Post image

イギリスは美しい&美味しい!

恒例となった5月の海外旅行、今年はイギリスひとり旅です。まずまずの天候にも恵まれ、8日間の日程を目いっぱい楽しんできました。夢の中のできごとだったのではと感じてしまうくらい、あまりにも美しいものの連続でした!そして、「イギリスの料理はまずい」は、完全に過去になりつつあります。私が食べてきた数々の「おいしい!」にもご期待くださいww(写真はLewesの街)...

Post image

ホテル・シティ・コンチネンタル

このところANAをひいきにしている私。日本のサービスがやはり良いということもありますが、小松からのアクセスが便利だということが一番の理由です。国内便が往復1万円で買えますし、万が一の遅延などの際に乗継便の航空会社が同じだと補償が簡単です。これはNYからの帰国便が大きく遅れたときに痛感し学びました^^;この春からANAの国際線の多くが羽田発着になったことで、地方から乗り継ぐ者には便の選択肢が増えまし...

Post image

アールズ・コート

ホテルのある『アールズ・コート』は本当に便利な街でした。地下鉄のふたつの路線が乗り入れており、空港と市内の観光地、更にはロンドン郊外へのアクセス拠点となる国鉄駅への移動にも便利な場所にあります。駅周辺には、滞在費が高いロンドンの中では比較的選びやすい小規模ホテルがたくさんあります。ちなみに某国の団体さんをこの街では全く見かけませんでした^^駅を出てすぐにあるキオスク。地下鉄職員のおじさんと顔なじみ...

Post image

パディントン駅

ロンドン 2日目ホテルの朝食はいたってシンプルです。でもコーヒーマシンではエスプレッソやカフェモカ、チョコレートなど6種類から選べますし、シリアルやヨーグルト、チーズ、フルーツもあるので充分です。この日のフルーツはびちょびちょのグレープフルーツだったので「まずそう。。」と思い食べなかったのでした。ところが後日これがおいしいということが判明し、大量に食べることとなるのです^^;この日はロンドンから電車...

Post image

ウィンザー城

スラウで電車を乗り換え、ウィンザー&イートン・セントラル駅に到着しました。ホームを出ると楽しそうなアーケード街に直結しています。でも電車を降りた人はみな まっしぐらにこのアーケードを抜けて、お城へ向かうのです^^王室の紋章が付いた列車が展示されていました。 急いで撮影して、みんなに遅れまいと早歩きw心配していたお天気は小雨程度ですので大丈夫そうです。こんなところにボビー・ブラウン。余談ですがここの...

Post image

ウィンザーの街

ウィンザー城の前にあるこの銅像は、ヴィクトリア女王だそうです。ここからちらと見ただけですけど^^;で、その前がハイ・ストリートです。ホテルやお店が並び、ずっとまっすぐ行くとエリートの卵たちが学ぶ有名な『イートン・スクール』があるそうです。制服が燕尾服なんですって、すごいですね~!小さな紳士たちを見に行くというのが観光コースのひとつらしいんですけど、そこまで興味がないのでパスしました^^ハイ・ストリ...

Post image

カフェ・ルージュ@SOHO

ウィンザー城から一旦アールズコートに戻ってきました。すると、駅前のパブのまわりにこんな格好のおじさんたちがいっぱいいます。 はてな??この日ロンドンで、スコットランド代表×ナイジェリア代表のフットボール(サッカーのこと)の試合があるとかで、スコティッシュの人たちが伝統的なキルトをはいて集結していたのでした。帽子にたくさんのバッジを付けたおじさんに、「写真を撮らせてもらえますか?」と尋ねたら、一緒に...

Post image

レ・ミゼラブル

海外で食事するときはものすごく待たされる可能性があるので、時間に余裕を持って計画します。でもカフェ・ルージュはそれほどかからずに出てきたので、またまた時間が余ってしまいました。SOHOと呼ばれるエリアを当てもなく歩き回ります^^小さなしかけ時計が6時を告げていますね。(これ、何なんでしょう??イギリスっぽくないですよね。スイスの国旗らしきものも見えますし)お腹はいっぱいだけれど、ケーキ屋さんのチェ...

Post image

ウェスト・ミンスター

ロンドン3日目ヨーグルトとグレープフルーツとコーヒーだけという、私にしてはとても軽めの朝食をとり(これには理由があるのです^^)、ウェストミンスターへとやってきました。地下鉄の出口を出るとすぐにエリザベス・タワー(ビッグ・ベンというのはタワーにある鐘のことなんだそうです)が迎えてくれます!5年前は対岸から見ただけだったので、このそそり立つ大きさと美しさに感動です。ウェストミンスター橋へ向かう道は人...

Post image

バラ・マーケット

朝食を軽くしてまで楽しみにして来た所、それは『バラ・マーケット』です☆お花の薔薇ではなく、地名のBoroughが日本語表記ではバラ になるのですね。毎週木・金・土曜日に開かれるオーガニック食品の市場です。規模が大きくておいしいものがいっぱい、しかも安全なオーガニックということから、値段は高めだけれど地元セレブ主婦たちから信頼を寄せられている人気の市場なんですって。そうと知ったら食いしん坊の私が興味を持たな...

Post image

グリーン・パーク周辺

バラ・マーケットを後にして、地下鉄でグリーン・パーク駅まで移動してきました。駅を出たらすぐに見えてくるのは、ホテル・リッツです。建物がフランスっぽいです。バーリントン・アーケード。世界最古のアーケード商店街なんですって!黒いマント&シルクハットの門番が警備していて、ゴージャス感が半端じゃないです^^どうですか、この気品あふれる雰囲気^^宝石店やカシミヤ専門店などお高そうなお店がずらり☆紳士の国らし...

Post image

トラファルガー広場&コヴェント・ガーデン

アドミラルティ・アーチをくぐり、トラファルガー広場まで来ました。このライオン像、かなり巨大です!!向こうに見えているのが『ナショナル・ギャラリー』です。そうだ、あそこでお手洗いを借りておこう と思い立ち、入場^^美術館・博物館が無料のロンドンだからできることですね~見学は後日する予定でしたので、失礼ながらトイレに直行です^^;小雨が降りだしました。ロンドンの雨は霧雨のように細かくて、それほど苦には...

Post image

マチルダ

コヴェント・ガーデン周辺を指すウエスト・エンドと呼ばれる地区には、本当にたくさんの劇場が集中しています。専用劇場として同じ演目を何年も続けているわけで、いかに演劇やミュージカルを楽しむ人口が多いかが推測されますよね。私がまたロンドンへ行きたいと思った目的のひとつに、質の高い本場のミュージカルがあります。日本では全くと言っていいくらい縁がなかったけれど、美しい容姿の役者さんが演じるミュージカルを一度...

Post image

Brighton

ロンドン 4日目今日はロンドンから南へ約1時間のブライトンとルイスという町にデイトリップに出かけます。ウィンザーへ行ったときと同じように、日本でインターネット予約しておいた電車のチケットをヴィクトリア・ステーションで発券します。(そういえば私のメールアドレスに、今でもこの鉄道会社からメルマガが届くんですよ。『お得なチケットいかがですか?』って☆ すぐに予約して行きたい気持ち・・・^^)無事にチケッ...

Post image

Lewes 前編

ルイスに到着しました。ルイスはお城を中心に昔からある町なのですが、近年ロンドンからお金持ちがたくさん移住してきてぐっと発展したのだそうです。彼らのニーズに合ったお店が増え、特にアンティーク・ショップが多いことで知られているんですって。私はこの町のことを雑誌FIGAROの小さな特集で知ったのですが、行ってみると観光地ではなくてここに暮らす人たちのための素敵な町 という感じでした。日本人もほかのアジア人もひ...

Post image

Lewes 後編

ルイス城まで来ました。城壁と塔の一部しか残っていませんが、建設が始まったのが1066年というのですから、ものすごく古いお城ですよね。道を挟んだ所にある建物の中で入場料を払ったら、ゲートを開けるための小さなカギをくれます。そして、「博物館の入り口はここです」って教えてもらったのに、帰りは違う道から出たのですっかり忘れていて見ずじまいだったのでした(涙)。。ルイスの歴史を紹介する映画やジオラマなどがあった...

Post image

ポートベロー・マーケット

ロンドン5日目朝から素晴らしいお天気♪地下鉄でノッティング・ヒル・ゲートへやってきました。おしゃれな高級住宅街ですが、目的はブティックやレストランではなく、『ポートベロー・マーケット』です☆土曜日は一番にぎわう骨董市が開催されます!ノッティング・ヒルにはかわいいお家がたくさんあります。壁の色とバラがすてき!!色遣いがほかの街とは違います。パステルカラーというのかな。白い窓枠がきれい。中には個性的な色...

Post image

ヴィクトリア&アルバート博物館

ノッティング・ヒルから地下鉄に乗って、ヴィクトリア&アルバート博物館に来ました。建物自体が宮殿のように美しいです。モダンとクラシカルが融合したエントランス。さすがデザインのミュージアムです。ここをひたすら真っすぐに進み、きれいな中庭を突っ切って、奥の建物に入ります。目的は・・・カフェテリアです!!^^ここがすてきだという情報を得て、ずっと楽しみにしていたんです♪博物館に来て、見学よりまず先にカフェ...

Post image

ウォレス・コレクション

この旅で初めてのバスです☆地下鉄が便利でわかりやすいからつい利用してしまうけれど、本当は景色を楽しめるバスが好きです。マーブル・アーチで下車。オックスフォード・ストリートに来ました。ここは若い人向けのファスト・ファッションのお店や、イオンみたいな大型スーパー、老舗のデパートなどが建ち並ぶ、大ショッピングストリートです。流行の最先端を行く街なのに、ず~っと昔の建物を使っている。それがヨーロッパの素敵...

Post image

セルフリッジ&リバティ

ウォレス・コレクションで夢のようなひとときを過ごしたあとは、再びセルフリッジでお買い物です。入口を入ってすぐの一番目立つ所に、最近人気急上昇中の『Michael Kors』のコーナーがありました。長女がこの前バッグを買ったばかりなので、流行に疎い私でも記憶にあったのです^^シャネルのコーナーはぶらんこを配したりしてとってもかわいいです☆(お姉さんの陰に隠れていますけど^^;)タブレットも置いてありますね。ディ...

Post image

リージェント・ストリート

リバティを出て、リージェント・ストリートを歩いてみます。ここは、この優美な曲線を描く建物が素敵なんですよね~☆5年前に予備知識なしでこれを見たときの驚きと感激を今も憶えています。有名なブランドのお店がたくさん軒を連ねていて、見て歩くだけでもとっても楽しい通りです。イギリス最大のおもちゃ屋さん、ハムレイズ。日曜営業タブーを打ち破ったことでも有名です。営業時間こそ平日に比べて短いものの、今では日曜でも不...