Post image

オックスフォード・ストリート

前回書き忘れたこと。ハイドパークを馬で散歩中、バッキンガム宮殿の衛兵さんたちが馬に乗って行進して行くのに遭遇しました!後日宮殿の衛兵交代式を見に行ったときは、兵隊さんたちグレーの冬用コートを着込んでいたのですが、ハイドパークで目撃したときは赤い制服姿でした。両方見られてラッキー★さて、ランカスター・ゲートのバス停に戻ったら、ちょうどバスが来ました。ロンドン名物のダブルデッカーです。地下鉄もいいけど...

Post image

リバティ&カーナビー・ストリート

オックスフォード・ストリートから一本入った所にあるチューダー調の建物、これは老舗デパートのひとつ「リバティ」です。小花柄のプリント地のことを リバティプリントと呼びますよね、あのリバティです。特徴的な小花プリントが今でも売られています。リバティの内部は、船を解体した材木を用いて作られているそうです(全部ではないけど)。エレベーターも木製で必見とのことだったので、乗ってみましたよ。重厚な、艶のある、...

Post image

ブラウンズでアフタヌーンティー

イギリスへ行ったならやってみたいこと、本場のアフタヌーンティー!街のカフェやデパートでもできるけど、どうせなら一番と言われる所でいただいてみたい。ここ 「Brown's Hotel」 は、アフタヌーンティー発祥のホテル、「アフタヌーンティーならブラウンズ」と言われるほど人気も格式もあるのだそうです。何度もトップ・ロンドン・アフタヌーンティー アワードに輝き、今年も1位を受賞しています。2ヶ月くらい前に予約を入...

Post image

ハロッズ

アフタヌーンティーを堪能した私たちは、次なる目的地へ向かってバスに乗り込みました。ナイツブリッジに到着。有名デパートや老舗のお店が並びます。この近くにはマンダリン・オリエンタルホテルもありますよ。はい、これが目的地、イギリス有数の老舗デパート「ハロッズ」です。 イルミネーションの美しいこと! 夜に来て正解だったわ~中は迷路のように複雑な造りで、オーナーがエジプト人実業家のアルファイド氏だからでしょ...

Post image

フード・ホール@ハロッズ

ハロッズの化粧品売り場です。お花のボリュームすごいでしょ! 向こうの方までずっとこうなんですよ~ 何といっても圧巻だったのが、食料品売り場(フード・ホールと言うらしい)!地下ではなく堂々と1階にあり、5つの部屋に分かれたとっても広いスペースです。それこそ世界中からおいしいものを集めたと思われる空間。室内の装飾と、食品のディスプレイのしかたがヨーロッパ~日本のデパ地下とはまた違うすごさがあります。お...

Post image

マイバス・ツアー

一夜明けて朝です。今日は「マイバス・ツアー」で郊外へ日帰りバス旅行に行くのです。集合時刻が早いので、ホテルの朝食を食べている時間がありません。駅前のスーパーTESCOで 安売りのイチゴ、プラム、カップヌードルを仕入れておきました。イチゴは原産国スペイン、大味でした。。プラムはどこ産だったかな?おいしかったです。問題はこのヌードル。粉末スープが麺と同量かと思うほど入っていて、不安を覚えながらお湯を注ぎ5...

Post image

高速道路&サービスエリア

ツアーバスは高速道路に入りました。こちらの高速は料金がかからないのですね!アメリカのフリーウェイみたいです。整然と並んだ住宅。 イギリスの家はレンガ造りで頑丈な上に地震がないから、すごく長持ちするんですって。何世代にも渡って大切に住まうんだそうです。住宅地が続いたかと思うと、所々にスーパーマーケットを中心とした商業施設の一角が現れます。建物はやっぱりメルヘンチック。バスはさらに田園地帯へと入って行...

Post image

シェイクスピアの故郷

バスはイギリスの田舎をひた走り、最初の目的地 ストラトフォード・アポン・エイヴォンに着きました。エイヴォン川のほとりのストラトフォード という意味です。イギリスにはこのほかにもいくつかのストラトフォードがあるので区別しているんだそうです。「アン・ハサウェイのコテージ」そう、ここはウィリアム・シェイクスピアの奥さん アン・ハサウェイが生まれ育った家です。シェイクスピア18歳、アン26歳の時の結婚だっ...