あこがれがいっぱい! | 憧れの地への旅行、まだ知らないおいしい物など、 ささやかな夢を実現させていくブログです   カテゴリから入ると順番どおりに読んでいただけます

デーメル

IMG_7819.jpg
グラーベン通り突き当りを左に折れると 「コールマルクト」という通りになります。
名前のとおり、木炭市場があった場所で、今は高級ブランドが軒を連ねるおしゃれな街です。


コールマルクトのほぼ端にあるのが、王室御用達コンディトライの「デーメル」です。
写真右側がそれで、むこうに見えるのはホーフブルク(王宮)です。


昔、王宮とデーメルは地下通路でつながっていて、催しのたびにそこからお菓子を運んだのだそうです。
甘いもの好きのハプスブルク家が職人たちを競わせた結果、高レベルなお菓子とカフェの文化が花開いたのだそうですよ。

デーメルは元々ハプスブルク家専門のベーカリー。 店の紋章は王家と同じ双頭の鷲なんですよ!
シシィやフランツ・ヨーゼフ1世も通ったんですって。





IMG_7820.jpg
デーメルといえば、ザッハートルテの本家争いでザッハーと裁判ざたにまでなったのは有名な話ですよね。
ザッハーの娘がデーメルの息子と結婚した際にレシピを漏らした なんていう説もありますが、実際には経営難になったザッハーが権利を売ったとか何とか・・・
ともかく両方ともザッハートルテを名乗ってよろしいということで決着がつき、今でもそれぞれがおいしいトルテを提供しているんですね。




IMG_7822.jpg
ザッハートルテの食べ比べも楽しいと思いましたが、ほかにもおいしそうなケーキがいっぱい!!




IMG_7824.jpg
お食事メニューもあって、これまたおいしそうでした~




IMG_7825.jpg
店の奥の工房はガラス張りで、誰でも作業風景を見ることができます。
大理石の作業台がきれい。




IMG_7832.jpg
通されたのは2階のシックなお席。




IMG_7833.jpg
写真を撮るのがためらわれる・・・ けど撮っておきたい(笑)




IMG_7836.jpg
ヘーゼルナッツのクリームがおいしい、こっくりと重めのケーキ。





IMG_7837.jpg
チョコレートのケーキ。 ウィーンのケーキはチョコやナッツ系のものが非常に多いです。

実は、真四角で白い、見たことない感じのケーキがあったのでそれを狙っていたのですが、目の前で売り切れてしまったのでした。。

でも私たちが選んだふたつのケーキはとってもおいしかったですよ!!
カフェのゆったりした雰囲気と、モデルのように美しい従業員さんの笑顔とともに、大満足のデーメルでした。

Category : 2010年 中欧
Posted by 0ねね0 on  | 6 comments 

ミヒャエル広場~国会議事堂

IMG_7842.jpg
デーメルでおいしいケーキを楽しんだ私たちは、ホーフブルク(王宮)前のミヒャエル広場へやってきました。

右手のほうが皇帝の居室、左のほうにはスペイン乗馬学校があります。




IMG_7844.jpg
うむむ・・・ 複雑に入り組んだたくさんの建物があり、どれが何だかわからなくなってしまっています。。




IMG_7846.jpg
ミヒャエル門をくぐります。
ここから見上げたドームの内側がきれいなんですよ。

 


IMG_7848.jpg
くぐった門を振り返った図。(だったと思う)




IMG_7847.jpg
王宮の中庭。 フランツ2世の像があります。




IMG_7850.jpg
中庭の先にある、ブルク門。
そのむこうに見えるふたごのようにそっくりな建物は、美術史博物館と自然史博物館です。




IMG_7855.jpg
中庭から右に折れて進んで行くと、市民庭園に出ました。
ホーフブルク周辺のにぎやかさと比較すると、とてもひっそりとした印象です。




IMG_7853.jpg
その一角に真っ白なシシィの像が。




IMG_7861.jpg
庭園を抜けてリンクに出、少し歩いたところに、




IMG_7862.jpg
ブルク劇場があります。
ドイツ語圏の演劇界で最高権威を誇る劇場なんだそうです。
荘厳華麗な建物も見ごたえ十分。

このあたり、狙わなくても写りこんでしまうくらいそこいらじゅうにフィアカー(観光馬車)がいます。

ブルク劇場の向かい側には美しい市庁舎があるのですが、樹木がじゃましていい写真が撮れませんでした。。
この市庁舎、教会でもないのに100メートル以上の尖塔はけしからんという抗議にあったため、設計者は塔自体を98メートルに抑え、その上に3.4メートルの騎士像をのせ、手に6メートルの旗を持たせて107メートルの高さにしたのですって!あっぱれ(笑)




IMG_7866.jpg
市庁舎の隣には(だいぶ離れていますが)、国会議事堂。
ギリシャ風のデザインがすごいです!
正面の噴水には、巨大な女神像。
屋根の上には戦車まで乗っかっていますよ~

Category : 2010年 中欧
Posted by 0ねね0 on  | 4 comments 

美術史美術館

IMG_7873^
国会議事堂からリンク沿いに少し南下した所にあるのが「マリア・テレジア広場」です。
この像、巨大です!


この翌日、方向を見失った私たちはマリア・テレジア像を遠くに見つけて、「像があちらを向いているから現在地はこのあたり」と推測することができたのですが、娘が「時間によってぐるりと回転する像だったらどうする?」と言うので大笑い(笑)
(地下鉄の駅がとっても広くて、出口を間違えるととんでもない所に出て迷子状態になるのです)


広場の入り口付近には中世風の衣装に外巻きカールのかつらをつけてモーツァルト風に仮装した人たちがコンサートのチケットを売っていて、日本語で話しかけてきます。
そこを通るたびに声をかけられるのは面倒臭かったです(苦笑)。





IMG_7871.jpg
マリア・テレジア広場を挟んで向かい合わせに建つそっくりなふたつの博物館のうち、美術史美術館を見学します。

パリのルーブル、マドリッドのプラドと並ぶヨーロッパ三大美術館のひとつだそうです。




IMG_7876^
建物自体が美術品! 





IMG_7878^
エントランスを入ったところの大階段。
この両側に展示室が広がっています。
ルーブルやバチカン美術館の複雑な造りに比べて非常に単純でわかりやすく、ほぼ全部の部屋を見ることができました。




IMG_7889_20100716221847.jpg
最も有名なのはブリューゲルのコレクションで、教科書や写真で見たことのある作品が次々と現れます。

「バベルの塔」。




IMG_7890_20100716221847.jpg
同じくブリューゲルの「雪中の狩人」。


ブリューゲルのほかにはルーベンス、ラファエロ、クラナッハ、フェルメールなどの巨匠の名画があります。


迫力ある大作で溢れているのですが牧歌的なものやハッピーな絵は少なく、暗くて恐ろしいモチーフのものが大半でびっくり!
生首だけでもいくつ見たことか・・・
(今しらべたところによると、どうやら生首の絵は旧約聖書のユディト記をモチーフにしたもののようです)





IMG_7884_20100716221846.jpg
ハプスブルク家の人々の肖像画もたくさんあります。

ヴェラスケスによる王女マルガリータの連作。




IMG_7886_20100716221846.jpg
何代にも渡って近親結婚を繰り返した結果ものすごく濃い血になってしまって、若くして亡くなってしまう悲劇のお姫様です。



美術館の中で、模写している人を何人か見かけました。
描きかけの絵に覆いをかけて、絵の具の木箱ごと展示室の隅に置いて帰ったらしき状況も見ました。
芸術家を育てる環境っていうのかな、面白いなと感じました。




IMG_7883^^^
美術史博物館の見所のひとつと言っていいでしょう、建物中央にあるカフェ「ゲルストナー」です。
それはそれはゴージャスで美しいカフェです!

丸い囲いの下は玄関ロビーから吹き抜けになっていて、その上は大聖堂のような丸天蓋です。

ゲルストナーといえばオペラ座のホワイエにも出店している老舗カフェですね。 商売上手かなw

Category : 2010年 中欧
Posted by 0ねね0 on  | 8 comments 

ターフェルシュピッツ

そろそろお夕食の時間です。

実はこの前日、あれこれ下調べして決めたレストランでウィーン名物ヴィーナーシュニッツェルだの、5月限定の白アスパラだのを頂こうと計画していたにもかかわらず、実際にはザッハートルテと幕間のカナッペが胃の中に残っていたため、ファストフードのピッツァですませてしまったのでした。

そしてこの日も、昔の貴族が所有していた地下のワイン蔵を改造したという人気のお店でお食事という予定だったのですが、すでにホテル近くまで戻ってきていたこともあり、わざわざ移動するのが面倒になってきました。(プラハのときと同じだわ~ 赤い獅子亭が少々期待外れだったことのトラウマ^^;)

ホテル周辺にもレストランならたくさんあります。
ウィーン料理を出すお店を見つけて入りましょう、ということで歩き出しました。




IMG_7894^
が、なかなか眼鏡にかなう店に出会わず、空腹で元気がなくなりそう(笑)

そこに現れたのがこの屋台。
ソーセージを焼くいい匂い~ しかもドイツのインビスみたいなカレーヴルストもある!!
ドイツ語講座の番組で見て以来、一度食べてみたかったんだわ~~




IMG_7893.jpg
娘はあまり興味なさそうな顔をしていましたが、半ば強引に半分こ。
本当はカイザーゼンメル(パン)が付くんだけど、それを食べたらレストランに行けなくなるから辞退しました。
ソーセージの質がいいのでおいしいですよ。


カレーヴルストでちょっとお腹が落ち着いたので、また頑張ってレストラン捜し。
メインストリートだけでなく、裏道にも行ってみます。
個性的なお店もあってなかなか面白いです。
(でも計画どおりワイン蔵へ行ったほうが早かったかも 笑)




IMG_7897.jpg
お客さんで混雑してて、店内のインテリアがすてきだったこのお店に決めました。
飲み物はもちろん、ウィーンの森でとれたぶどうの白ワインです。




IMG_7895.jpg
お料理は、ぜひとも食べてみたいと思っていた「ターフェル・シュピッツ」。
やわらか~く煮込んだ牛肉に、いろんな薬味やソースをつけて頂くというもので、フランツ・ヨーゼフ2世の大好物だったんですって。
ほうれんそうベースなのかな?青菜のソースみたいなの(あまりハーブっぽくはない)と、タルタルソースと、ホースラディッシュベースのソースが添えられていました。

お肉はとってもやわらかくて、生っぽくないローストビーフみたいな感じ。
脂が落ちているのであっさりヘルシーです。


娘は残念なことに、さっきのソーセージががつんときたようで、ぜんぜん食が進みません。。
かわいそうに、責任感じるなぁ^^;

Category : 2010年 中欧
Posted by 0ねね0 on  | 8 comments 
該当の記事は見つかりませんでした。