるなら十分時間をとって検討されたほうがいいですよ^^


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



DSC01034^^
世界のビールを研究(?)していると知って、長男が珍しいビールを取り寄せてくれました☆
スコットランド産で、シャンパンのような瓶もビールなんです。
1本だけ飲んでみましたら、華やかな香りですご~~くおいしかったです!!

こんなに色々あったら研究が進みますね~(笑)
わたし、決して大酒のみではありませんのよ。 誤解なさらぬようお願いしますね^^





Posted by 0ねね0 on  | 2 comments 

サグラダ・ファミリア その1

DSC00844.jpg
いよいよ『サグラダ・ファミリア』の見学です☆
たくさん写真を撮ってきましたので、3回に分けて記録したいと思います。

1回目は『生誕のファサード』と呼ばれる、パンフレットやガイドブックで最もよく目にする側と、聖堂の内部です。



DSC00847.jpg
ウェブ・チケットのQRコードを読み取っているところです。
とてもスムーズに入場できました。

ゲートを入ってその向こうに見えている階段を上ると、



DSC00850.jpg
目の前にそそり立つ巨大な教会!
細かい細工の見事な建築物は各国でたくさん見てきましたが、他とは全く異なるユニークさ!
建物なのに彫刻のようです。



DSC00853.jpg
生誕のファサードはガウディ自らが指揮をとり、最初に完成させた部分です。
まずはこの部分を仕上げたところに、彼の思い入れが見られると言われているそうです。




DSC00844^
肉眼で見るととても目立っているのに写真にするとわかりづらい『生命の木』。
1枚目の写真を拡大してみました。 クリスマスツリーのようなかわいらしさがお分かりいただけるでしょう。
永遠の生命の象徴である糸杉と、鳩は純潔のシンボルだそうです。




スペイン、オランダ旅行_1541
その名が示すとおり、イエスの誕生から 初めて説教をするまでのさまざまな場面が彫刻で表現されています。

写真上部は『受胎告知』  天使ガブリエルの前で頭を垂れるマリア。

その下は『奏楽の天使たち』  日本人彫刻家の外尾悦郎氏が手掛けた部分です。
外尾氏は1978年、25歳の時からサグラダ・ファミリアの彫刻に携わり、現在は主任彫刻家を務めているんですって!

中央、ドアの上付近にはマリアとヨセフに見守られている『キリストの生誕』

その左には東方より訪れた三賢人、右には羊飼いたち。



スペイン、オランダ旅行_2210
イエスの誕生シーン。
天使が高らかにラッパを吹いています。



スペイン、オランダ旅行_2999
左は幼いキリストを抱いたマリアたちの『エジプトへの逃避』

右は生まれたばかりの子どもを殺そうとしている『嬰児虐待』です。



スペイン、オランダ旅行_3646
左は神の子を身ごもったことを従姉に伝えている『聖母マリアの訪問』

右は大工である父ヨセフを手伝う『働くキリスト』

撮りやすい所しかカメラを向けていませんが、このほかにも見所はたくさんあります。
旅行記を書く段になって初めて知ることもあり、見逃した~ということも多々^^;
予習しすぎると感動が薄れるし、そのくらいで良いのかもしれません^^



スペイン、オランダ旅行_8528
生誕のファサード側の入り口、『慈悲の門』。
この門扉も外尾悦郎氏によるものです。
蔦の葉にびっしり覆われたデザインになっています。
見逃してしまいましたが、葉っぱの間に虫などの小さな生き物もいるんだそうです。




DSC00936.jpg
建設は急ピッチで進められているようで、古い部分と新しい部分で明らかに色の違いが見られます。
この先の年月で調和されていくのでしょうね。



DSC00858.jpg
聖堂の内部は『森』に例えられるとおり、36本の枝分かれした柱が樹木のようです。



DSC00859.jpg
今まで見てきた薄暗い礼拝堂とは大違いの明るさ!
こんなに真っ白で明るいのに厳粛な空気感があるのが不思議です。



DSC00910.jpg
お花畑のような天井がすご~くきれいでした☆




スペイン、オランダ旅行_9473
最初は無色のステンドグラスだったものが、徐々に彩色が進み、今では一部を除いてほぼ美しい色がつけられています。
一方は温かい色調。



DSC00911.jpg
もう一方は冷たい色調になっています。



スペイン、オランダ旅行_8422
サグラダ・ファミリアは、2010年 ローマ教皇によって献堂式が執り行われ、正式にカトリックのバシリカとなりました。



DSC00906.jpg
私のようにミーハーな気持ちで訪れる観光客もいますが、熱心に祈りを捧げている信者さんももちろんたくさんおられます。

厳粛な空間に身を置くと、私のような者でも「世界が平和で、この先もずっとこの大聖堂を皆が讃美できるように」と祈るような気持ちになるのでした。


Posted by 0ねね0 on  | 6 comments 

デパート&アウトレットへGO☆

DSC_0554.jpg
今日デパートのエスカレーターで面白い広告みつけました^^
一挙ご紹介(笑)


DSC_0551.jpg

DSC_0552.jpg

DSC_0553.jpg

DSC_0556_20150914193551484.jpg

DSC_0559_201509141935522aa.jpg

DSC_0562_201509141935552ed.jpg

DSC_0560_20150914193554ba4.jpg
上がったり下がったりしながら、人の少ない時を狙って撮影。
恥ずかしかった^^;

北海道物産展はみんなが待ってるビッグイベントなのです♪
わたしも夫に書置きを残してエスカレーターで北海道へ行こうかな~^^



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DSC_0549.jpg
この夏、富山県小矢部市にアウトレットモールができると聞いてとっても楽しみにしていたわたし。
車で1時間かからないし、バスや電車でも気軽に行けます☆
なのに、規模が小さく、ほぼ若い人ブランド。 行ってみた友人たちからは辛口評価ばかり。。

だからまた行っちゃいました、滋賀県のアウトレット☆

金沢から車で片道3時間もかかります!
前に行ったときは運転の緊張感で、帰宅後熱を出してしまったので(苦笑)、今回は仲良しのFちゃんが全行程ハンドル握ってくれました。 感謝~^^



DSC_0547.jpg
着いたら早速 朝昼兼用の『スンドゥブチゲ』☆
辛すぎる~~。。 火を吹きながらいただきました^^;



1442128301135.jpg
たくさんお買いものして大満足☆
今回もダンスクのお鍋は眺めるだけでした^^
ティファールのお鍋セットもほしかったんですけど、あまりの種類の多さに後ずさり。
研究してから出直します☆

夕方大好きな『クアアイナ』のハンバーガーを食べてハワイ気分。 幸せ^^
滋賀のアウトレット、楽しすぎます♪♪
小矢部もミセス層向けを充実させて頑張ってほしいな。



Category : おでかけ
Posted by 0ねね0 on  | 6 comments 

サグラダ・ファミリア その2

DSC00860.jpg
今回は、塔の中の様子と、塔から見た景色を記録します。


サグラダ・ファミリアの現在完成している2つのファサードにはそれぞれ鐘塔があり、上ることができます。
入場とは別にオプションとしてチケットを購入しておく必要があり、各時間帯に振り分けられた人数が決まっていますので、早めの予約が安心です。
ふたつのファサードのうちどちらに上るかネットの評判を調べたりして、『生誕のファサード』を購入しておいたのに、現地で違う方のエレベーターに乗ってしまったようで、『受難のファサード』に着いてしまいました^^;
乗る前にはチケットのバーコードを読み取るのに、通過できてしまったんですね^^;

まあ、このことには途中で気付くことになるのですが、受難のファサード側もそれは素晴らしく、心から楽しむことができたので結果オーライなのです☆



DSC00865.jpg
とうもろこしのような塔の内部はこういう風になっています。



DSC00868.jpg
工事をしている様子もよく見えます。



DSC00862.jpg
塔の内側に沿うようにぐるぐる回って下りますので、角度によっては地中海の方も見ることができます。



DSC00872^
碁盤の目のように整然と作られたエシャンプラ地区の美しい街並み!!
ドローンほど上空からではないけれど、何となくあの感じがわかりますね。
これを肉眼で見られたのが本当にうれしい☆



DSC00870^
こんな高さの足場で作業できるなんてすごい。目が回りそうです。



DSC00873.jpg
いかにもガウディらしいモザイク模様が至近距離で見られます。



DSC00874.jpg
覆いを外すのはいつ頃なんでしょう。



DSC00877.jpg
下の方を歩く人がいるのがわかりますか?



DSC00878^
階段はこんなに狭いです。 肥満の人ははまってしまいそう。
だからかどうかは分かりませんが、受難のファサード側の塔は下りる時にも希望すればエレベーターが使えるそうです^^



DSC00885.jpg
だいぶ下りたと思ったけれど、まだ人が豆粒くらい。



DSC00888.jpg
キリスト像も間近に見ることができます。



DSC00889.jpg
今おりてきた塔を見上げたところ。

私はストラップで手首につないだカメラを突き出して撮影していますが、娘はスマホで撮るので、見ている私は落とすのではないかとひやひやしました(汗)



DSC00895.jpg
これはどこかな~?



DSC00893.jpg
覗き込むように見ていた部分が、1周すると、



スペイン、オランダ旅行_6538
こう見えたりします。
この果物は慈悲の行為を表しているのだそうです。
東には春の、西には秋の果物が配されているそうですよ。
外尾悦郎氏が手掛けた彫刻です。



DSC00896.jpg
サグラダ・ファミリア広場がだいぶ近くに見えてきました。



DSC00900.jpg
最後はかたつむりのような螺旋階段になります。



DSC00905.jpg
礼拝堂までもう少しです。

Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。