Post image

コッツウォルズの村

さてさて、シェイクスピアの生家を見たあと再びバスで向かったのが、「コッツウォルズ地方」。美しい丘陵地に点在するかわいらしい村々、そこに生活する人々の穏やかな暮らし。コッツウォルズ一番の魅力は、このハチミツ色の家!これは村特産のライムストーンと呼ばれる石灰岩の色です。温かみのあるこの家並みを見たくて大勢の人が押し寄せているといった感じ。では しばしかわいらしい家々をお楽しみください^^3月はまだ樹木...

Post image

オックスフォード大学

マイバス・ツアー最後の目的地、オックスフォードに到着です。言わずと知れた英国きっての名門大学のある市です。市民の半数が大学生、大学院生なんですって。39のカレッジ(日本人がイメージするカレッジとは相当異なる)が集まって、オックスフォード・ユニバーシティを形成しています。大学の成り立ちも経営のしかたも学びの場面も、とても独特で複雑!とても説明しきれませんので興味ある方はご自分で調べてくださいね(笑)...

Post image

ピカデリーサーカスで夕食&コヴェントガーデン

ツアーバスはピカデリーサーカスに戻ってきました。朝は静まり返っていたエロス像のまわりも、夜はすごい状態になってます!このレストランすてきそう~ここで夕食にしようかな。外にメニューが置いてあるので安心安心。すご~い!! 広いです!生演奏もしています!慎重にメニューを読んで・・・娘の前菜はフォアグラです。ブリオッシュの上にのっています。ボリューミー!私の前菜は鴨のテリーヌ。娘のメイン、鳩のローストだっ...

Post image

リヴァプール・ストリート駅

ロンドン4日目。すっかり慣れた地下鉄で、ラッセルスクエアからホルボーンへ、乗り換えてリヴァプール・ストリート駅へやってきました。ここは鉄道と地下鉄の両方が乗り入れているので、乗降客もお店も多い大きな駅です。今日もとってもいいお天気です。リヴァプール・ストリート駅を出たところの図。駅前の大通りを横断して、落ち着いた雰囲気のブラッシュ・フィールド通りをまっすぐに、教会が見えてきたら目的地はもうすぐです...

Post image

スピタルフィールズ・マーケット

この日は日曜日でした。キリスト教国であるイギリスでは日曜は安息日、ヨーロッパではよくあることですが、しばらく前まで日曜日に商店を開くことは法律で禁止されていました。それでなくても お金のためにガツガツ働くことはあまり品の良いことではない といった考え方から、サンデーロースト(ローストビーフ)を焼いて、離れて暮らす子供たちも一緒にゆっくりと食卓を囲むのが正しい英国式日曜の過ごし方 ということに長年な...

Post image

キャス・キッドソン

スピタルフィールズ・マーケットで食文化の奥深さを痛感したあとは、再びリヴァプール・ストリート駅に戻ります。どこの国に行っても必ず目にするマクドナルド。娘お気に入りのファッジのお店もありました。ここはアイスクリームもおいしいそうですよ。さあ、この駅からまた地下鉄で移動です。着いた所は昨夜も来た コヴェント・ガーデン。今日も大道芸人たちがパフォーマンスしています。この芸なら私にもできそうwwイギリス伝...

Post image

コヴェントガーデン・マーケットで軽食

コヴェント・ガーデン・マーケットは、かつての青果市場跡を利用したショッピングセンター。「マイ・フェア・レディ」のイライザが花を売っていたのはここの花市場という設定です。建物内には服、雑貨、アクセサリーなどのお店や飲食店がたくさん入っています。個性的な小さいお店があるのも特徴で、見るだけでも楽しくて 1軒1軒のぞいて歩きました。長女の好きなビーサン、ターコイズのビジュー付きのかわいいのを見つけたのも...

Post image

ロンドン塔

コヴェント・ガーデンでショッピングを楽しんだ私たちが次に向かったのは、ロンドン観光の目玉のひとつ 「ロンドン塔」です。そもそもは1066年に即位したウィリアム王がロンドンを守る要塞として建設したことに始まり、その後王室の居城や牢獄として使われた歴史(これが一番長い)があります。地下鉄タワーゲートウェイ駅を出ると、そこはかつてロンドン塔が牢獄だった頃の処刑執行場所。ぐるりと城壁で囲まれた、あれがロン...